OB・OGインタビュー
Catch the Dream - 夢をかなえる力

2015/03/13更新

Vol.018 被災地内科医 森田知宏さん  後編

最先端医療10人を救うよりも
別の方法で10万人を救う医療をめざして
被災地での現状に向き合う

森田知宏 (もりた ともひろ)
1987年大阪生まれ。2012年3月東京大学医学部医学科卒業。同年4月より千葉の総合病院にて初期研修。2014年5月より相馬中央病院の内科医として勤務。同年4月より、東京大学大学院医学系研究科にも在籍、相馬での実践を科学的に分析する研究も始めている。

中学生のときから医師を志し、夢をかなえた森田先生。大学時代の同期の多くが専門医・認定医として特定医療分野をめざすなか、あえてその道は選ばず、医師免許を取得してすぐ、いまだ「被災地」である福島県相馬の病院に自ら希望して赴任。東日本大震災とそれに伴う原発事故の影響もあり高齢化が加速する地域の現状は、「近い将来の日本の姿」だと考える森田先生に、自身がいますべきこと、めざしたい未来についてうかがいました。

「社会とのつながり」を大切にして
高齢者の「孤立」を防ぎたい

いまの僕の仕事は「高齢者」「介護」がキーワードです。病院内での診療はともかく、自分だけでやるのには限界があります。そのためにはやはり、地元の人と仲良くなることがいちばん大切だと思います。病気を治すだけの医療ではなく、地元の人たちが病院や医療を介在させることによって、その生活がもっと良いものになることをめざしています。

とはいえ、現実は厳しいものがあります。いま病院で診療をしていてとても気がかりなのは、やはり高齢の患者さんのことです。退院できない人が増えているのです。医学的には退院ができる状態なのに、自宅でサポートしてくれる家族がいない。介護施設も満床が続き、もどるべき家も場もないのです。幸い現在の相馬市長は医師でもあるため理解があり、高齢者が自立して生活することをめざした「相馬井戸端長屋」という公営住宅を建てるなどして、少しでも「孤立」を防ぐ工夫を実践しています。

僕が相馬に赴任してもうすぐ1年、東日本大震災からは4年という年月が流れました。良い意味では、被災地のみなさんが少し落ち着きを取り戻す時期ですが、別の意味では、抑えていた気持ちが噴きでてきたり、がまんしていた持病が悪化していることに気づく時期でもあります。そのため、日常の健康診断を含め、医師としてさらにしっかり地域と向き合っていくことが求められます。

地域と向き合うとき、いつも心がけているのは、人と人とのつながり。社会での「人とのつながり」が健康に与える影響はとても大きいと思います。つながりを失った高齢者は、地域のなかで孤立しやすい。そうなると、孤独死やアルコール依存、病気の悪化など、さまざまな影響がでてきます。孤立してしまう高齢者を一人でも少なくするようにしなくてはなりません。そのためには、どうやって地域全体で高齢者を支えていくのか、現状と課題、そして未来を交えて考え、行動に移していく必要があります。

僕はまだまだ駆けだしの医者です。自身の将来については、まだ語ることはできませんが、ただひとつ言えることは、被災地に限らず、多くの地域で経験を積み、もっと多くのことを学ばなければいけないということです。けれど、まずいまは、この相馬で、高齢者を地域全体で支える医療と向き合い、そのための実践を重ねていきたい。これからも病院の内であろうと外であろうと、専門があろうとなかろうと、信念をもって自分の思いを貫き、医師として多くの人の役に立ちたいと考えています。

関連リンク
医療法人社団茶畑会 相馬中央病院


 

 

前編のインタビューから

– 「東日本大震災の被災地で急速に進む高齢化は、日本の近未来の姿です」
– 子ども時代は落ち着きがなく、公文の教材を解いているあいだに寝てしまうことも…
– 「よほどの天才は別にして、子どもはくり返しの練習で伸びていくと思います」

 

 

