スペシャルインタビュー
Academic Milestones - 学びを究める力

2016/11/25更新

Vol.038 経済学者 松繁寿和 先生  後編

教育による人の成長
人的資本としての価値を高める
「自分がどう生きたいか」を考えよう

松繁 寿和 (まつしげ ひさかず)
香川県生まれ。1980年に大阪大学経済学部卒業後、大阪大学大学院経済学研究科修士課程を修了。その後、オーストラリア国立大学にて Ph.D.を取得。南山大学経済学部講師、大阪大学経済学部講師などを経て、1994年、大阪大学大学院国際公共政策研究科助教授に。2003年には同教授となり、現在に至る。著書に『大学教育効果の実証分析――ある国立大学卒業生たちのその後』(編著、日本評論社)など。

経済学者として、大阪大学大学院国際公共政策研究科の教授を務める一方、この7月に設立された大阪大学COデザインセンターの初代センター長を務める松繁寿和先生。「経済学」というと、金融や財政を思い浮かべがちですが、先生が専門とする「労働経済学」は、「人」にフォーカスをあてた経済学の一分野です。今に至るまでの松繁先生の歩みと、日々学生と接する中で感じるこれからの教育に必要なことなどについて伺いました。

積み重なった疑問に対する解決策を見出そうと大学院に進むが……

そんなふうに経済学の何たるかをまったく知らずに進学したのが、数学と統計で知られる大阪大学の経済学部でした。しかし、私が気になっていたのは、社会の矛盾や構造――たとえば、荒れた中学があり、進学校がある。さらにそれぞれの場所で、価値観が異なっていることもある。なぜそういうことが起こるのか――といったこと。ですから、当時は「数学と統計を学ぶために大学に進学したのではない」という感覚がありました。

それなのになぜそのまま大学院まで進んだのかというと、労働経済学の先生のゼミで、経済学の中に「人的資本(ヒューマン・キャピタル)」という考え方があることを知ったからです。人的資本とは、人間が持つ能力(知識や技能)を資本として捉えたもので、教育を受けることで仕事に必要な能力が高まり、結果として賃金が上がり収益が得られるという考え方。「経済学にも人を扱う分野があるんだ。これなら自分の疑問に応えてくれそうだ」と興味をもったのです。

ただ、大学院では本当に好きな研究ができると思っていたのですが、そうでなかったのは大きな誤算でした。私としては、「人」や「人の成長」、そういう人たちが織りなす社会の矛盾、「どうしてこうなるのか」とたまった疑問が、大学院に行けば解けるだろうと考えていたのです。ところが、やるのはひたすら統計や数学など経済学の基礎トレーニングばかり。それらは学者になるなら当然必要となることなのですが、どうしても自分の中では受け入れられなかったのです。

そもそも日本では「こうでないといけない」という傾向が強くあります。自分がやりたいことはできずに、「これをやりなさい」と言われる状況に疲弊し、しかも自分が抱えている疑問にも応えてくれる人がいない。大学院をやめようかと思っていました。そんなとき、たまたまオーストラリア留学の話があり、行くことにしたのです。

現地では人に対する制約が弱く、私はそこで解放されました。自分の好きな領域を好きに勉強できたことで、立ち直れたのです。オーストラリア国立大学でPh.D.を取得して卒業する頃、日本はオーストラリアブーム。現地で学んだ人が欲しいと、帰国後すぐに職も見つけることができました。本当に運が良かったと思います。

松繁先生が今の大学生を見ていて感じることとは?

