OB・OGインタビュー
Catch the Dream - 夢をかなえる力

2015/03/13更新

Vol.018 被災地内科医 森田知宏さん  後編

最先端医療10人を救うよりも
別の方法で10万人を救う医療をめざして
被災地での現状に向き合う

森田知宏 (もりた ともひろ)
1987年大阪生まれ。2012年3月東京大学医学部医学科卒業。同年4月より千葉の総合病院にて初期研修。2014年5月より相馬中央病院の内科医として勤務。同年4月より、東京大学大学院医学系研究科にも在籍、相馬での実践を科学的に分析する研究も始めている。

中学生のときから医師を志し、夢をかなえた森田先生。大学時代の同期の多くが専門医・認定医として特定医療分野をめざすなか、あえてその道は選ばず、医師免許を取得してすぐ、いまだ「被災地」である福島県相馬の病院に自ら希望して赴任。東日本大震災とそれに伴う原発事故の影響もあり高齢化が加速する地域の現状は、「近い将来の日本の姿」だと考える森田先生に、自身がいますべきこと、めざしたい未来についてうかがいました。

「社会とのつながり」を大切にして
高齢者の「孤立」を防ぎたい

いまの僕の仕事は「高齢者」「介護」がキーワードです。病院内での診療はともかく、自分だけでやるのには限界があります。そのためにはやはり、地元の人と仲良くなることがいちばん大切だと思います。病気を治すだけの医療ではなく、地元の人たちが病院や医療を介在させることによって、その生活がもっと良いものになることをめざしています。

とはいえ、現実は厳しいものがあります。いま病院で診療をしていてとても気がかりなのは、やはり高齢の患者さんのことです。退院できない人が増えているのです。医学的には退院ができる状態なのに、自宅でサポートしてくれる家族がいない。介護施設も満床が続き、もどるべき家も場もないのです。幸い現在の相馬市長は医師でもあるため理解があり、高齢者が自立して生活することをめざした「相馬井戸端長屋」という公営住宅を建てるなどして、少しでも「孤立」を防ぐ工夫を実践しています。

僕が相馬に赴任してもうすぐ1年、東日本大震災からは4年という年月が流れました。良い意味では、被災地のみなさんが少し落ち着きを取り戻す時期ですが、別の意味では、抑えていた気持ちが噴きでてきたり、がまんしていた持病が悪化していることに気づく時期でもあります。そのため、日常の健康診断を含め、医師としてさらにしっかり地域と向き合っていくことが求められます。

地域と向き合うとき、いつも心がけているのは、人と人とのつながり。社会での「人とのつながり」が健康に与える影響はとても大きいと思います。つながりを失った高齢者は、地域のなかで孤立しやすい。そうなると、孤独死やアルコール依存、病気の悪化など、さまざまな影響がでてきます。孤立してしまう高齢者を一人でも少なくするようにしなくてはなりません。そのためには、どうやって地域全体で高齢者を支えていくのか、現状と課題、そして未来を交えて考え、行動に移していく必要があります。

僕はまだまだ駆けだしの医者です。自身の将来については、まだ語ることはできませんが、ただひとつ言えることは、被災地に限らず、多くの地域で経験を積み、もっと多くのことを学ばなければいけないということです。けれど、まずいまは、この相馬で、高齢者を地域全体で支える医療と向き合い、そのための実践を重ねていきたい。これからも病院の内であろうと外であろうと、専門があろうとなかろうと、信念をもって自分の思いを貫き、医師として多くの人の役に立ちたいと考えています。

関連リンク
医療法人社団茶畑会 相馬中央病院


 

 

前編のインタビューから

– 「東日本大震災の被災地で急速に進む高齢化は、日本の近未来の姿です」
– 子ども時代は落ち着きがなく、公文の教材を解いているあいだに寝てしまうことも…
– 「よほどの天才は別にして、子どもはくり返しの練習で伸びていくと思います」

 

 

関連記事

2015/03/06更新

Vol.018 被災地内科医 森田知宏さん

最先端医療で10人を救うよりも 別の方法で10万人を救う医療をめざして 被災地での現状に向き合う

バックナンバー

2019/12/13更新

Vol.066 ジュエリーアーティスト
Lily/福嶋真由子さん

楽しいこともつらいことも すべてのことには意味があり 「学び」や「チャンス」につながる 経験となる

2019/11/29更新

Vol.065 弁護士・薬剤師・弁理士
中村智広さん

一つひとつ積み重ねた結果、今がある 枠にとらわれず好奇心をもち、 学び続けて前進しよう

2019/09/27更新

Vol.064 小説家
伊与原新さん

自分の手をたくさん動かし続けて 小さな成功体験を積み重ねれば 見える世界は広がっていく

2019/06/19更新

Vol.063 JAXA 宇宙航空研究開発機構 主任研究開発員
渡辺英幸さん

柔軟な価値観を持ち 変化を不安と思わずに チャンスととらえて楽しもう

2019/05/31更新

Vol.062 国連広報センター所長
根本かおるさん

「好奇心」は大切な原動力 What, Why, Howを自らに問いかけて 思考やものの見方を広げよう

記事アクセスランキング

おすすめ記事 Recommended Articles
KUMONトピックス
Feature Report 進化し続ける活動
カテゴリーを表示
NEW
Vol.339
南アフリカの公文式教室
一人でも多くの南アフリカの子どもたちに 学ぶ機会を
Vol.338
浮世絵から見える江戸時代の人々
『福づくし』でおめでたい1年に
Vol.337
特別対談 ブレイディみかこさん×KUMON
2019年話題のノンフィクション本と KUMONに共通する思いは 「自分の力で人生を切り拓いていける人に」
Vol.336
ブルガリアに公文式教室開設
夢に近づくお手伝いを
スペシャルインタビュー
Academic Milestones 学びを究める力
NEW
Vol.059 後編
慶應義塾大学医学部
精神・神経科学教室専任講師・医学博士
佐渡充洋先生
「ネガティブな自分」を 理解することは「ポジティブな学び」 楽しいことも苦しいことも一生懸命体験しよう
Vol.059 前編
慶應義塾大学医学部
精神・神経科学教室専任講師・医学博士
佐渡充洋先生
「ネガティブな自分」を 理解することは「ポジティブな学び」 楽しいことも苦しいことも一生懸命体験しよう
Vol.058
早稲田大学 教育・総合科学学術院 教授
澤木泰代先生
言語を学べば、 知らなかったことを知ることができる 一歩一歩、「知るよろこび」「進むよろこび」を味わおう
Vol.057
中部大学 副学長 国際センター長
辻本雅史先生
くり返しによる「学びの身体化」で その学びは本物になる 学び続けて生涯自分を成長させよう
KUMON now! フェイスブックページ
KUMON now!に「いいね」して、子育てに役立つ情報を受け取ろう!