OB・OGインタビュー
Catch the Dream - 夢をかなえる力

2015/03/06更新

Vol.018

被災地内科医 森田知宏さん  前編

最先端医療10人を救うよりも
別の方法で10万人を救う医療をめざして
被災地での現状に向き合う

森田 和宏 (もりたともひろ)

1987年大阪生まれ。2012年3月東京大学医学部医学科卒業。同年4月より千葉の総合病院にて初期研修。2014年5月より相馬中央病院の内科医として勤務。同年4月より、東京大学大学院医学系研究科にも在籍、相馬での実践を科学的に分析する研究も始めている。

中学生のときから医師を志し、夢をかなえた森田先生。大学時代の同期の多くが専門医・認定医として特定医療分野をめざすなか、あえてその道は選ばず、医師免許を取得してすぐ、いまだ「被災地」である福島県相馬の病院に自ら希望して赴任。東日本大震災とそれに伴う原発事故の影響もあり高齢化が加速する地域の現状は、「近い将来の日本の姿」だと考える森田先生に、自身がいますべきこと、めざしたい未来についてうかがいました。

福島県相馬の“いま”は、近未来の日本の姿
「被災後の地域と高齢者のおかれた現状」に向き合う

被災地内科医 森田知宏さん

東日本大震災が起こったのは、僕が医学部6年生のときです。たまたま僕はそのとき、医学部の実習でオーストラリアにいて、帰国したのは3月の終わり。ほんとうに大変なとき、僕は何もできていないのです。帰国したころには東京はふだんの生活にもどっていましたが、福島は原発の影響もあり、すごく大変な状況だというので、自分も何かしなくてはと、いてもたってもいられない思いでした。

そこへちょうど、所属していた研究室の先生方が被災地へ診察に行くというので同行を願い出て、震災からようやく2ヵ月後に福島県飯館村へ入りました。全村民が避難する直前で、村の人たちの健康診断を手伝ったのです。その後も、医師の国家試験や卒業試験の合間に、月に1~2回、南相馬に通い、現地の医師の手伝いをしました。そのころには、お世話になっていた南相馬の病院では18人いた医師がわずか4人になっていました。医師もひとりの人間、家族もいますから避難は個人の意思です。しかし、厳しい現実だと思いました。

この福島での体験がきっかけとなり、出身は大阪、大学は東京でしたが、いま、福島県の相馬中央病院で内科医として働いています。ふつうは、内科医といっても消化器・呼吸器・循環器など専門をもつ医師が多いのですが、僕はとくに専門はもたず、いろいろな人を幅広く診るようにしています。医師としては3年目で、まだまだ駆けだし。学ぶことは山のようにあります。けれども、病院に来られる方たちにとっては「主治医」ですから、その責任の大きさを日々感じています。

また、病院内外での医療活動で学ばせていただいている貴重な情報や実践や知恵をきちんと整理し、科学的な視点で分析をして、ほかの地域や後世に伝えていくために、母校の大学院の医学系研究科にも籍を置いています。ここでの研究は「高齢化が進む地域でどんな問題が起きるか」をテーマに、原発事故による社会的影響などを含めて研究しています。医療活動という実践とその科学的な分析や研究で、互いを補完し合い、より良い医療につなげたいと思っています。

2015年4月からは、相馬市内で介護申請をする人たちの介護度を決める審査にも携わることになりました。これは「被災地の高齢者の現状」「高齢化社会と医療」といった課題に直接かかわることであり、大学の研究科での研究とも重なり、とても重要な仕事をさせていただくことになったと感じています。

震災やそれに伴う原発事故の影響を受けた地域では、若い人が外へ出てしまい、高齢化率(65歳以上の高齢者人口が総人口に占める割合)が非常に速く高くなり、高齢者を介護する人がさらに足りなくなる、つまり地域の介護力の低下が深刻になってきています。現在、相馬市の高齢化率は27%。日本の2020年ごろの高齢化率も同じくらいになると予測されていますから、いまの相馬市のさまざまな実践は、将来の日本を支えることにつながり、ここでの活動が必ず役に立つ日が来ると思っています。

落ち着きがなかった子ども時代、医師への憧れを芽生えさせた母の言葉とは?