関連記事

2016/11/18更新

Vol.038 経済学者 松繁寿和 先生

教育による人の成長は 人的資本としての価値を高める 「自分がどう生きたいか」を考えよう

2016/08/05更新

Vol.035 経済学者 澤田康幸先生

学びの本質とは 「新しい発見」に行きつくこと 努力を怠らずにやり抜こう

2016/07/29更新

Vol.035 経済学者 澤田康幸先生

学びの本質とは 「新しい発見」に行きつくこと 努力を怠らずにやり抜こう

バックナンバー

2019/03/08更新

Vol.053 教育実践「響の会」会長
角田明先生

愛情に満ちた厳しい目を注ぐことが 子どもを成長させる 「個」をみて教え導こう

2019/02/01更新

Vol.052 國學院大學文学部哲学科教授
藤澤紫先生

江戸文化に「遊び心」があふれていたように 学びの中にも「遊び心」を見つけていこう

2018/11/30更新

Vol.051 跡見学園女子大学 学長
笠原 清志先生

心を開き、異質なものへの 素直な興味を持ち続けよう

2018/09/28更新

Vol.050 大阪市立大学大学院 経営学研究科 教授
山田 仁一郎先生

「学問」は先人から受け取った 人類の「知恵の蓄積」 未来につなぐため、学び続けよう

2018/05/11更新

Vol.049 広島大学 教育開発国際協力研究センター長
吉田 和浩先生

日本は「教育」で世界に貢献できる 持続可能で平和な社会を築くことが 「教育の国際協力」のゴール

記事アクセスランキング

おすすめ記事 Recommended Articles
KUMONトピックス
Feature Report 進化し続ける活動
カテゴリーを表示
NEW
Vol.303
公文式の学校導入―村上学園高等学校
<全日制スタイルの通学型・通信制高校>
「できる」喜びを重ねることで 関心を持てなかった学習に 感じ始めた「楽しさ」と「意義」
Vol.302
TOEFLを英語学習のよき伴走者に
-スピーキングテスト編
自分の意見を発信する力を ~若年層向けTOEFLに スピーキングテストができました!~
Vol.301
家庭学習調査2018(3)
わが子のこと、どれだけ把握していますか?
家庭学習調査から見える 「子どもの家での過ごし方」と 母親と父親の関わり方の違いとは?(3)
Vol.300
ヨーロッパの指導者
仲間とともに「子どもから学ぶ」 ~子どもたちの可能性を発見し、伸ばしたい~
OB・OGインタビュー
Catch the Dream 夢をかなえる力
NEW
Vol.061 前編
イラストレーター
ながおかえつこさん
迷ったときにはまず自ら動こう 周囲の空気が対流し 先につながる流れができてくる
Vol.060
環境省対馬自然保護官事務所
堺真由子さん
遠回りしたとしても 「好き」な気持ちを大切に 一歩を踏み出せば夢は近づく
Vol.059
ジャズヴォーカリスト
古瀬里恵さん
何ごとも続けることが力になる その力が自信となって チャレンジする勇気につながる
Vol.058
コピーライター
佐々木圭一さん
「伝え方」を学べば、  人の心を動かし行動を変えられる。  子どもたちの夢を後押しできる。
KUMON now! フェイスブックページ
KUMON now!に「いいね」して、子育てに役立つ情報を受け取ろう!

What’s
KUMON?

これまでも。これからも。
KUMONはずっと
「学ぶ集団」であり続けます。

KUMONは、50を超える国と地域に、「学び」を提供しています。

乳幼児から高齢者まで。
生涯を通じて学ぶ喜びをお届けします。

Baby Kumon / 書籍・知育玩具 / 学校・施設・企業への導入 /
認知症の予防と維持・改善 / 書写 /
日本語/ フランス語/ ドイツ語

公文教育研究会
代表取締役社長
池上 秀徳

指導者も社員も
「子どもから学ぶ」。
KUMONはいつも
学び続ける集団です。

私たちが大切にしている、創始者の
ことばがあります。

学ぶ力は、やがて生きる力へ。
KUMONは一組の親子の
絆から生まれました。

KUMONは、公文式学習を通して、
「生きる道を自らの力で切り拓いて
いける健全で有能な人材」の育成を
目指しています。

公文式教材のひみつを
わかりやすくご紹介。

公文式になくてはならない
指導者の役割とは。

私たちには
「夢」があります。
教育を通じて
世界平和に
貢献することです。

時を越えて。国境を越えて。
すべては、一人ひとりのために。

日本の子どもたちから
世界中の人たちへ。

    • KUMONグループ会社一覧
    • さまざまな場で「個人別・
      ちょうどの学習」を実践。
      世界各地に広がっています。
    • お問い合わせ・資料請求
      KUMONへのご意見、ご質問などを
      お寄せください。
    • お問い合わせ
    • ロゴに込められた想い
    • この、KUMONのロゴ。どこかで見かけたことありませんか?
      このロゴには私たちの想いがたくさんつまっています。