スペシャルインタビュー
Academic Milestones - 学びを究める力

2023/05/26更新

Vol.074

名古屋大学 国際開発研究科 教授
山田 肖子さん  前編

教育の意義を体現する公文式
AI時代の今こそ
人間と教育の役割の再定義を

山田 肖子 (やまだ しょうこ)

名古屋大学 国際開発研究科 教授。専門は比較教育学、アフリカ研究。早稲田大学法学部卒業後、コーネル大学修士課程、インディアナ大学博士課程修了。笹川平和財団の研究員や広島大学教育開発国際協力研究センターなどを経て、2007年12月から名古屋大学に着任。おもな著書に『アフリカのいまを知ろう』(岩波ジュニア新書)、『途上国の産業人材育成:SDGs時代の知識と技能』(共編著、日本評論社)ほか。

公文教育研究会 会談参加メンバー(敬称略)
新潟事務局 野嶋
静岡事務局 八幡
学習療法センター 山崎

2030年までに持続可能でよりよい世界を目指す国際目標が「SDGs(=Sustainable Development Goals)」。こちらの企画では、各界のオピニオンリーダーや実践者の方々をお招きして、公文教育研究会のSDGs委員会・アンバサダーメンバーの社員との対話を通じ、教育を通じて社会の課題解決へのグローバルな貢献を目指すKUMONの取り組みへの理解を深めていきます。
今回のゲストは、名古屋大学 国際開発研究科の教授として、途上国の産業人材育成に取り組まれる山田肖子先生。公文式学習経験者でもある先生がKUMONと協働することになったきっかけや、最前線で取り組まれているSDGsの話題まで、KUMONの社員と和やかに談義いただきました。

労働人材の能力を測定してエビデンスをもとに人材育成に生かす

―― まず先生のご研究についておきかせください。

SDGsを考える

山田:もともと私の関心は、「人はどういうふうに知るのか?」「知っているとはどういうことなのか?」「何を知っていると周囲に思われることが、その社会での成功につながるのか?」という、個人の知識とそれを受け止める社会の関係にあります。
要は知識とは固定的なものではなく、まわりに褒める人がいて、その知識は大事だねという社会があって、それに対して応えていくことでその人の知識が評価される、ということなんです。
私はずっとアフリカで仕事を続けて、もう25年になります。最初は開発コンサルタントとしてキャリアを始めて、それから研究者になりました。研究者として各国政府の教育省や産業省の役人、企業の方と話すと、必ずと言っていいほど「学校はもっと人材育成に役割を果たしてほしい」、「わが国は〇年後には中所得国になる国家開発目標があるから、それに向けて教育に多くの予算をつけている。それなのにスキルギャップが埋まらない」と言われました。
”スキルギャップ”とは、企業の方からすると、「望んだような人材が出てこない」ということ。これは日本でも言われていることで、「学校は何をやっているんだ?」みたいな話があります。でも、政府は学校に予算や人を配置する以外の方法をあまり思いつかず、「じゃあ、スキルギャップって具体的に何のこと?」という疑問の答えも明確ではない。そこをちゃんと特定しないことには議論ができません。
漠然と大きなことを言っても本質にたどり着けないので、働いている若い人たちの能力を測定するようなモジュールを開発して、それでエビデンスをもとにした政策議論ができるようにしよう。こうして私たちのSKYプロジェクト(※)が始まりました。

※SKY(=Skills and Knowledge for Youth)プロジェクト:名古屋大学で研究した教育評価プログラムによって、アフリカ・アジア等の開発途上国の経済成長につながる産業人材育成への貢献を目的とする。

