KUMONトピックス
Feature Report - 進化し続ける活動
カテゴリーを表示

子育て・家庭学習  2015/08/11更新

Vol.099 くもんのこどもえんぴつ  

「くもんの
こどもえんぴつ」
開発ストーリー
年間9万箱以上を出荷する鉛筆の秘密

35年前に発売を開始し、今では年間9万箱以上を出荷している「くもんのこどもえんぴつ」。その誕生には、KUMONならではの“こだわり”が詰め込まれています。今回は、「くもんのこどもえんぴつ」の開発に込められた思いをお伝えします。

幼児の小さな手にぴったり合う鉛筆を

「くもんのこどもえんぴつ」の6Bが発売されたのは、1980年。その頃、KUMONでは幼児向けに運筆の練習をする教材の制作が始まっていました。鉛筆を持つことにまだ慣れていない幼児にとって、普通の細い鉛筆は力が入りすぎて疲れやすく使いにくいため、「幼児にぴったり合う鉛筆を作ろう」というのが開発のきっかけでした。

 

「子どもから学ぶ」ことを徹底する

初めて鉛筆を持つ幼児さんが、正しく楽に持てるものを―。それを叶えるために、まずはさまざまな鉛筆の持ち味や書き味を調査しました。

鉛筆は、親指、人さし指、中指で握った力を効率よく書く方向に伝えることが大切です。3本の指でできるすき間と同じ三角形なら、鉛筆が手にぴったりおさまって安定します。そこで、形状は幼児でも自然に正しく持てる三角形に決定。

その後、試作品を公文式教室で子どもたちに使ってもらい、「細い鉛筆だとギュッと力が入りすぎて疲れやすい。楽に持つにはある程度の太さが必要」「鉛筆を握ったとき、支点となる人さし指のつけ根から上に出る長さのバランスも大切」といったことに気づき、太さや長さをミリ単位で調整していきました。

子どもたちの様子を観察してみて、「書く」のも「消す」のも、「鉛筆の濃さは6Bが最適」という結論になりました。6Bなら筆圧が弱くてもスムーズに書けることがわかったからです。こうして、実際の子どもたちから学びながら完成したのが「くもんのこどもえんぴつ」です。

 

鉛筆で書くことが楽しいと思ってほしいそして楽しみながら学んでほしい

完成した「くもんのこどもえんぴつ」は、「正しく持てる」「書きやすい」と瞬く間に大ヒットとなりました。その後、お客さまからの要望に応えて、手の大きさや書く文字の大きさに合わせて選べる4Bと2Bも開発しました。

「鉛筆で書くことが楽しいと感じて、たくさん書いてほしい」という開発者の思いを形にした「くもんのこどもえんぴつ」。くもん出版の商品開発における「試作段階で少しでも気になる意見があれば、前には進まず改良する」という姿勢は、当時も今も変わりません。

関連記事

KUMONグループの活動  2016/06/23更新

Vol.158 KUMON PARK オープン!-くもん出版

親子のかけがえのない 時間を提供したい 〜KUMON PARK の誕生〜

KUMONグループの活動  2014/10/28更新

Vol.060 幼児ドリル全面改訂

大ヒットシリーズ・幼児ドリル 全面改訂の背景”子どもたちの可能性”を体感していただき、さらに高めていくために

KUMONグループの活動  2016/10/27更新

Vol.092 くもん出版‐外国語版ドリル「Kumon Workbook」

くもんのドリル 「Kumon Workbook」が 海外でも大好評! 累計売上1500万部のヒットの秘密 9つの言語に翻訳され世界57か国・地域で販売

KUMONグループの活動  2017/05/30更新

Vol.211 「こどもえんぴつ もちかたサポーター」ってどんな商品?

大好評!「こどもえんぴつ もちかたサポーター」 教室現場の声から生まれたアイディア商品

調査・研究・アンケート  2015/08/04更新

Vol.098 0~3歳児の母親の意識調査

0~3歳の子がいる母親に聞きました 子どもとの時間、増やしたいのは 「読み聞かせ」の時間 「0〜3歳児と母親に関する意識と実態調査」結果

バックナンバー

KUMONグループの活動  2021/01/19更新

Vol.387 特別企画 子育てのヒント‐「自立」のためにできること(4)

子どもの自立をのぞむなら まずは大人が主体的な姿勢を見せよう お話:岡山大学准教授 中山芳一先生

KUMONグループの活動  2021/01/12更新

Vol.386 公文書写-家族で学習

どんな時代でも 家族で楽しく、学び続ける ~公文エルアイエル~

KUMONグループの活動  2021/01/05更新

Vol.385 浮世絵から見える江戸時代の人々「書初め」

新しい一年の目標や抱負を胸に ~江戸時代の人々のお正月~

KUMONグループの活動  2020/12/22更新

Vol.384 ~創始者公文公の言葉より~

    公文式の原点⑨            <100点主義>

KUMONグループの活動  2020/12/15更新

Vol.383 浮世絵に見る江戸時代の年の瀬と子どもたち

寒さに負けず元気に遊ぶ子どもたち ~江戸時代の人々の暮らし~

KUMONトピックス カテゴリー別インデックス

記事アクセスランキング

おすすめ記事 Recommended Articles
OB・OGインタビュー
Catch the Dream 夢をかなえる力
NEW
Vol.074 後編
女子レスリング選手
登坂絵莉さん
「よくがんばったね!」は 子どもを成長させる魔法の言葉 前へ前へと進んでいける
Vol.074 前編
女子レスリング選手
登坂絵莉さん
「よくがんばったね!」は 子どもを成長させる魔法の言葉 前へ前へと進んでいける
Vol.073
講談師
旭堂南湖さん
最初から100点満点を目指さなくていい 間違ってもいいから繰り返し、 続けていけば、芸も学びも磨かれる
Vol.072
読売巨人軍 球団職員
矢貫俊之さん
行き詰まっても逃げないで あきらめずにぶつかって 答えは自分で見つけよう
スペシャルインタビュー
Academic Milestones 学びを究める力
NEW
Vol.065 後編
もり内科クリニック院長
布施医師会(東大阪市)理事
田仲みすず先生
「できること」「得意なこと」に目を向けよう できないことが増えても、まわりが上手に合いの手を入れる 「お餅つきサポート」で、地域の誰もが笑顔になる
Vol.065 前編
もり内科クリニック院長
布施医師会(東大阪市)理事
田仲みすず先生
「できること」「得意なこと」に目を向けよう できないことが増えても、まわりが上手に合いの手を入れる 「お餅つきサポート」で、地域の誰もが笑顔になる
Vol.064
神田外語大学 特任講師
上原雅子先生
言語は「伝える」ためにある 「伝えたい」という気持ちを込めて 自分の意見を発言してみよう
Vol.063
往来物研究家
小泉吉永先生
江戸の知恵には学びがあふれている “好き”をとことん掘り下げて 出会いを引き寄せよう
KUMON now! フェイスブックページ
KUMON now!に「いいね」して、子育てに役立つ情報を受け取ろう!