OB・OGインタビュー
Catch the Dream - 夢をかなえる力

2022/10/14更新

Vol.091

千房株式会社 代表取締役社長
中井貫ニさん  前編

「全人格格闘技」
目の前のことに全力を尽くして
「ありがとう」の感謝の心で生きていこう

中井 貫二 (なかい かんじ)

大阪府出身。慶応義塾大学経済学部を卒業後、野村證券に14年間勤務。父の中井政嗣さんが創業した「千房」の2代目社長になる予定だった長兄の急逝にともない、2014年専務として「千房」に入社。社内の改革を推し進め、45周年となった2018年に社長に就任。大阪外食産業協会会長、道頓堀商店会副会長など要職に就く一方、篤志面接委員として受刑者の改善更生に向けた面接、講話活動を行い再犯防止に取り組む。受刑者の更生保護を目指す公益社団法人OMOIYARIプロジェクト理事も務める。

「食い倒れの街」大阪から、本場のお好み焼きの味を全国に広めた「千房」。現在は店の雰囲気やメニューの異なる姉妹店も展開、その一方で元受刑者を雇用する取り組みを10年以上続けています。中井貫二さんは、証券会社の営業から一転、8年前に創業者である父から社長のバトンを受け取りました。大阪の飲食業界や地域を盛り上げる活動とともに、「職親プロジェクト」など更生支援も続けています。中井さんも関わりのある更生施設では、公文式学習の導入をスタート。ご自身も公文式を学習した経験から、「人間としての基礎力が身につく」と期待を寄せています。その「基礎力」とは。これまでの道のりや、元受刑者の就労支援の意義とともに語っていただきました。

「前味」「中味」「後味」、
3つそろって「千房」の味ができあがる

中井貫ニさん

私が社長を務める「千房」は、父が創業した会社で、来年で設立50周年を迎えます。お好み焼きと鉄板焼きがメインの「千房」のほか、居酒屋やおでん屋も展開し、オンラインなどで冷凍お好み焼きも販売しています。

私は事務所でさまざまな決裁をしたりオンライン会議をしたり、ときには直接千房の店舗に行ったり……という社長業のほか、大阪外食産業協会の会長や道頓堀商店会の副会長も務め、大阪の外食産業や地域を盛り上げようとイベントや渉外活動に関わっています。大阪外食産業協会が2025年の大阪・関西万博に出展予定なので、現在その準備を進めているところです。

大阪・道頓堀界隈には、江戸時代から芝居小屋があり、そこで芝居を観て屋台などで食事する、という独特の文化がありました。「食とエンターテインメントの街」であり、「おいしいものをより安く食べられる」というのが大阪の食といえます。

ですが、実は千房は「安い」とは一線を画しています。例えばバラ肉を使っている店が多い時代に我々はロース肉を、ゲソではなくてモンゴウイカ、また有頭海老をドーンと使うなど、他よりワンランク上の食材を使用して差別化しています。

何より大切にしているのが、「前味」「中味」「後味」の3つです。元気な「いらっしゃいませ」の笑顔が「前味」、お好み焼きそのものの味が「中味」、そして食べ終わってから後の印象が「後味」です。「中味」では最後の最後に「人間味」をどこまでかけられるかが決め手になります。そうして千房の味が完成します。

私は8年前に千房に入社し、4年前に社長になりました。それまで証券会社に勤務し、従業員組合の代表をするなどいろいろな経験をして、妻子を持ち、東京に家も購入していました。

そんなとき、父から実家に戻るよう連絡がありました。父の後を継いで社長になる予定だった長兄が病気のため社会復帰が難しく、代わりに社長をやってくれないか、というのです。

私は3人兄弟の末っ子で、父は自分の会社に入れるのは一人だけと決めていました。次兄と私には「自分の人生は自分で切り開け」と言っていました。なので、私もそのつもりでしたが、このとき「わかりました」と即答しました。

