OB・OGインタビュー
Catch the Dream - 夢をかなえる力

2016/03/04更新

Vol.030

貼り絵作家 岡森 陽子さん  前編

学びや経験の積み重ね
貼り絵のように重なり合い
その人自身の色として輝きを放つ

岡森 陽子 (おかもり ようこ)

大阪生まれ。オーダーメイドの貼り絵やさん。高校3年生でバセドウ病を発症。思春期に病気になった自身の経験をまとめた冊子『負けない―バセドウ病と共に生きる―』は、日本甲状腺学会のほか循環器内科や思春期外来の待合室、学校保健室等にも置かれる。現在は、グラフィックデザイナー片岡瞳氏とのユニット「Valentine eve」としても活動中。

現在、貼り絵作家として活躍する岡森陽子さん。高校3年生で「バセドウ病」を発症し、進学も就職の道も閉ざされてしまった岡森さんは、みずからの手で人生をブランディングしようと思い立ちます。「貼り絵」を通して、岡森さんが見つけた希望についてうかがいました。

いろいろな人が気軽に楽しめる貼り絵の魅力

岡森陽子さん

私の仕事は大きく3つあります。ひとつは貼り絵作家としての作品やグッズの販売。もうひとつはワークショップの開催。毎週固定の貼り絵教室も開いていますが、そのほかにもデイサービスに出張して講師をしたり、就労移行支援施設で余暇活動として貼り絵を一緒に作ったりしています。あとは、イベントへの出展もしています。

貼り絵を通じてさまざまな人に知り合うことは、私の生きがいでもあります。普段は無口なおじいちゃんやおばあちゃんが、貼り絵をしているときは笑顔で昔の話をいきいきと語ってくれることがあります。また、悩みを持っている方が、「貼り絵をしている間は悩みを忘れて夢中になれた」と言ってくれたこともあります。「またワークショップをやってほしい」と言われると、参加いただいた方に対して、少しはお役に立てたのかなと喜びを感じます。

本格的に貼り絵活動を始めたのは、2011年の東日本大震災がきっかけです。私がバセドウ病と向き合うきっかけをくれた、甲状腺の専門医である栗原英夫先生が岩手のご出身だったこともあり、「私も復興のために何かできないか」を真剣に考えました。

そのとき偶然、芸術による復興支援イベントがあることをインターネットで知り、「あぁ絵を描いてもいいんだ」と。貼り絵は、高価な道具や材料がなくても楽しむことができます。自分のできることを考えたとき、被災地の方々に「絵の力で元気になってほしい」と思いました。私自身、2010年頃から放射線治療を行い、ちょうど病状が安定してきた時期でもありました。社会に対して自分も何かできないか、その方法を模索し始めていたのです。

岡森さんの公文の思い出とは?

関連記事

2016/03/11更新

Vol.030 貼り絵作家 岡森 陽子さん

学びや経験の積み重ねは 貼り絵のように重なり合い その人自身の色として輝きを放つ

2015/03/06更新

Vol.018 被災地内科医 森田知宏さん

最先端医療で10人を救うよりも 別の方法で10万人を救う医療をめざして 被災地での現状に向き合う

2015/03/13更新

Vol.018 被災地内科医 森田知宏さん

最先端医療で10人を救うよりも 別の方法で10万人を救う医療をめざして 被災地での現状に向き合う

2016/01/08更新

Vol.028 柔道家 野村 忠宏さん

積み重ねが強い自分を作る 父の言葉が自分の柔道人生を導いてくれた

2016/10/07更新

Vol.037 宇宙ベンチャー・株式会社ALE代表
岡島 礼奈さん

可能性に限界はない 目標を大きな山と考えれば、 登り方はいくらでもある

バックナンバー

2022/08/05更新

Vol.090 スキージャンパー
渡邉陽さん

「やり抜く力」を身につけて 楽しみながらあきらめずに続けよう

2022/07/08更新

Vol.089 モデル・インフルエンサー
山口厚子さん

悩んだからこそ気づいた「自分の幸せ」 周囲の目を気にせず 「わが道」を堂々と進んでいこう

2022/05/13更新

Vol.088 絵本作家
きもとももこさん

人にはそれぞれ“すわる場所”がある やりたいことを見つけて続けていけば きっとそこへたどり着ける

2022/03/25更新

Vol.087 ピアニスト
中川優芽花さん

「まずは行動して、失敗して、学ぶ」 プロセスは 音楽にも勉強にも大切なもの 失敗しても、すべての経験は力になる

2022/02/18更新

Vol.086 ライゾマティクス 主宰
真鍋 大度さん

子ども時代の「好き」を大切に 専門家にはなれなくても そこに近い未来が開ける

記事アクセスランキング
おすすめ記事 Recommended Articles
KUMONトピックス
Feature Report 進化し続ける活動
カテゴリーを表示
NEW
Vol.450
子どもの自立を促すために生まれた「くもん さっぷりん」
KUMONが家庭での学習を応援します! ~「くもん さっぷりん」のヒミツ~
Vol.449
スマート・エイジングを支える公文式学習経験者
一人ひとりに向き合い 楽しく、その人に合った ちょうどの支援を
Vol.448
療育で活用される公文式
障害児・障害者支援施設から学ぶ 社会生活で必要な力をつけるためのヒント
Vol.447
放課後等デイサービスでの公文式学習①
(後編)
「ほめる」「待つ」「見守る」ことで 関わるみんなの笑顔と喜びを増やす
スペシャルインタビュー
Academic Milestones 学びを究める力
NEW
Vol.071 後編
メディアと広報研究所 主宰
尾関 謙一郎さん
多角的な見方を磨き、 自分だけの価値を見つけよう
Vol.071 前編
メディアと広報研究所 主宰
尾関 謙一郎さん
多角的な見方を磨き、 自分だけの価値を見つけよう
Vol.070
特別対談 未来を生きる子どもたちのために③
学び合いが創り出す KUMONならではのホスピタリティ
Vol.069
特別対談 未来を生きる子どもたちのために②
生涯にわたって必要なのは 自ら「自学自習」できる力
KUMON now! フェイスブックページ
KUMON now!に「いいね」して、子育てに役立つ情報を受け取ろう!