OB・OGインタビュー
Catch the Dream - 夢をかなえる力

2022/03/25更新

Vol.087

ピアニスト
中川優芽花さん  前編

まずは行動して失敗して学ぶプロセスは
音楽にも勉強にも大切なもの
失敗しても、すべての経験は力になる

中川 優芽花 (なかがわ ゆめか)

2001年ドイツ・デュッセルドルフ市生まれ。日本人学校を経て小学3年生から現地校へ編入。4歳でピアノを習いはじめ、10歳となった2012年から18年まで学校の勉強と平行してデュッセルドルフ市のロベルト・シューマン音楽大学のジュニアコースで学ぶ。高校時代にはイギリスで最も古い専門音楽学校The Purcell School for Young musicianに留学。現在はドイツのフランツ・リスト・ワイマール音楽大学在学中。2022年3月には日本でソロリサイタルを開催。

若手ピアニストの登竜門として知られるクララ・ハスキル国際ピアノコンクールにおいて、19歳で見事優勝された中川優芽花さん。「ここまでこられたのは、周囲の方々のおかげ」と感謝の気持ちをのべる中川さんは、ドイツで生まれ育ち、学校やピアノのレッスンに加え現地の公文式教室にも通われました。そこで身につけた集中力や理解力は、現在にも活かされているそうです。現在住んでいるワイマールの街が大好きという中川さんに、ピアニストを目指すまでの道のりのほか、街の魅力やドイツでの日常生活など幅広くうかがいました。

バッハ、リスト、ゲーテ、シラー……
偉人たちに出会える歴史と文化の街ワイマール

中川優芽花さんワイマールの街中で(ゲーテ&シラー像)

私が住んでいるワイマールという街は、ドイツ中部のテューリンゲン州にあります。地図で見るとドイツのちょうど真ん中あたりです。ドイツといえばソーセージを連想する方もいると思いますが、中でもテューリンゲン・ソーセージは名物で、炭火で焼いたものが屋台で売られています。私も大好きです。こちらに来る機会があれば、ぜひ食べていただきたいですね。

通学しているフランツ・リスト・ワイマール音楽大学の目の前には、バッハの銅像があるほか、街にゆかりのあるゲーテやシラーなどの詩人、そしてもちろんリストなど、街中には文化を創り上げてきた方々の銅像があります。歴史の面影が色濃く残り、発展的とはいえないかもしれませんが、その分、人々は落ち着いていて優しくフレンドリー。小さな街なので、歩いていると同級生にバッタリ会うことも多く、そこでコミュニケーションが弾んだりします。

フランツ・リスト・ワイマール音楽大学は、ハンガリー生まれの作曲家フランツ・リストの後押しで1872年にできました。今年150周年を迎えるにあたり、いろいろなイベントが準備されています。校舎のたたずまいも歴史を感じさせ、内装は木をメインに使っていてとても雰囲気があります。

私はここでピアノを学んでいますが、室内楽に力を入れている大学なので、ピアノ以外の楽器を専攻する学生たちと接することも多く、お互いに知識を共有し、スキルを高め合うことができます。

大学は2学期制で、学期中にソロや室内楽のコンサートを行います。とくに室内楽は試験を兼ねたコンサートをすることが多いので、それに向けて室内楽を専門に教えていらっしゃる先生からもご指導をいただくことができ、いろいろな観点から学べることがこの大学のすばらしい点です。また落ち着いた環境で練習することができ、とても充実した日々を送っています。

ドイツの音楽大学は、必修科目もありますが、いつ習得するかは自分で決められ、自分で組み合わせて計画・管理します。私は集中できるという理由で、だいたい午後から大学に練習しに行くので、講義は午前中のものを選択することが多いです。大学近くの学生用アパートで一人暮らしをしているので、午前中は家の掃除など家事をしています。

毎日4時間ほどピアノを弾いていますが、気分転換として、友人とオンラインゲームをしたり、料理をしたりしています。友人たちは皆個々に活動しているので、日中はなかなか時間が合わず、交流できるのは夜中になってしまうことが多いです。料理する時間もまちまちで、昨日は夜中にツイストドーナッツを作りました。