関連記事

2015/03/13更新

Vol.018 被災地内科医 森田知宏さん

最先端医療で10人を救うよりも 別の方法で10万人を救う医療をめざして 被災地での現状に向き合う

2015/05/08更新

Vol.019 外務省 女性参画推進室 室長
松川るいさん

「女性が輝く世界」とは 女性も男性も 一人ひとりが輝く世界

2020/02/07更新

Vol.067 AKB48
武藤十夢さん

「可能性の追求」を続けて 新しい扉を自分で開こう

学習者・OBOG  2014/10/07更新

Vol.057 未来を創る仕事-ファミリーマート

生活者の日常に関わる企業で 日々の課題に取り組める喜び株式会社ファミリーマート 三木春香さん

2016/03/04更新

Vol.030 貼り絵作家 岡森 陽子さん

学びや経験の積み重ねは 貼り絵のように重なり合い その人自身の色として輝きを放つ

バックナンバー

2021/01/08更新

Vol.074 女子レスリング選手
登坂絵莉さん

「よくがんばったね!」は 子どもを成長させる魔法の言葉 前へ前へと進んでいける

2020/11/06更新

Vol.073 講談師
旭堂南湖さん

最初から100点満点を目指さなくていい 間違ってもいいから繰り返し、 続けていけば、芸も学びも磨かれる

2020/09/11更新

Vol.072 読売巨人軍 球団職員
矢貫俊之さん

行き詰まっても逃げないで あきらめずにぶつかって 答えは自分で見つけよう

2020/08/07更新

Vol.071 アート・トランスレーター
田村 かのこさん

今ある“型”にはまらなくていい 自分にできることを一つずつ進めていけば自ら“型”をつくることができる

2020/07/10更新

Vol.070 文化遺産コンサルタント
佐々木義孝さん

「今の環境でしか出来ないこと」から 「その環境で自分が夢中になれること」 を探して、実践していくと、道は開けてくる

記事アクセスランキング
おすすめ記事 Recommended Articles
KUMONトピックス
Feature Report 進化し続ける活動
カテゴリーを表示
NEW
Vol.393
家庭学習調査2020(2)学習指導要領改訂後の認知と評価
家庭学習調査から見える 「新学習指導要領」の認知と評価は?
Vol.392
~創始者公文公の言葉より~
    公文式の原点⑪            <高校でできるようにする>
Vol.391
公文式日本語最終教材修了生が語る自学自習の魅力とは?
自学自習でコツコツ学習することで、 「やればできる」経験を積み、 その先の挑戦へ!
Vol.390
タイム誌による初めての「Kid of the Year(キッド・オブ・ザ・イヤー)」に選出
ギタンジャリ・ラオ(Gitanjali Rao)さん 得意な科学と技術を使って 人を笑顔にしたい
スペシャルインタビュー
Academic Milestones 学びを究める力
NEW
Vol.065 後編
もり内科クリニック院長
布施医師会(東大阪市)理事
田仲みすず先生
「できること」「得意なこと」に目を向けよう できないことが増えても、まわりが上手に合いの手を入れる 「お餅つきサポート」で、地域の誰もが笑顔になる
Vol.065 前編
もり内科クリニック院長
布施医師会(東大阪市)理事
田仲みすず先生
「できること」「得意なこと」に目を向けよう できないことが増えても、まわりが上手に合いの手を入れる 「お餅つきサポート」で、地域の誰もが笑顔になる
Vol.064
神田外語大学 特任講師
上原雅子先生
言語は「伝える」ためにある 「伝えたい」という気持ちを込めて 自分の意見を発言してみよう
Vol.063
往来物研究家
小泉吉永先生
江戸の知恵には学びがあふれている “好き”をとことん掘り下げて 出会いを引き寄せよう
KUMON now! フェイスブックページ
KUMON now!に「いいね」して、子育てに役立つ情報を受け取ろう!