KUMONトピックス
Feature Report - 進化し続ける活動
カテゴリーを表示

子育て・家庭学習  2015/08/11更新

Vol.099 くもんのこどもえんぴつ  

「くもんの
こどもえんぴつ」
開発ストーリー
年間9万箱以上を出荷する鉛筆の秘密

35年前に発売を開始し、今では年間9万箱以上を出荷している「くもんのこどもえんぴつ」。その誕生には、KUMONならではの“こだわり”が詰め込まれています。今回は、「くもんのこどもえんぴつ」の開発に込められた思いをお伝えします。

幼児の小さな手にぴったり合う鉛筆を

「くもんのこどもえんぴつ」の6Bが発売されたのは、1980年。その頃、KUMONでは幼児向けに運筆の練習をする教材の制作が始まっていました。鉛筆を持つことにまだ慣れていない幼児にとって、普通の細い鉛筆は力が入りすぎて疲れやすく使いにくいため、「幼児にぴったり合う鉛筆を作ろう」というのが開発のきっかけでした。

 

「子どもから学ぶ」ことを徹底する

初めて鉛筆を持つ幼児さんが、正しく楽に持てるものを―。それを叶えるために、まずはさまざまな鉛筆の持ち味や書き味を調査しました。

鉛筆は、親指、人さし指、中指で握った力を効率よく書く方向に伝えることが大切です。3本の指でできるすき間と同じ三角形なら、鉛筆が手にぴったりおさまって安定します。そこで、形状は幼児でも自然に正しく持てる三角形に決定。

その後、試作品を公文式教室で子どもたちに使ってもらい、「細い鉛筆だとギュッと力が入りすぎて疲れやすい。楽に持つにはある程度の太さが必要」「鉛筆を握ったとき、支点となる人さし指のつけ根から上に出る長さのバランスも大切」といったことに気づき、太さや長さをミリ単位で調整していきました。

子どもたちの様子を観察してみて、「書く」のも「消す」のも、「鉛筆の濃さは6Bが最適」という結論になりました。6Bなら筆圧が弱くてもスムーズに書けることがわかったからです。こうして、実際の子どもたちから学びながら完成したのが「くもんのこどもえんぴつ」です。

 

鉛筆で書くことが楽しいと思ってほしいそして楽しみながら学んでほしい

完成した「くもんのこどもえんぴつ」は、「正しく持てる」「書きやすい」と瞬く間に大ヒットとなりました。その後、お客さまからの要望に応えて、手の大きさや書く文字の大きさに合わせて選べる4Bと2Bも開発しました。

「鉛筆で書くことが楽しいと感じて、たくさん書いてほしい」という開発者の思いを形にした「くもんのこどもえんぴつ」。くもん出版の商品開発における「試作段階で少しでも気になる意見があれば、前には進まず改良する」という姿勢は、当時も今も変わりません。

バックナンバー

KUMONグループの活動  2020/02/18更新

Vol.342 日本語学習者の現在(いま)・夢・目標
―動画レポート

日本語を学んで 日本を好きになってもらいたい そして夢をかなえてほしい

KUMONグループの活動  2020/02/04更新

Vol.341 KUMONロゴに込められた想い

キーワードは「Thinking」! THINKING FACEが笑顔ではない理由とは?

KUMONグループの活動  2020/01/28更新

Vol.340 くもんの教具「磁石すうじ盤」の魅力とは?

乳幼児の数の理解を深め、    高齢者の脳の活性化にも!

KUMONグループの活動  2020/01/21更新

Vol.339 南アフリカの公文式教室

一人でも多くの南アフリカの子どもたちに 学ぶ機会を

KUMONグループの活動  2020/01/07更新

Vol.338 浮世絵から見える江戸時代の人々

『福づくし』でおめでたい1年に

KUMONトピックス カテゴリー別インデックス

記事アクセスランキング

おすすめ記事 Recommended Articles
OB・OGインタビュー
Catch the Dream 夢をかなえる力
NEW
Vol.067 後編
AKB48
武藤十夢さん
「可能性の追求」を続けて 新しい扉を自分で開こう
Vol.067 前編
AKB48
武藤十夢さん
「可能性の追求」を続けて 新しい扉を自分で開こう
Vol.066
ジュエリーアーティスト
Lily/福嶋真由子さん
楽しいこともつらいことも すべてのことには意味があり 「学び」や「チャンス」につながる 経験となる
Vol.065
弁護士・薬剤師・弁理士
中村智広さん
一つひとつ積み重ねた結果、今がある 枠にとらわれず好奇心をもち、 学び続けて前進しよう
スペシャルインタビュー
Academic Milestones 学びを究める力
NEW
Vol.060 前編
合同会社MAZDA Incredible Lab CEO
松田孝さん
プログラミングをきっかけに 未来社会に向けて 「新しい学び」を獲得していこう
Vol.059
慶應義塾大学医学部
精神・神経科学教室専任講師・医学博士
佐渡充洋先生
「ネガティブな自分」を 理解することは「ポジティブな学び」 楽しいことも苦しいことも一生懸命体験しよう
Vol.058
早稲田大学 教育・総合科学学術院 教授
澤木泰代先生
言語を学べば、 知らなかったことを知ることができる 一歩一歩、「知るよろこび」「進むよろこび」を味わおう
Vol.057
中部大学 副学長 国際センター長
辻本雅史先生
くり返しによる「学びの身体化」で その学びは本物になる 学び続けて生涯自分を成長させよう
KUMON now! フェイスブックページ
KUMON now!に「いいね」して、子育てに役立つ情報を受け取ろう!