自由奔放な幼少時代

関連記事

2022/04/01更新

Vol.087 ピアニスト
中川優芽花さん

「まずは行動して、失敗して、学ぶ」 プロセスは 音楽にも勉強にも大切なもの 失敗しても、すべての経験は力になる

2021/11/09更新

Vol.421 Forbes JAPANに当社社長が掲載

Webメディア 『Forbes JAPAN』 Brand Voiceにて、 公文式の誕生の経緯から、 「オンライン&教室学習」の導入、これからの展望について語りました

KUMONグループの活動  2022/11/22更新

Vol.462 KUMONの取り組むSDGsを考える④後編

教育はSDGsの基盤 一人ひとりに向き合いながら 「ソーシャルグッド」を目指して

KUMONグループの活動  2022/11/15更新

Vol.461 KUMONの取り組むSDGsを考える④前編

教育はSDGsの基盤 一人ひとりに向き合いながら 「ソーシャルグッド」を目指して

KUMONグループの活動  2022/09/06更新

Vol.453 3歳から長く学べる、楽しくプログラミングが体感できる!

プログラミングおしゃべりロボット 『テイルボット プロセット』

バックナンバー

2022/10/14更新

Vol.091 千房株式会社 代表取締役社長
中井貫ニさん

「全人格格闘技」 目の前のことに全力を尽くして 「ありがとう」の感謝の心で生きていこう

2022/08/05更新

Vol.090 スキージャンパー
渡邉陽さん

「やり抜く力」を身につけて 楽しみながらあきらめずに続けよう

2022/07/08更新

Vol.089 モデル・インフルエンサー
山口厚子さん

悩んだからこそ気づいた「自分の幸せ」 周囲の目を気にせず 「わが道」を堂々と進んでいこう

2022/05/13更新

Vol.088 絵本作家
きもとももこさん

人にはそれぞれ“すわる場所”がある やりたいことを見つけて続けていけば きっとそこへたどり着ける

2022/03/25更新

Vol.087 ピアニスト
中川優芽花さん

「まずは行動して、失敗して、学ぶ」 プロセスは 音楽にも勉強にも大切なもの 失敗しても、すべての経験は力になる

記事アクセスランキング
おすすめ記事 Recommended Articles
KUMONトピックス
Feature Report 進化し続ける活動
カテゴリーを表示
NEW
Vol.463
『くもんの日本地図パズル』25周年、『くもんの世界地図パズル』20周年
皆さまに愛され続け、 『くもんの日本地図パズル』は25周年、 『くもんの世界地図パズル』は20周年を迎えることができました。
Vol.462
KUMONの取り組むSDGsを考える④後編
教育はSDGsの基盤 一人ひとりに向き合いながら 「ソーシャルグッド」を目指して
Vol.461
KUMONの取り組むSDGsを考える④前編
教育はSDGsの基盤 一人ひとりに向き合いながら 「ソーシャルグッド」を目指して
Vol.460
公文式の使命、教材改訂に込める情熱物語
国語教材改訂の舞台裏 ~国語4A~2A~
スペシャルインタビュー
Academic Milestones 学びを究める力
NEW
Vol.072 後編
名古屋大学博物館 機能形態学者
藤原 慎一先生
さまざまな知識が ひも付いたときが研究の醍醐味 そのために学びをどんどん拡げよう
Vol.072 前編
名古屋大学博物館 機能形態学者
藤原 慎一先生
さまざまな知識が ひも付いたときが研究の醍醐味 そのために学びをどんどん拡げよう
Vol.071
メディアと広報研究所 主宰
尾関 謙一郎さん
多角的な見方を磨き、 自分だけの価値を見つけよう
Vol.070
特別対談 未来を生きる子どもたちのために③
学び合いが創り出す KUMONならではのホスピタリティ
KUMON now! フェイスブックページ
KUMON now!に「いいね」して、子育てに役立つ情報を受け取ろう!