KUMONトピックス
Feature Report - 進化し続ける活動
カテゴリーを表示

KUMONグループの活動  2017/06/20更新

Vol.214 くもん出版の将棋シリーズ  

「できた!」を積み重ねて「わかる」
~公文式のよさを生かした商品づくり~

盤上の息詰まる攻防。放たれる、研ぎ澄まされた一手…。若き棋士が活躍する漫画の出版や映画の公開が相次ぎ、また現実の世界でも、史上最年少プロ棋士の躍進など、今空前の将棋ブームが起きています。そんななか、実は、くもん出版は、15年以上も前から、将棋が学べる書籍や玩具を開発・販売していることをご存知でしょうか。

将棋に親しむところから、自ら学んで、対局するまで


「NEWスタディ将棋」
史上最年少プロ棋士、藤井聡太プロが子どもの頃使用したとして話題に。

「NEWスタディ将棋」は、1999年にくもん出版より発売された知育玩具です。「親がルールを知らず、子どもと一緒に遊びながら学んでいます」「孫と楽しく指しています」など、発売以来ご好評いただいています。駒そのものに、動かし方が描かれているのが特徴で、初心者でも遊びながら簡単にルールが覚えられます。「公益社団法人 日本将棋連盟」監修のもと、盤や駒は木製で、盤のマス目や駒のサイズも一般的な将棋のサイズに合わせており、先を予測して遊ぶ高度な知的ゲームとしての将棋を、本格的に楽しむこともできます。


『ハンディー版 まんが将棋入門』
「まんが」でドキドキ→「解説」でなるほど!→「練習問題」でばっちり!

 

『ハンディー版 まんが将棋入門』は、「まんが」→「解説」→「練習問題」の3つのステップで学ぶ、入門書です。将棋の世界の国「先の庄」を舞台に、主人公ショウが仲間とともに将棋を学ぶ物語を、まんがで楽しく読み進めながら、解説で理解を深めます。さらに練習問題で力だめしをすることで、ルールと基本戦法がマスターできます。


「将棋入門ドリル」シリーズ
「将棋でたたかうことを、『対局』といいます。対局を始めるときは、礼儀よく『おねがいします』といいます。」ドリルは、ここから始まります。

「日本将棋連盟公式ドリル 将棋入門ドリル」シリーズ全3巻は、自分で書いて学習するドリル形式となっています。算数や国語のドリルと同じように、答えを直接書きこみながら問題を解き進めることで、将棋のルールや戦法を学んでいきます。ステップ1の内容は、日本将棋連盟公認の級位で「ほぼ入門~10級レベル」、ステップ2は「ほぼ10級~8級レベル」、ステップ3は「ほぼ8級~6級レベル」にあたります。まったくの初心者から、対戦でもっと強くなりたい人まで、自分のレベルやペースに合わせて、「将棋を覚えたい」「強くなりたい」お子さまや一般の方に最適なドリルです。

「将棋入門ドリル」シリーズの担当者がこだわったポイントとは?

バックナンバー

KUMONグループの活動  2020/03/27更新

Vol.347 家庭学習調査2019(1) 子どもの家庭での過ごし方

ゲーム、テレビ、外、学習・・・ 子どもは家で何をして過ごしているのか

KUMONグループの活動  2020/03/24更新

Vol.346 くもんの「漢字カード」誕生の背景

文字への興味からことばの世界を広げ、 そして読書へ

KUMONグループの活動  2020/03/17更新

Vol.345 寺子屋で学んだ子どもたち

江戸時代に求められた寺子屋での学び

KUMONグループの活動  2020/03/03更新

Vol.344 江戸時代のひな祭り―浮世絵から見える江戸時代の人々

女の子の健やかな成長と幸せを祈って

KUMONグループの活動  2020/02/25更新

Vol.343 「学習療法」を施設に活かす

可能性をあきらめない

KUMONトピックス カテゴリー別インデックス

記事アクセスランキング

おすすめ記事 Recommended Articles
OB・OGインタビュー
Catch the Dream 夢をかなえる力
NEW
Vol.068 後編
バレエダンサー
ニコライ・ヴィユウジャーニンさん
「石の上にも三年」の気持ちで 一歩一歩進んでいけば 山も登れる
Vol.068 前編
バレエダンサー
ニコライ・ヴィユウジャーニンさん
「石の上にも三年」の気持ちで 一歩一歩進んでいけば 山も登れる
Vol.067
AKB48
武藤十夢さん
「可能性の追求」を続けて 新しい扉を自分で開こう
Vol.066
ジュエリーアーティスト
Lily/福嶋真由子さん
楽しいこともつらいことも すべてのことには意味があり 「学び」や「チャンス」につながる 経験となる
スペシャルインタビュー
Academic Milestones 学びを究める力
NEW
Vol.060 後編
合同会社MAZDA Incredible Lab CEO
松田孝さん
プログラミングをきっかけに 未来社会に向けて 「新しい学び」を獲得していこう
Vol.060 前編
合同会社MAZDA Incredible Lab CEO
松田孝さん
プログラミングをきっかけに 未来社会に向けて 「新しい学び」を獲得していこう
Vol.059
慶應義塾大学医学部
精神・神経科学教室専任講師・医学博士
佐渡充洋先生
「ネガティブな自分」を 理解することは「ポジティブな学び」 楽しいことも苦しいことも一生懸命体験しよう
Vol.058
早稲田大学 教育・総合科学学術院 教授
澤木泰代先生
言語を学べば、 知らなかったことを知ることができる 一歩一歩、「知るよろこび」「進むよろこび」を味わおう
KUMON now! フェイスブックページ
KUMON now!に「いいね」して、子育てに役立つ情報を受け取ろう!