関連記事

2015/03/06更新

Vol.018 被災地内科医 森田知宏さん

最先端医療で10人を救うよりも 別の方法で10万人を救う医療をめざして 被災地での現状に向き合う

バックナンバー

2019/04/17更新

Vol.061 イラストレーター
ながおかえつこさん

迷ったときにはまず自ら動こう 周囲の空気が対流し 先につながる流れができてくる

2019/02/15更新

Vol.060 環境省対馬自然保護官事務所
堺真由子さん

遠回りしたとしても 「好き」な気持ちを大切に 一歩を踏み出せば夢は近づく

2018/11/09更新

Vol.059 ジャズヴォーカリスト
古瀬里恵さん

何ごとも続けることが力になる その力が自信となって チャレンジする勇気につながる

2018/10/12更新

Vol.058 コピーライター
佐々木圭一さん

「伝え方」を学べば、  人の心を動かし行動を変えられる。  子どもたちの夢を後押しできる。

2018/09/07更新

Vol.057 イラストレーター ももろさん

成長していこうと思う限り 学びに終わりはなく、 人生を拓くきっかけになる

記事アクセスランキング

おすすめ記事 Recommended Articles
KUMONトピックス
Feature Report 進化し続ける活動
カテゴリーを表示
NEW
Vol.307
英語を使ってコミュニケーションに挑戦
グローバルな視野を持って、 未来へ羽ばたこう ~「第1回 Global Network Initiatives」開催~
Vol.306
KUMONの新入社員
学び続け、 自己成長し続ける社員でありたい ~共に成長できる環境づくりを大切に~
Vol.305
47都道府県「ご当地くろくま」コンテストのグランプリ授賞式
受賞者の将来の夢は 「絵を描く仕事がしたい!」
Vol.304
公文国際学園中等部・高等部
―模擬国連2019
国連大使になって英語で議論! 生徒主体で作り上げる模擬国連は グローバルな成長の場
スペシャルインタビュー
Academic Milestones 学びを究める力
NEW
Vol.054 前編
関西大学 外国語学部・
関西大学 大学院外国語教育学研究科
教授 竹内理先生
「ふれて、使って、気づいて、直す」 外国語習得の効果的なサイクルで 自分の目的にあった英語力を育てよう
Vol.053
教育実践「響の会」会長
角田明先生
愛情に満ちた厳しい目を注ぐことが 子どもを成長させる 「個」をみて教え導こう
Vol.052
國學院大學文学部哲学科教授
藤澤紫先生
江戸文化に「遊び心」があふれていたように 学びの中にも「遊び心」を見つけていこう
Vol.051
跡見学園女子大学 学長
笠原 清志先生
心を開き、異質なものへの 素直な興味を持ち続けよう
KUMON now! フェイスブックページ
KUMON now!に「いいね」して、子育てに役立つ情報を受け取ろう!

What’s
KUMON?

これまでも。これからも。
KUMONはずっと
「学ぶ集団」であり続けます。

KUMONは、50を超える国と地域に、「学び」を提供しています。

乳幼児から高齢者まで。
生涯を通じて学ぶ喜びをお届けします。

Baby Kumon / 書籍・知育玩具 / 学校・施設・企業への導入 /
認知症の予防と維持・改善 / 書写 /
日本語/ フランス語/ ドイツ語

公文教育研究会
代表取締役社長
池上 秀徳

指導者も社員も
「子どもから学ぶ」。
KUMONはいつも
学び続ける集団です。

私たちが大切にしている、創始者の
ことばがあります。

学ぶ力は、やがて生きる力へ。
KUMONは一組の親子の
絆から生まれました。

KUMONは、公文式学習を通して、
「生きる道を自らの力で切り拓いて
いける健全で有能な人材」の育成を
目指しています。

公文式教材のひみつを
わかりやすくご紹介。

公文式になくてはならない
指導者の役割とは。

私たちには
「夢」があります。
教育を通じて
世界平和に
貢献することです。

時を越えて。国境を越えて。
すべては、一人ひとりのために。

日本の子どもたちから
世界中の人たちへ。

    • KUMONグループ会社一覧
    • さまざまな場で「個人別・
      ちょうどの学習」を実践。
      世界各地に広がっています。
    • お問い合わせ・資料請求
      KUMONへのご意見、ご質問などを
      お寄せください。
    • お問い合わせ
    • ロゴに込められた想い
    • この、KUMONのロゴ。どこかで見かけたことありませんか?
      このロゴには私たちの想いがたくさんつまっています。