OB・OGインタビュー
Catch the Dream - 夢をかなえる力

2016/03/04更新

Vol.030

貼り絵作家 岡森 陽子さん  前編

学びや経験の積み重ね
貼り絵のように重なり合い
その人自身の色として輝きを放つ

岡森 陽子 (おかもり ようこ)

大阪生まれ。オーダーメイドの貼り絵やさん。高校3年生でバセドウ病を発症。思春期に病気になった自身の経験をまとめた冊子『負けない―バセドウ病と共に生きる―』は、日本甲状腺学会のほか循環器内科や思春期外来の待合室、学校保健室等にも置かれる。現在は、グラフィックデザイナー片岡瞳氏とのユニット「Valentine eve」としても活動中。

現在、貼り絵作家として活躍する岡森陽子さん。高校3年生で「バセドウ病」を発症し、進学も就職の道も閉ざされてしまった岡森さんは、みずからの手で人生をブランディングしようと思い立ちます。「貼り絵」を通して、岡森さんが見つけた希望についてうかがいました。

いろいろな人が気軽に楽しめる貼り絵の魅力

岡森陽子さん

私の仕事は大きく3つあります。ひとつは貼り絵作家としての作品やグッズの販売。もうひとつはワークショップの開催。毎週固定の貼り絵教室も開いていますが、そのほかにもデイサービスに出張して講師をしたり、就労移行支援施設で余暇活動として貼り絵を一緒に作ったりしています。あとは、イベントへの出展もしています。

貼り絵を通じてさまざまな人に知り合うことは、私の生きがいでもあります。普段は無口なおじいちゃんやおばあちゃんが、貼り絵をしているときは笑顔で昔の話をいきいきと語ってくれることがあります。また、悩みを持っている方が、「貼り絵をしている間は悩みを忘れて夢中になれた」と言ってくれたこともあります。「またワークショップをやってほしい」と言われると、参加いただいた方に対して、少しはお役に立てたのかなと喜びを感じます。

本格的に貼り絵活動を始めたのは、2011年の東日本大震災がきっかけです。私がバセドウ病と向き合うきっかけをくれた、甲状腺の専門医である栗原英夫先生が岩手のご出身だったこともあり、「私も復興のために何かできないか」を真剣に考えました。

そのとき偶然、芸術による復興支援イベントがあることをインターネットで知り、「あぁ絵を描いてもいいんだ」と。貼り絵は、高価な道具や材料がなくても楽しむことができます。自分のできることを考えたとき、被災地の方々に「絵の力で元気になってほしい」と思いました。私自身、2010年頃から放射線治療を行い、ちょうど病状が安定してきた時期でもありました。社会に対して自分も何かできないか、その方法を模索し始めていたのです。

岡森さんの公文の思い出とは?

関連記事

2016/03/11更新

Vol.030 貼り絵作家 岡森 陽子さん

学びや経験の積み重ねは 貼り絵のように重なり合い その人自身の色として輝きを放つ

2016/01/08更新

Vol.028 柔道家 野村 忠宏さん

積み重ねが強い自分を作る 父の言葉が自分の柔道人生を導いてくれた

2014/05/16更新

Vol.009 ピアニスト 河村尚子さん

世界中の人々と音楽の喜びを共有しながら自分自身も成長を続けていきたい

2016/10/07更新

Vol.037 宇宙ベンチャー・株式会社ALE代表
岡島 礼奈さん

可能性に限界はない 目標を大きな山と考えれば、 登り方はいくらでもある

2017/07/07更新

Vol.045 国連UNHCR協会 島田祐子さん

どんなに難しい問題でも プロセスを踏めば解決できる 自分は何ができるのかを考えてみよう

バックナンバー

2021/01/08更新

Vol.074 女子レスリング選手
登坂絵莉さん

「よくがんばったね!」は 子どもを成長させる魔法の言葉 前へ前へと進んでいける

2020/11/06更新

Vol.073 講談師
旭堂南湖さん

最初から100点満点を目指さなくていい 間違ってもいいから繰り返し、 続けていけば、芸も学びも磨かれる

2020/09/11更新

Vol.072 読売巨人軍 球団職員
矢貫俊之さん

行き詰まっても逃げないで あきらめずにぶつかって 答えは自分で見つけよう

2020/08/07更新

Vol.071 アート・トランスレーター
田村 かのこさん

今ある“型”にはまらなくていい 自分にできることを一つずつ進めていけば自ら“型”をつくることができる

2020/07/10更新

Vol.070 文化遺産コンサルタント
佐々木義孝さん

「今の環境でしか出来ないこと」から 「その環境で自分が夢中になれること」 を探して、実践していくと、道は開けてくる

記事アクセスランキング
おすすめ記事 Recommended Articles
KUMONトピックス
Feature Report 進化し続ける活動
カテゴリーを表示
NEW
Vol.392
~創始者公文公の言葉より~
    公文式の原点⑪            <高校でできるようにする>
Vol.391
公文式日本語最終教材修了生が語る自学自習の魅力とは?
自学自習でコツコツ学習することで、 「やればできる」経験を積み、 その先の挑戦へ!
Vol.390
タイム誌による初めての「Kid of the Year(キッド・オブ・ザ・イヤー)」に選出
ギタンジャリ・ラオ(Gitanjali Rao)さん 得意な科学と技術を使って 人を笑顔にしたい
Vol.389
家庭学習調査2020(1)
子どもの家庭での過ごし時間の変化
家庭学習調査から見える 「新学習指導要領」の認知と評価、 そしてオンライン学習の実態は?
スペシャルインタビュー
Academic Milestones 学びを究める力
NEW
Vol.065 後編
もり内科クリニック院長
布施医師会(東大阪市)理事
田仲みすず先生
「できること」「得意なこと」に目を向けよう できないことが増えても、まわりが上手に合いの手を入れる 「お餅つきサポート」で、地域の誰もが笑顔になる
Vol.065 前編
もり内科クリニック院長
布施医師会(東大阪市)理事
田仲みすず先生
「できること」「得意なこと」に目を向けよう できないことが増えても、まわりが上手に合いの手を入れる 「お餅つきサポート」で、地域の誰もが笑顔になる
Vol.064
神田外語大学 特任講師
上原雅子先生
言語は「伝える」ためにある 「伝えたい」という気持ちを込めて 自分の意見を発言してみよう
Vol.063
往来物研究家
小泉吉永先生
江戸の知恵には学びがあふれている “好き”をとことん掘り下げて 出会いを引き寄せよう
KUMON now! フェイスブックページ
KUMON now!に「いいね」して、子育てに役立つ情報を受け取ろう!