トップ > KUMON now! > トピックス > 療育のなかのKUMON-放課後等デイサービスでの取り組み

KUMONトピックス
Feature Report - 進化し続ける活動
カテゴリーを表示

KUMONグループの活動  2018/03/27更新

Vol.251 療育のなかのKUMON-放課後等デイサービスでの取り組み  

障害のある子たちによりそい
一人ひとりが幸せになるサポートをしたい
~ ライフステージに合わせた“つながる療育支援”をめざして ~

「放課後等デイサービス」。ここ数年、よく見聞きするようになった言葉ではないでしょうか。障害のある子たち(6~18歳)を対象として、その名のとおり、放課後や学校がお休みの日などに利用できる「療育の場」としての福祉サービスです。2012年からスタートした比較的新しい福祉制度ですが、子どもたちの将来の自立のために、学校での教育とあいまってとても大切だと認識されるようになってきました。今回は千葉県千葉市からのレポートです。

障害のある子たちの保護者が切望していた「放課後等デイサービス」


 斉藤すみ子さん

JR千葉駅の東口方面に出て、デパート・量販店・銀行などが立ち並ぶ中心街を抜けた旧街道沿いにキッズルームチャコ(以下「チャコ」と表記)の本部と事業所があります。1階は夜間保育を含む0歳児からの子どもたちを預かる小規模保育事業の認可園、2階が今回ご紹介する障害のある小中高生を対象とした放課後等デイサービスです。すぐそばの別棟には児童発達支援があり、こちらは2歳くらいから年長までの子どもたちが通ってきます。

平日は午後3時ごろになると子どもたちが集まりはじめ、夕方までが“子どもたちファースト”の時間。チャコでは、まず全員で歩行や集会、リズム運動などをしたあと学習の時間(公文式算数と国語、後述)になります。チャコを運営するトレンディワールド社の斉藤すみ子さん(取締役)に、放課後等デイサービスをスタートさせた経緯をうかがってみました。

 「弊社の主な事業は保育とベビーシッター事業で、放課後等デイサービスや児童発達支援を手がける前から、障害の有無にかかわりなく、未就学のお子さんたちをお預かりしてきました。そのなかで学ばせていただいたことは、ふつうのお子さんの子育てでもたいへんなのに、障害があるとその困り度が何倍にもなることでした。さらにたいへんなのは小学校へ入学してからです。生活面、行動面、メンタル面などで課題や問題が一気にふき出してくるような印象があり、お子さん本人もですが、ご家族の疲労困憊ぶりがいたたまれませんでした」。

「小学校に上がってからもなんとかサポートできないものかと考えたのですが、制度上の壁もありもどかしい気持ちが続いていました。ところが、2012年に児童福祉法が改正され、放課後等デイサービスという福祉サービスが手がけられるとわかりました。さっそく、うちの保育園に通っていただいたことのあるお母さん方にうかがってみると、“毎日、無為にすごす放課後の時間がもったいない”、“そもそもうちの子には放課後の居場所がない”、“将来の自立のために、学校の教育だけでよいのか心配”といったご意見が。まさに保護者の方たちが切望していた福祉サービスだとわかりました。みなさんの悲願だったのですね」。

ちなみに、トレンディワールド社の理念は「ご家族が幸せになるサービスを提供する」「健やかな子育て・子育ちのパートナーである」のふたつ。制度ができてすぐの2012年から放課後等デイサービスをスタートさせたのも、この理念に沿っての実践だったわけです。

※放課後等デイサービス
小学生から高校生の障害のある子や発達に課題や特性のある子を対象に、生活能力の向上や将来の自立支援のための療育を提供する福祉サービス(児童福祉法)。運営母体は社会福祉法人、NPO法人、株式会社をはじめさまざまで、提供される療育内容やプログラムも運動系、学習系、音楽系など多種多様。6歳から18歳までの就学年齢の子どもたちが利用でき、ほとんどの放課後等デイサービス事業所は定員が10人となっている。同じ仕組みで、未就学の障害のある子を対象とした「児童発達支援」という福祉サービスもある。

療育プログラムに公文式を選んだ理由とは?

