OB・OGインタビュー
Catch the Dream - 夢をかなえる力

2016/03/11更新

Vol.030 貼り絵作家 岡森 陽子さん  後編

学びや経験の積み重ね
貼り絵のように重なり合い
その人自身の色として輝きを放つ

岡森陽子 (おかもり ようこ)
大阪生まれ。オーダーメイドの貼り絵やさん。高校3年生でバセドウ病を発症。思春期に病気になった自身の経験をまとめた冊子『負けない―バセドウ病と共に生きる―』は、日本甲状腺学会のほか循環器内科や思春期外来の待合室、学校保健室等にも置かれる。現在は、グラフィックデザイナー片岡瞳氏とのユニット「Valentine eve」としても活動中。

現在、貼り絵作家として活躍する岡森陽子さん。高校3年生で「バセドウ病」を発症し、進学も就職の道も閉ざされてしまった岡森さんは、みずからの手で人生をブランディングしようと思い立ちます。「貼り絵」を通して、岡森さんが見つけた希望についてうかがいました。

バセドウ病は挫折であり転機だった

通っていた病院の先生は、私が葛藤していることを察してくれたのでしょう。本当によく話を聞いてくれました。ある日、その先生にこう言われました。「生きるって、“こうでなければならない”という道はないんだよ」と。目の前がひらけた思いがしました。私は病気をマイナスにしか考えていなかったけれど、高校生で病気になったということを逆手にとって、武器にして生きていくこともできるんじゃないかと思えたのです。

バセドウ病に限らず、病気になるというのはとても大変なことです。私は高校生だったので、勉強が遅れる怖さ、友だちに忘れられていく怖さも味わいました。社会は自分がいなくても成り立つ……と見せつけられた思いです。バセドウ病は私にとって大きな挫折であり、人生の転機でもあります。「病気を受け入れるのに18歳は若すぎた」一方で、「18歳の若さ、勢いみたいなもので乗り切った」ような気もするんです。

もともとよく本を読んでいましたが、病気になってますます本を読むようになりました。自分の病気がどんなものかもっと知りたいと思っていました。知ることで、自分に最適な治療法が分かるのではないかと考えたからです。医学書のほかにも、生きることについて書かれた哲学的な本、そして経営者の視点で描かれたマネジメントの本なども読みました。

そんなときに図書館で見つけたのが、甲状腺の専門医、栗原英夫先生の著書『甲状腺の病気を治す本』(法研)でした。栗原先生の本は、今まで読んだどの本よりもバセドウ病について分かりやすく書かれていました。感激して、私はすぐに栗原先生にお手紙を送りました。その手紙に対して、栗原先生は速達でお返事をくださいました。それから先生との交流が始まったのです。先生の講演会にゲストで呼ばれたり、『負けない―バセドウ病と共に生きる―』という冊子を一緒に作ったり。この冊子は現在、日本甲状腺学会や学校の保健室、病院の待合室などにも置かれています。

岡森さんが子どもたちに伝えたいこととは?

関連記事

2016/03/04更新

Vol.030 貼り絵作家 岡森 陽子さん

学びや経験の積み重ねは 貼り絵のように重なり合い その人自身の色として輝きを放つ

2018/11/16更新

Vol.059 ジャズヴォーカリスト
古瀬里恵さん

何ごとも続けることが力になる その力が自信となって チャレンジする勇気につながる

2019/12/06更新

Vol.065 弁護士・薬剤師・弁理士
中村智広さん

一つひとつ積み重ねた結果、今がある 枠にとらわれず好奇心をもち、 学び続けて前進しよう

2018/06/22更新

Vol.055 小児外科医 吉岡 秀人さん

「いまの自分」を信じ、 「心の声」を聞いて生きていこう

2015/03/13更新

Vol.018 被災地内科医 森田知宏さん

最先端医療で10人を救うよりも 別の方法で10万人を救う医療をめざして 被災地での現状に向き合う

バックナンバー

2020/09/11更新

Vol.072 読売巨人軍 球団職員
矢貫俊之さん

行き詰まっても逃げないで あきらめずにぶつかって 答えは自分で見つけよう

2020/08/07更新

Vol.071 アート・トランスレーター
田村 かのこさん

今ある“型”にはまらなくていい 自分にできることを一つずつ進めていけば自ら“型”をつくることができる

2020/07/10更新

Vol.070 文化遺産コンサルタント
佐々木義孝さん

「今の環境でしか出来ないこと」から 「その環境で自分が夢中になれること」 を探して、実践していくと、道は開けてくる

2020/05/22更新

Vol.069 米ベンチャー投資家/京都大学特任准教授(DNX Ventures インダストリーパートナー)
山本康正さん

「見晴らしの良い場所」から 学ぶことで未来はよりよく見える

2020/03/06更新

Vol.068 バレエダンサー
ニコライ・ヴィユウジャーニンさん

「石の上にも三年」の気持ちで 一歩一歩進んでいけば 山も登れる

記事アクセスランキング

おすすめ記事 Recommended Articles
KUMONトピックス
Feature Report 進化し続ける活動
カテゴリーを表示
NEW
Vol.370
浮世絵から見える江戸時代の人々「重陽の節句」
大輪の菊に健康と長寿を願う ~人々の暮らしと「重陽の節句」の関係~
Vol.369
特別企画 子育てのヒント‐「自立」のためにできること(2)
子どもの自立に「甘え」は欠かせない 「甘えさせる」と「甘やかす」の見極めが大事 お話:子育てカウンセラー・心療内科医 明橋大二先生
Vol.368
~創始者公文公の言葉より~
    公文式の原点⑤            <学年を越えて進む>
Vol.367
あきびんごさん×くもん出版 絵本制作編
絵本制作に込められた 絵本作家あきびんごさんと 編集者の想い
スペシャルインタビュー
Academic Milestones 学びを究める力
NEW
Vol.063 後編
往来物研究家
小泉吉永先生
江戸の知恵には学びがあふれている “好き”をとことん掘り下げて 出会いを引き寄せよう
Vol.063 前編
往来物研究家
小泉吉永先生
江戸の知恵には学びがあふれている “好き”をとことん掘り下げて 出会いを引き寄せよう
Vol.062
筑波大学国際発達ケア:エンパワメント科学研究室教授・保健学博士
安梅勅江先生
「エンパワメント」の力が 「みんなが夢を持てる世界」を実現する
Vol.061
臨床心理士、国際TA協会公認交流分析家
末松渉先生
「心の危機」は成長の機会でもある 「学ぶ喜び」を知って 「生きる力」にしていこう
KUMON now! フェイスブックページ
KUMON now!に「いいね」して、子育てに役立つ情報を受け取ろう!