トップ > KUMON now! > スペシャルインタビュー > 広島大学 教育開発国際協力研究センター長 吉田和浩先生(後編)

スペシャルインタビュー
Academic Milestones - 学びを究める力

2018/05/18更新

Vol.049 広島大学 教育開発国際協力研究センター長
吉田 和浩先生  後編

日本は「教育」で世界に貢献できる
持続可能で平和な社会を築くことが
「教育の国際協力」のゴール

吉田 和浩 (よしだ かずひろ)
長野県生まれ。獨協大学外国語学部英語学科を卒業後、商社に就職。海外コンサルティング企業協会の研究員に転じ、英国のサセックス大学の開発学研究所IDS(Institute of Development Studies)に留学。開発学修士。その後世界銀行に入行、アフリカ局人的資源エコノミストとして、ガーナ、ナイジェリア、ザンビアなどの教育プロジェクト担当、人間開発ネットワーク副総裁室業務官、国際協力銀行開発セクター部社会開発班課長などを経て、2006年4月より広島大学教育開発国際協力研究センター助教授、2009年10月より教授、13年4月から同センター長に就任。

日本の学校教育は、学力・体力・人間性がバランスよく含まれ、全人的な教育が行われているとされますが、世界には、学校に通えない子どもたちが多くいる国や、子どもたちが学校に通っていても「学びが身についていない」という問題を抱える国も少なくありません。そうした問題の解決に向けて、大学の知を有効に活用し教育の分野で国際協力を実践するため、日本で初めての研究拠点として設立されたのが広島大学教育開発国際協力研究センターです。センター長である吉田先生が考える「教育の国際協力」のゴールとは? 教育開発の現状と課題、日本の役割などをうかがいました。

得意の英語が海外に目を向けるきっかけに
「開発とは何か」を問い続けた留学時代

じつは私は中学時代、職員会議の議題となるような素行不良の少年でした(笑)。そんな私を更生させようとしたのか、あるとき英語の先生から、「英語の弁論大会に出ないか」と声をかけられ、夏休みに猛特訓させられました。結果は、大方の予想に反して県大会5位入賞でした。

当時英語は得意ではありませんでしたが、その直後の英語の試験は98点。がぜん英語がおもしろくなってきました。すると他の教科もおもしろくなり、成績も上がってきたのです。海外のことに目が向くようになったのは、この頃に英語が好きになったことが大きく影響していると思います。

高校は、シェイクスピアの戯曲を学校祭で発表するという名門英語クラブがある学校に進学。そこで発音をはじめ英語を徹底的に鍛えられました。その後、外国語学部がある大学に進み、「国際関係」のゼミで社会問題や時事問題を英語で読んだり議論したりすることに没頭しました。

大学卒業後は英語を使った仕事に就きたいと、商社に入社。そこで発電関連の仕事に携わり、インドやスリランカ、イラクなどの途上国に行く機会に恵まれました。そのように途上国で仕事をするうち、できあがったプロジェクトではなく、最初のストーリーづくりからかかわりたいと思うようになり、海外の開発事業関連の社団法人の研究員となります。そこから、国際的に評価が高い英国のサセックス大学の開発学研究所、IDS(Institute of Development Studies)に留学することになりました。

IDSでは「Development」、日本語でいうところの「開発」について、貧困問題や農村開発、世界経済格差の構造などを含め、多面的に学びました。ハンス・シンガー教授、マイケル・リプトン教授、ロバート・チェンバース教授など、開発経済学の第一人者が教授陣に揃っていましたが、授業は難しく、むしろ「そもそも開発とは何なのか」を考える日々でした。

吉田先生が英国での留学時代から抱いていた葛藤とは?

関連記事

2018/05/11更新

Vol.049 広島大学 教育開発国際協力研究センター長
吉田 和浩先生

日本は「教育」で世界に貢献できる 持続可能で平和な社会を築くことが 「教育の国際協力」のゴール

2016/01/22更新

Vol.028 早稲田大学大学院アジア太平洋研究科教授
早稲田大学国際部長 黒田一雄先生

教育がもたらす希望は大きい 多様性のなかでの学びが 真の豊かさをもたらす

2015/11/20更新

Vol.026 立命館アジア太平洋大学学長 是永駿先生

「一人ひとりが尊い命」 異なる他者を思いやれる人こそ 真のグロ―バル人材

2015/11/27更新

Vol.026 立命館アジア太平洋大学学長 是永駿先生

「一人ひとりが尊い命」 異なる他者を思いやれる人こそ 真のグロ―バル人材

2016/01/29更新

Vol.028 早稲田大学大学院アジア太平洋研究科教授
早稲田大学国際部長 黒田一雄先生

教育がもたらす希望は大きい 多様性のなかでの学びが 真の豊かさをもたらす

バックナンバー

2020/08/28更新

Vol.063 往来物研究家
小泉吉永先生

江戸の知恵には学びがあふれている “好き”をとことん掘り下げて 出会いを引き寄せよう

2020/05/08更新

Vol.062 筑波大学国際発達ケア:エンパワメント科学研究室教授・保健学博士
安梅勅江先生

「エンパワメント」の力が 「みんなが夢を持てる世界」を実現する

2020/04/03更新

Vol.061 臨床心理士、国際TA協会公認交流分析家
末松渉先生

「心の危機」は成長の機会でもある 「学ぶ喜び」を知って 「生きる力」にしていこう

2020/02/21更新

Vol.060 合同会社MAZDA Incredible Lab CEO
松田孝さん

プログラミングをきっかけに 未来社会に向けて 「新しい学び」を獲得していこう

2020/01/10更新

Vol.059 慶應義塾大学医学部
精神・神経科学教室専任講師・医学博士
佐渡充洋先生

「ネガティブな自分」を 理解することは「ポジティブな学び」 楽しいことも苦しいことも一生懸命体験しよう

記事アクセスランキング

おすすめ記事 Recommended Articles
KUMONトピックス
Feature Report 進化し続ける活動
カテゴリーを表示
NEW
Vol.370
浮世絵から見える江戸時代の人々「重陽の節句」
大輪の菊に健康と長寿を願う ~人々の暮らしと「重陽の節句」の関係~
Vol.369
特別企画 子育てのヒント‐「自立」のためにできること(2)
子どもの自立に「甘え」は欠かせない 「甘えさせる」と「甘やかす」の見極めが大事 お話:子育てカウンセラー・心療内科医 明橋大二先生
Vol.368
~創始者公文公の言葉より~
    公文式の原点⑤            <学年を越えて進む>
Vol.367
あきびんごさん×くもん出版 絵本制作編
絵本制作に込められた 絵本作家あきびんごさんと 編集者の想い
OB・OGインタビュー
Catch the Dream 夢をかなえる力
NEW
Vol.072 後編
読売巨人軍 球団職員
矢貫俊之さん
行き詰まっても逃げないで あきらめずにぶつかって 答えは自分で見つけよう
Vol.072 前編
読売巨人軍 球団職員
矢貫俊之さん
行き詰まっても逃げないで あきらめずにぶつかって 答えは自分で見つけよう
Vol.071
アート・トランスレーター
田村 かのこさん
今ある“型”にはまらなくていい 自分にできることを一つずつ進めていけば自ら“型”をつくることができる
Vol.070
文化遺産コンサルタント
佐々木義孝さん
「今の環境でしか出来ないこと」から 「その環境で自分が夢中になれること」 を探して、実践していくと、道は開けてくる
KUMON now! フェイスブックページ
KUMON now!に「いいね」して、子育てに役立つ情報を受け取ろう!