OB・OGインタビュー
Catch the Dream - 夢をかなえる力

2016/08/05更新

Vol.035

経済学者 澤田康幸先生  後編

学び本質とは
新しい発見」に行きつくこと
努力を怠らずにやり抜こう

澤田 康幸 (さわだ やすゆき)

兵庫県生まれ。1990年慶應義塾大学経済学部卒業。大阪大学大学院などを経て渡米し、1999年にスタンフォード大学大学院経済学部博士課程を修了(Ph.D. 取得)。同年東京大学大学院総合文化研究科助教授に就任。現在は東京大学大学院経済学研究科教授。専門は開発経済学、応用ミクロ計量経済学、フィールド実験。著書に『自殺のない社会へ』(有斐閣、20013年、共著)、『巨大災害・リスクと経済』(日本経済新聞出版社、2014年、編著)など。

開発経済学を専門とし、とくに開発途上国における教育開発や貧困問題の研究で知られる澤田康幸先生。フィールド実験という手法により、バングラデシュの農村で子どもたちの学力向上のための効果測定や、東日本大震災のなどの被災地やフィリピンなど発展途上国の貧困地域で調査を行い、現地に住む人々のより良い暮らしにつながる研究を続けています。経済学は「人間活動に関する総合的な学問」という澤田先生に、経済学の重要性とともに、開発経済に関心をもったきっかけや研究のおもしろさなどについてうかがいました。

アメリカで得た「人との出会い」と「さまざまな人とのつながり」

澤田康幸先生

大阪大学大学院では、経済学について徹底したトレーニングを受け、修士論文は開発経済学で最も権威のある国際的な学術雑誌 Journal of Development Economicsに掲載されました。安場保吉先生、高木信二先生、コリン・マッケンジー先生、柴田章久先生など素晴らしい先生に恵まれ、研究の精神や経済学とは何たるかをたたき込まれたからこその結果でした。このことは、後になって効いてきます。研究の世界では、とにかく良い研究をして認められることが最重要だからです。

その後は、スタンフォード大学に留学して、開発経済学のプログラムで学びました。ところが、しばらくして私が所属していたプログラムが廃止になることがわかり、同大の経済学部に入り直します。この開発経済学のプログラムの学生は皆、現地に行って自分でデータを集めたり経済実験をやったりして、それを解析して論文を書くという、今から思えば当時としては先進的なスタイルの研究を行っていました。社会人類学のフィールドワークと、経済学のミクロ実証研究を合わせたようなおもしろさで、私もそうしたスタイルに倣いました。

そうしてまとめた博士論文が、パキスタンの村の子どもの就学に関するものです。農村では不作などにより所得が変動し、それによって子どもが就学できないことがあります。その問題について、何ヶ月もかけ多くの村を訪れてインタビューを重ね、最終的に23の村の2000人以上の子のデータをとって解析し、まとめました。この研究もその後、Journal of Development Economicsに掲載されました。

大学院の夏休みに、世界銀行でインターンをしたのも良い経験だったと思います。アメリカで学んでよかったことは、人との「出会い」と「つながり」です。本や論文でしか見たことのない綺羅星のような教授たち、世銀の著名エコノミスト、世界中から集まった超優秀な学生たちから、日々新しい様々な考え方に触れることができ、大いに刺激を受けました。今でもそのネットワークが活かされています。これらはアメリカ留学したからこそ経験できたことです。就職もアメリカでしようといくつかの大学からAssistant Professorのオファーももらったのですが、東大から開発経済学の専門家を探していると終身雇用(テニュア)のある条件で誘われ、悩みましたが、帰国を決めました。そうして現在に至っています。

澤田先生が考える「学び」とは?

関連記事

2016/07/29更新

Vol.035 経済学者 澤田康幸先生

学びの本質とは 「新しい発見」に行きつくこと 努力を怠らずにやり抜こう

2016/11/25更新

Vol.038 経済学者 松繁寿和 先生

教育による人の成長は人的資本としての価値を高める「自分がどう生きたいか」を考えよう

2016/11/18更新

Vol.038 経済学者 松繁寿和 先生

教育による人の成長は 人的資本としての価値を高める 「自分がどう生きたいか」を考えよう

2018/05/18更新

Vol.049 広島大学 教育開発国際協力研究センター長
吉田 和浩先生

日本は「教育」で世界に貢献できる 持続可能で平和な社会を築くことが 「教育の国際協力」のゴール

KUMONグループの活動  2017/11/21更新

Vol.236 貧困層の子どもたちへ持続的な教育支援を目指して

世界最大級の NGO団体 BRACとの協働により、 バングラデシュに初の公文式教室開設!

バックナンバー

2021/01/08更新

Vol.074 女子レスリング選手
登坂絵莉さん

「よくがんばったね!」は 子どもを成長させる魔法の言葉 前へ前へと進んでいける

2020/11/06更新

Vol.073 講談師
旭堂南湖さん

最初から100点満点を目指さなくていい 間違ってもいいから繰り返し、 続けていけば、芸も学びも磨かれる

2020/09/11更新

Vol.072 読売巨人軍 球団職員
矢貫俊之さん

行き詰まっても逃げないで あきらめずにぶつかって 答えは自分で見つけよう

2020/08/07更新

Vol.071 アート・トランスレーター
田村 かのこさん

今ある“型”にはまらなくていい 自分にできることを一つずつ進めていけば自ら“型”をつくることができる

2020/07/10更新

Vol.070 文化遺産コンサルタント
佐々木義孝さん

「今の環境でしか出来ないこと」から 「その環境で自分が夢中になれること」 を探して、実践していくと、道は開けてくる

記事アクセスランキング
おすすめ記事 Recommended Articles
KUMONトピックス
Feature Report 進化し続ける活動
カテゴリーを表示
NEW
Vol.392
~創始者公文公の言葉より~
    公文式の原点⑪            <高校でできるようにする>
Vol.391
公文式日本語最終教材修了生が語る自学自習の魅力とは?
自学自習でコツコツ学習することで、 「やればできる」経験を積み、 その先の挑戦へ!
Vol.390
タイム誌による初めての「Kid of the Year(キッド・オブ・ザ・イヤー)」に選出
ギタンジャリ・ラオ(Gitanjali Rao)さん 得意な科学と技術を使って 人を笑顔にしたい
Vol.389
家庭学習調査2020(1)
子どもの家庭での過ごし時間の変化
家庭学習調査から見える 「新学習指導要領」の認知と評価、 そしてオンライン学習の実態は?
スペシャルインタビュー
Academic Milestones 学びを究める力
NEW
Vol.065 後編
もり内科クリニック院長
布施医師会(東大阪市)理事
田仲みすず先生
「できること」「得意なこと」に目を向けよう できないことが増えても、まわりが上手に合いの手を入れる 「お餅つきサポート」で、地域の誰もが笑顔になる
Vol.065 前編
もり内科クリニック院長
布施医師会(東大阪市)理事
田仲みすず先生
「できること」「得意なこと」に目を向けよう できないことが増えても、まわりが上手に合いの手を入れる 「お餅つきサポート」で、地域の誰もが笑顔になる
Vol.064
神田外語大学 特任講師
上原雅子先生
言語は「伝える」ためにある 「伝えたい」という気持ちを込めて 自分の意見を発言してみよう
Vol.063
往来物研究家
小泉吉永先生
江戸の知恵には学びがあふれている “好き”をとことん掘り下げて 出会いを引き寄せよう
KUMON now! フェイスブックページ
KUMON now!に「いいね」して、子育てに役立つ情報を受け取ろう!