なぜ即答できたか。私は幼少期から父に、「誰のおかげでご飯食べて生きてられるか、わかっとるのか。俺じゃないぞ。千房の従業員が夜遅くまでお好み焼きを焼いてくれてるからや。感謝しなさい」といわれ続けていました。入社式、社員旅行、球技大会などすべての行事に参加し、千房とともに生まれ育ってきました。ですから従業員は家族同然です。後継者がいなくて“家族”が困っているなら、断る理由はない。自分が社長になることで恩返しをしたいと思いました。

父と母、人生の恩師からの教え

関連記事

2022/10/21更新

Vol.091 千房株式会社 代表取締役社長
中井貫ニさん

「全人格格闘技」 目の前のことに全力を尽くして 「ありがとう」の感謝の心で生きていこう

2022/08/19更新

Vol.090 スキージャンパー
渡邉陽さん

「やり抜く力」を身につけて 楽しみながらあきらめずに続けよう

2022/08/05更新

Vol.090 スキージャンパー
渡邉陽さん

「やり抜く力」を身につけて 楽しみながらあきらめずに続けよう

KUMONグループの活動  2022/03/01更新

Vol.437 「デニム調」「KUMONブルーのストライプ」「ライムカラー」に注目!

新KUMONバッグ登場 ~制作秘話を担当者にインタビュー~

KUMONグループの活動  2022/09/27更新

Vol.456 ドバイにFC第1号公文式教室開設

子どもたち一人ひとりを知り、 可能性を最大限引き出したい

バックナンバー

2022/10/14更新

Vol.091 千房株式会社 代表取締役社長
中井貫ニさん

「全人格格闘技」 目の前のことに全力を尽くして 「ありがとう」の感謝の心で生きていこう

2022/08/05更新

Vol.090 スキージャンパー
渡邉陽さん

「やり抜く力」を身につけて 楽しみながらあきらめずに続けよう

2022/07/08更新

Vol.089 モデル・インフルエンサー
山口厚子さん

悩んだからこそ気づいた「自分の幸せ」 周囲の目を気にせず 「わが道」を堂々と進んでいこう

2022/05/13更新

Vol.088 絵本作家
きもとももこさん

人にはそれぞれ“すわる場所”がある やりたいことを見つけて続けていけば きっとそこへたどり着ける

2022/03/25更新

Vol.087 ピアニスト
中川優芽花さん

「まずは行動して、失敗して、学ぶ」 プロセスは 音楽にも勉強にも大切なもの 失敗しても、すべての経験は力になる

記事アクセスランキング
おすすめ記事 Recommended Articles
KUMONトピックス
Feature Report 進化し続ける活動
カテゴリーを表示
NEW
Vol.462
KUMONの取り組むSDGsを考える④後編
教育はSDGsの基盤 一人ひとりに向き合いながら 「ソーシャルグッド」を目指して
Vol.461
KUMONの取り組むSDGsを考える④前編
教育はSDGsの基盤 一人ひとりに向き合いながら 「ソーシャルグッド」を目指して
Vol.460
公文式の使命、教材改訂に込める情熱物語
国語教材改訂の舞台裏 ~国語4A~2A~
Vol.459
英語で社会の課題解決策を考えよう
地球社会に貢献する有能な人材を育てる Kumon English Immersion Activities
スペシャルインタビュー
Academic Milestones 学びを究める力
NEW
Vol.072 後編
名古屋大学博物館 機能形態学者
藤原 慎一先生
さまざまな知識が ひも付いたときが研究の醍醐味 そのために学びをどんどん拡げよう
Vol.072 前編
名古屋大学博物館 機能形態学者
藤原 慎一先生
さまざまな知識が ひも付いたときが研究の醍醐味 そのために学びをどんどん拡げよう
Vol.071
メディアと広報研究所 主宰
尾関 謙一郎さん
多角的な見方を磨き、 自分だけの価値を見つけよう
Vol.070
特別対談 未来を生きる子どもたちのために③
学び合いが創り出す KUMONならではのホスピタリティ
KUMON now! フェイスブックページ
KUMON now!に「いいね」して、子育てに役立つ情報を受け取ろう!