関連記事

KUMONグループの活動  2017/03/28更新

Vol.200 自立支援としてのKUMON

“なりたい自分になる”ためのサポート 学びを通しての自立支援 そして人生を拓く支援へ

KUMONグループの活動  2019/09/03更新

Vol.321 “つながる”療育支援―児童発達支援、放課後等デイサービス、自立訓練・就労移行支援施設での公文式

子どもから大人まで 障害や発達に課題のある一人ひとりが 真に自立した人生を歩むための支援をめざして

KUMONグループの活動  2017/08/08更新

Vol.221 浮世絵に見る江戸時代の子どもたち

五感を駆使して身体に滲み込むまでくり返す 「遊び」も「学び」も『生きる力』に通じる

KUMONグループの活動  2014/10/21更新

Vol.059 発達支援としてのKUMON-発達支援トレーニングジムしゃ~れ

一人ひとりを大切にした 発達支援が 多様な未来を拓く 放課後等デイサービス事業所、『発達支援トレーニングジム しゃ〜れ』(仙台)での公文式導入

KUMONグループの活動  2015/10/06更新

Vol.106 就労支援としてのKUMON-諫早ワークスサテライト

“社会の役に立てる人” “その職場になくてはならない人” そんな人になってほしいと思っています 就労移行支援事業所、諫早ワークスサテライトでの公文式導入

バックナンバー

KUMONグループの活動  2020/09/08更新

Vol.370 浮世絵から見える江戸時代の人々「重陽の節句」

大輪の菊に健康と長寿を願う ~人々の暮らしと「重陽の節句」の関係~

KUMONグループの活動  2020/09/01更新

Vol.369 特別企画 子育てのヒント‐「自立」のためにできること(2)

子どもの自立に「甘え」は欠かせない 「甘えさせる」と「甘やかす」の見極めが大事 お話:子育てカウンセラー・心療内科医 明橋大二先生

KUMONグループの活動  2020/08/25更新

Vol.368 ~創始者公文公の言葉より~

    公文式の原点⑤            <学年を越えて進む>

KUMONグループの活動  2020/08/11更新

Vol.367 あきびんごさん×くもん出版 絵本制作編

絵本制作に込められた 絵本作家あきびんごさんと 編集者の想い

KUMONグループの活動  2020/08/04更新

Vol.366 浮世絵から見える江戸時代の人々「お守り」

災いから子どもを守りたい ~浮世絵から見える母親の愛情~

KUMONトピックス カテゴリー別インデックス

記事アクセスランキング

おすすめ記事 Recommended Articles
OB・OGインタビュー
Catch the Dream 夢をかなえる力
NEW
Vol.072 後編
読売巨人軍 球団職員
矢貫俊之さん
行き詰まっても逃げないで あきらめずにぶつかって 答えは自分で見つけよう
Vol.072 前編
読売巨人軍 球団職員
矢貫俊之さん
行き詰まっても逃げないで あきらめずにぶつかって 答えは自分で見つけよう
Vol.071
アート・トランスレーター
田村 かのこさん
今ある“型”にはまらなくていい 自分にできることを一つずつ進めていけば自ら“型”をつくることができる
Vol.070
文化遺産コンサルタント
佐々木義孝さん
「今の環境でしか出来ないこと」から 「その環境で自分が夢中になれること」 を探して、実践していくと、道は開けてくる
スペシャルインタビュー
Academic Milestones 学びを究める力
NEW
Vol.063 後編
往来物研究家
小泉吉永先生
江戸の知恵には学びがあふれている “好き”をとことん掘り下げて 出会いを引き寄せよう
Vol.063 前編
往来物研究家
小泉吉永先生
江戸の知恵には学びがあふれている “好き”をとことん掘り下げて 出会いを引き寄せよう
Vol.062
筑波大学国際発達ケア:エンパワメント科学研究室教授・保健学博士
安梅勅江先生
「エンパワメント」の力が 「みんなが夢を持てる世界」を実現する
Vol.061
臨床心理士、国際TA協会公認交流分析家
末松渉先生
「心の危機」は成長の機会でもある 「学ぶ喜び」を知って 「生きる力」にしていこう
KUMON now! フェイスブックページ
KUMON now!に「いいね」して、子育てに役立つ情報を受け取ろう!