OB・OGインタビュー
Catch the Dream - 夢をかなえる力

2015/03/13更新

Vol.018 被災地内科医 森田知宏さん  後編

最先端医療10人を救うよりも
別の方法で10万人を救う医療をめざして
被災地での現状に向き合う

森田知宏 (もりた ともひろ)
1987年大阪生まれ。2012年3月東京大学医学部医学科卒業。同年4月より千葉の総合病院にて初期研修。2014年5月より相馬中央病院の内科医として勤務。同年4月より、東京大学大学院医学系研究科にも在籍、相馬での実践を科学的に分析する研究も始めている。

中学生のときから医師を志し、夢をかなえた森田先生。大学時代の同期の多くが専門医・認定医として特定医療分野をめざすなか、あえてその道は選ばず、医師免許を取得してすぐ、いまだ「被災地」である福島県相馬の病院に自ら希望して赴任。東日本大震災とそれに伴う原発事故の影響もあり高齢化が加速する地域の現状は、「近い将来の日本の姿」だと考える森田先生に、自身がいますべきこと、めざしたい未来についてうかがいました。

専門医の道を進むよりも
自分のペースで医療を究めていきたい

僕が専門医の道を選んでいないのには、もうひとつ理由があるかもしれません。それは、自分のペースで医療を学ぶ、ということです。専門医をめざすには、何を何年、何を何年で学ぶというのがある程度決まっています。そういう学び方もあるのでしょうが、自分は自分で納得がいくまで調べ、不足なところは専門医に聞いて、というように、自分のペースで学び、患者さんに向き合うほうが、僕にとっては性に合っていると思います。

そもそもなぜ僕が、医師をめざそうとするおおもとになる、「社会の役に立ちたい」と思うようになったのか、正直わかりません。なんとなく思い当たるのは、小学1年の終わりごろに起きた阪神淡路大震災でしょうか。そのころ大阪に住んでいましたが、すぐとなりの都市で起きたことですから、強烈な印象でした。そのあと被災地はすごい勢いで復興していきました。ああいうときに役に立ちたいな、と幼な心に思っていたのかもしれません。

司馬遼太郎の小説や考え方が好きでよく小説を読んでいたことも、少なからず影響しているのでしょうか。フィクションを織り交ぜてですが、世の中に影響を与えた人物の生き様が描かれているので、「こんなにすごい人がいるんだ」と、中学時代にとても感銘を受けながら読んだことを憶えています。

地域と向き合うとき、いつも心がけていることとは?

関連記事

2015/03/06更新

Vol.018 被災地内科医 森田知宏さん

最先端医療で10人を救うよりも 別の方法で10万人を救う医療をめざして 被災地での現状に向き合う

バックナンバー

2019/09/27更新

Vol.064 小説家
伊与原新さん

自分の手をたくさん動かし続けて 小さな成功体験を積み重ねれば 見える世界は広がっていく

2019/06/19更新

Vol.063 JAXA 宇宙航空研究開発機構 主任研究開発員
渡辺英幸さん

柔軟な価値観を持ち 変化を不安と思わずに チャンスととらえて楽しもう

2019/05/31更新

Vol.062 国連広報センター所長
根本かおるさん

「好奇心」は大切な原動力 What, Why, Howを自らに問いかけて 思考やものの見方を広げよう

2019/04/17更新

Vol.061 イラストレーター
ながおかえつこさん

迷ったときにはまず自ら動こう 周囲の空気が対流し 先につながる流れができてくる

2019/02/15更新

Vol.060 環境省対馬自然保護官事務所
堺真由子さん

遠回りしたとしても 「好き」な気持ちを大切に 一歩を踏み出せば夢は近づく

記事アクセスランキング

おすすめ記事 Recommended Articles
KUMONトピックス
Feature Report 進化し続ける活動
カテゴリーを表示
NEW
Vol.326
メキシコの教室の “Big Man”
数字が怖かったマヌエルさん 公文式学習から得たものは、仕事に 必要なスキルと自信そして学ぶ喜び
Vol.325
English Immersion Camp 2019
英語を使って世界を身近に ~イングリッシュ・イマージョン・キャンプ2019開催~
Vol.324
公文式の英語教材
子どもたちが自学自習 しやすくするために 一瞬の「間」も大切に
Vol.323
親子のきずなづくり
「ことばのやりとり」を通じて、 親子の“歯みがきタイム”を楽しい時間に
スペシャルインタビュー
Academic Milestones 学びを究める力
NEW
Vol.057 後編
中部大学 副学長 国際センター長
辻本雅史先生
くり返しによる「学びの身体化」で その学びは本物になる 学び続けて生涯自分を成長させよう
Vol.057 前編
中部大学 副学長 国際センター長
辻本雅史先生
くり返しによる「学びの身体化」で その学びは本物になる 学び続けて生涯自分を成長させよう
Vol.056
声楽家
安田祥子さん
歌いかけは親子をつなぐ大切な時間 童謡が持つ日本語の豊かさを大切に
Vol.055
東北大学スマート・エイジング学際重点研究
センター特任教授/村田アソシエイツ代表
村田裕之先生
「人生100年時代」に向け、 自分の「好き」を見つけて 「自分軸」で生きていこう
KUMON now! フェイスブックページ
KUMON now!に「いいね」して、子育てに役立つ情報を受け取ろう!