―― KUMONとの協働についてもうかがわせてください。

SKYプロジェクトで、私たちが産業労働人材の能力を測定して人材育成のピンポイントな提案をしていく、ということに取り組んでいたなか、日本型教育の海外展開に文部科学省主導で取り組む「EDU-Port ニッポン」のシンポジウムで、KUMONと出会いました。
そのシンポジウムでKUMONは「非認知能力」についての話題を提供されていました。私たちも人材の能力を測定する時に、読み書きや計算といった「認知能力」、手を使って実際に仕事をする「職業技術」のほかに、やはり「非認知能力」がすごく大事だということはわかっていて、その「非認知能力」を測定するためにいろいろ工夫していたタイミングでした。ここの問題意識で私たちとKUMONに接点がありそうだと思い、シンポジウムの場でお話をさせていただいたところ、「名古屋に早速打合せにうかがいます!」と言ってくださったんですよね(笑)
そのような経緯から、KUMONと一緒に何かできる方法はあるかを模索していたところ、昨年(2022年)はちょうど日本政府が数年ごとに開催しているアフリカ開発会議「TICAD」の開催年だったことから、「EDU-Port」でもアフリカの事業をしたいとの話が文科省からもありました。そこで、SKYプロジェクトとKUMONと協働して事業を提案してはどうかとお声がけさせていただいた次第です。今回の南アフリカのプロジェクトを通じて、仕事をしている若者の可能性を学歴ではなく能力で評価できるということをKUMONと一緒に実証していきたいと考えています。

開発援助のコンサルタントから研究者の道へ

関連記事

KUMONグループの活動  2023/02/21更新

Vol.472 KUMONの取り組むSDGsを考える⑤前編

いまが歴史の転換点 持続可能な未来に向かって 意識・発想の転換を

KUMONグループの活動  2023/02/28更新

Vol.473 KUMONの取り組むSDGsを考える⑤後編

いまが歴史の転換点 持続可能な未来に向かって 意識・発想の転換を

KUMONグループの活動  2020/03/31更新

Vol.348 特別対談 BRAC創設者アベド氏を偲んで

教育を通じた社会貢献を 目に見える形で実現できた BRAC×KUMONプロジェクトの未来

KUMONグループの活動  2022/08/23更新

Vol.451 KUMONの取り組むSDGsを考える③前編

公文式学習のコツコツ頑張る力は 持続可能な地球を作る

KUMONグループの活動  2022/08/30更新

Vol.452 KUMONの取り組むSDGsを考える③後編

公文式学習のコツコツ頑張る力は 持続可能な地球を作る

バックナンバー

2023/05/26更新

Vol.074 名古屋大学 国際開発研究科 教授
山田 肖子さん

教育の意義を体現する公文式 AI時代の今こそ 人間と教育の役割の再定義を

2023/02/03更新

Vol.073 特別対談 棋士 藤井 聡太さん

終わりのない将棋の極みへ 可能性のある限り 一歩ずつ上を目指していきたい

2022/11/18更新

Vol.072 名古屋大学博物館 機能形態学者
藤原 慎一先生

さまざまな知識が ひも付いたときが研究の醍醐味 そのために学びをどんどん拡げよう

2022/01/21更新

Vol.071 メディアと広報研究所 主宰
尾関 謙一郎さん

多角的な見方を磨き、 自分だけの価値を見つけよう

2021/10/29更新

Vol.070 特別対談 未来を生きる子どもたちのために③

学び合いが創り出す KUMONならではのホスピタリティ

記事アクセスランキング
おすすめ記事 Recommended Articles
KUMONトピックス
Feature Report 進化し続ける活動
カテゴリーを表示
NEW
Vol.483
自治体が取り組む脳の健康教室
支え合うコミュニティづくりに 「脳の健康教室」を活かす ~「活脳のマチ 天理」を目指して~
Vol.482
理科の目で社会科見学
未来を創る子どもたちへ カーボンニュートラルな社会の在り方を考える質の高い学習機会を
Vol.481
学校でのKUMON-東京女子学院中学校
公文式学習で チャレンジする姿勢や粘り強さを 身につけてほしい  
Vol.480
くもん出版のウェブサイトがリニューアル!
すべての人に 「できた!」の喜びを
OB・OGインタビュー
Catch the Dream 夢をかなえる力
NEW
Vol.094 後編
メンタルトレーナー
加藤史子さん
夢に大小はなく、いくつあってもいい 自分の「心の取り扱い方」を知って 夢を叶えていこう
Vol.094 前編
メンタルトレーナー
加藤史子さん
夢に大小はなく、いくつあってもいい 自分の「心の取り扱い方」を知って 夢を叶えていこう
Vol.093
弁護士・ニューヨーク州弁護士
松本慶さん
少しずつでも前進すれば大丈夫 「一日一歩」の精神で歩いていこう
Vol.092
丸紅インドネシア代表
笠井 信司さん
経験に無駄は何ひとつとしてなく 将来に必ず生きる “Discipline”を身につけよう
KUMON now! フェイスブックページ
KUMON now!に「いいね」して、子育てに役立つ情報を受け取ろう!