OB・OGインタビュー
Catch the Dream - 夢をかなえる力

2016/03/11更新

Vol.030 貼り絵作家 岡森 陽子さん  後編

学びや経験の積み重ね
貼り絵のように重なり合い
その人自身の色として輝きを放つ

岡森陽子 (おかもり ようこ)
大阪生まれ。オーダーメイドの貼り絵やさん。高校3年生でバセドウ病を発症。思春期に病気になった自身の経験をまとめた冊子『負けない―バセドウ病と共に生きる―』は、日本甲状腺学会のほか循環器内科や思春期外来の待合室、学校保健室等にも置かれる。現在は、グラフィックデザイナー片岡瞳氏とのユニット「Valentine eve」としても活動中。

現在、貼り絵作家として活躍する岡森陽子さん。高校3年生で「バセドウ病」を発症し、進学も就職の道も閉ざされてしまった岡森さんは、みずからの手で人生をブランディングしようと思い立ちます。「貼り絵」を通して、岡森さんが見つけた希望についてうかがいました。

バセドウ病は挫折であり転機だった

通っていた病院の先生は、私が葛藤していることを察してくれたのでしょう。本当によく話を聞いてくれました。ある日、その先生にこう言われました。「生きるって、“こうでなければならない”という道はないんだよ」と。目の前がひらけた思いがしました。私は病気をマイナスにしか考えていなかったけれど、高校生で病気になったということを逆手にとって、武器にして生きていくこともできるんじゃないかと思えたのです。

バセドウ病に限らず、病気になるというのはとても大変なことです。私は高校生だったので、勉強が遅れる怖さ、友だちに忘れられていく怖さも味わいました。社会は自分がいなくても成り立つ……と見せつけられた思いです。バセドウ病は私にとって大きな挫折であり、人生の転機でもあります。「病気を受け入れるのに18歳は若すぎた」一方で、「18歳の若さ、勢いみたいなもので乗り切った」ような気もするんです。

もともとよく本を読んでいましたが、病気になってますます本を読むようになりました。自分の病気がどんなものかもっと知りたいと思っていました。知ることで、自分に最適な治療法が分かるのではないかと考えたからです。医学書のほかにも、生きることについて書かれた哲学的な本、そして経営者の視点で描かれたマネジメントの本なども読みました。

そんなときに図書館で見つけたのが、甲状腺の専門医、栗原英夫先生の著書『甲状腺の病気を治す本』(法研)でした。栗原先生の本は、今まで読んだどの本よりもバセドウ病について分かりやすく書かれていました。感激して、私はすぐに栗原先生にお手紙を送りました。その手紙に対して、栗原先生は速達でお返事をくださいました。それから先生との交流が始まったのです。先生の講演会にゲストで呼ばれたり、『負けない―バセドウ病と共に生きる―』という冊子を一緒に作ったり。この冊子は現在、日本甲状腺学会や学校の保健室、病院の待合室などにも置かれています。

岡森さんが子どもたちに伝えたいこととは?

関連記事

2016/03/04更新

Vol.030 貼り絵作家 岡森 陽子さん

学びや経験の積み重ねは 貼り絵のように重なり合い その人自身の色として輝きを放つ

バックナンバー

2019/09/27更新

Vol.064 小説家
伊与原新さん

自分の手をたくさん動かし続けて 小さな成功体験を積み重ねれば 見える世界は広がっていく

2019/06/19更新

Vol.063 JAXA 宇宙航空研究開発機構 主任研究開発員
渡辺英幸さん

柔軟な価値観を持ち 変化を不安と思わずに チャンスととらえて楽しもう

2019/05/31更新

Vol.062 国連広報センター所長
根本かおるさん

「好奇心」は大切な原動力 What, Why, Howを自らに問いかけて 思考やものの見方を広げよう

2019/04/17更新

Vol.061 イラストレーター
ながおかえつこさん

迷ったときにはまず自ら動こう 周囲の空気が対流し 先につながる流れができてくる

2019/02/15更新

Vol.060 環境省対馬自然保護官事務所
堺真由子さん

遠回りしたとしても 「好き」な気持ちを大切に 一歩を踏み出せば夢は近づく

記事アクセスランキング

おすすめ記事 Recommended Articles
KUMONトピックス
Feature Report 進化し続ける活動
カテゴリーを表示
NEW
Vol.326
メキシコの教室の “Big Man”
数字が怖かったマヌエルさん 公文式学習から得たものは、仕事に 必要なスキルと自信そして学ぶ喜び
Vol.325
English Immersion Camp 2019
英語を使って世界を身近に ~イングリッシュ・イマージョン・キャンプ2019開催~
Vol.324
公文式の英語教材
子どもたちが自学自習 しやすくするために 一瞬の「間」も大切に
Vol.323
親子のきずなづくり
「ことばのやりとり」を通じて、 親子の“歯みがきタイム”を楽しい時間に
スペシャルインタビュー
Academic Milestones 学びを究める力
NEW
Vol.057 後編
中部大学 副学長 国際センター長
辻本雅史先生
くり返しによる「学びの身体化」で その学びは本物になる 学び続けて生涯自分を成長させよう
Vol.057 前編
中部大学 副学長 国際センター長
辻本雅史先生
くり返しによる「学びの身体化」で その学びは本物になる 学び続けて生涯自分を成長させよう
Vol.056
声楽家
安田祥子さん
歌いかけは親子をつなぐ大切な時間 童謡が持つ日本語の豊かさを大切に
Vol.055
東北大学スマート・エイジング学際重点研究
センター特任教授/村田アソシエイツ代表
村田裕之先生
「人生100年時代」に向け、 自分の「好き」を見つけて 「自分軸」で生きていこう
KUMON now! フェイスブックページ
KUMON now!に「いいね」して、子育てに役立つ情報を受け取ろう!