OB・OGインタビュー
Catch the Dream - 夢をかなえる力

2016/08/05更新

Vol.035

経済学者 澤田康幸先生  後編

学び本質とは
新しい発見」に行きつくこと
努力を怠らずにやり抜こう

澤田 康幸 (さわだ やすゆき)

兵庫県生まれ。1990年慶應義塾大学経済学部卒業。大阪大学大学院などを経て渡米し、1999年にスタンフォード大学大学院経済学部博士課程を修了(Ph.D. 取得)。同年東京大学大学院総合文化研究科助教授に就任。現在は東京大学大学院経済学研究科教授。専門は開発経済学、応用ミクロ計量経済学、フィールド実験。著書に『自殺のない社会へ』(有斐閣、20013年、共著)、『巨大災害・リスクと経済』(日本経済新聞出版社、2014年、編著)など。

開発経済学を専門とし、とくに開発途上国における教育開発や貧困問題の研究で知られる澤田康幸先生。フィールド実験という手法により、バングラデシュの農村で子どもたちの学力向上のための効果測定や、東日本大震災のなどの被災地やフィリピンなど発展途上国の貧困地域で調査を行い、現地に住む人々のより良い暮らしにつながる研究を続けています。経済学は「人間活動に関する総合的な学問」という澤田先生に、経済学の重要性とともに、開発経済に関心をもったきっかけや研究のおもしろさなどについてうかがいました。

いかに「良い研究」と認めてもらうか、あきらめずにやり抜こう

澤田康幸先生

研究者にとっては、良い研究をしてそれが認められることが大事です。しかし、自分の研究を国際的な学術雑誌に投稿し、厳しい査読のプロセスを突破して認めてもらうプロセスはとてもシビアで、今でも非常に苦労しています。私が考える「良い研究」とは、革新的なアイディアを緻密な手法で研究し、社会で課題となっている根本問題の解決の糸口を見つけることができるような研究です。

良い研究をするには学び続けることが大事です。現在は情報量が多くなってきていて、学ぶ機会は増えていますが、私は学びとは、「誰も気づかなかったことを発見すること」だと思います。ただ、それが独りよがりになってはいけなくて、科学としての厳密な手続きに基づき、現実に当てはまるロジックに即した新しい「エビデンス(科学的根拠)」であるべきです。

現在取り組んでいるバングラデシュ貧困地域の子ども達の学力向上のプロジェクトもまさにそれだと思います。ここでは公文式という日本の組織ならではの特長をとり入れた解決策を打ち出していて、国際的な研究競争の場でも戦える、絶妙な組み合わせのプロジェクトだと思っています。

ゼミの学生を指導していると、驚くような優れたアイデアをもつ学生に出会います。研究を料理に例えると、私は料理人のプロで、後進の料理人を育てているようなものです。日ごろ学生から提供されるのは、見た目も味もいまいちの料理ばかりかもしれませんが、たまにハッとする料理をつくる学生がいます。例えば、ごはんにマヨネーズと醤油をちょいちょいとかけて持ってくる、実においしい料理(笑)。我々玄人だと絶対やらないことを、若い人は柔らかい頭で考えます。かつそれが真理のど真ん中を突いていたりします。こうしたことが学びの本質であり、そういう場面に遭遇すると教育者としてとてもうれしく感じます。

学びをさらに前進させるには、困難があってもとにかくあきらめないことです。目の前の課題には何らかの解決方法があると前向きにとらえ、手を抜かないでやり抜くことが大事です。ただそれには努力が必要。逆に言えば努力すれば道は開ける、私はそう思います。

澤田先生が研究を通じて目指していることとは?

関連記事

2016/07/29更新

Vol.035 経済学者 澤田康幸先生

学びの本質とは 「新しい発見」に行きつくこと 努力を怠らずにやり抜こう

2016/11/25更新

Vol.038 経済学者 松繁寿和 先生

教育による人の成長は人的資本としての価値を高める「自分がどう生きたいか」を考えよう

2016/11/18更新

Vol.038 経済学者 松繁寿和 先生

教育による人の成長は 人的資本としての価値を高める 「自分がどう生きたいか」を考えよう

2018/05/18更新

Vol.049 広島大学 教育開発国際協力研究センター長
吉田 和浩先生

日本は「教育」で世界に貢献できる 持続可能で平和な社会を築くことが 「教育の国際協力」のゴール

2017/03/17更新

Vol.042 フリーアナウンサー
山本ミッシェールのぞみさん

与えられたチャンスには 心を開いて応えることで 世界はもっと広がっていく

バックナンバー

2022/05/13更新

Vol.088 絵本作家
きもとももこさん

人にはそれぞれ“すわる場所”がある やりたいことを見つけて続けていけば きっとそこへたどり着ける

2022/03/25更新

Vol.087 ピアニスト
中川優芽花さん

「まずは行動して、失敗して、学ぶ」 プロセスは 音楽にも勉強にも大切なもの 失敗しても、すべての経験は力になる

2022/02/18更新

Vol.086 ライゾマティクス 主宰
真鍋 大度さん

子ども時代の「好き」を大切に 専門家にはなれなくても そこに近い未来が開ける

2022/01/07更新

Vol.085 株式会社CAMPFIRE SOCIAL CAPITAL
荒木隆義さん

可能性の芽が摘まれないよう チャレンジできる機会を 多くの人に提供したい

2021/12/03更新

Vol.084 劇団四季 俳優
金子進太郎さん

奇跡は起きるものではない 起こすもの 作品の感動を 多くの人に届けたい

記事アクセスランキング
おすすめ記事 Recommended Articles
KUMONトピックス
Feature Report 進化し続ける活動
カテゴリーを表示
NEW
Vol.444
19万組の親子が実践!子育てママ・パパの声から誕生したミーテ
ミーテ運用担当のKUMON社員にインタビュー 〜うた・読み聞かせで子育てが楽しくなるヒミツ!〜
Vol.443
学習療法~認知症予防についてのアンケート~「スマート・エイジング」のすすめ
加齢による「物忘れ」と「認知症」は違う? 始めてみませんか、認知症予防
Vol.442
慶應義塾普通部の英語教育
TOEFL Primary®/TOEFL Junior®を 導入した理由
Vol.441
家庭学習調査2021(3)
家庭内学習の評価と状況
家庭学習調査から見える 子どもの生活や学習、 保護者の子どもへの関わり方の変化は?
スペシャルインタビュー
Academic Milestones 学びを究める力
NEW
Vol.071 後編
メディアと広報研究所 主宰
尾関 謙一郎さん
多角的な見方を磨き、 自分だけの価値を見つけよう
Vol.071 前編
メディアと広報研究所 主宰
尾関 謙一郎さん
多角的な見方を磨き、 自分だけの価値を見つけよう
Vol.070
特別対談 未来を生きる子どもたちのために③
学び合いが創り出す KUMONならではのホスピタリティ
Vol.069
特別対談 未来を生きる子どもたちのために②
生涯にわたって必要なのは 自ら「自学自習」できる力
KUMON now! フェイスブックページ
KUMON now!に「いいね」して、子育てに役立つ情報を受け取ろう!