OB・OGインタビュー
Catch the Dream - 夢をかなえる力

2016/04/15更新

Vol.031 起業家 マリタ・チェンさん  後編

世界チャンスに満ちている
テクノロジー
世界の人々を助けたい

Marita Cheng (マリタ・チェン)
1989年オーストラリアのケアンズ生まれ。工学とコンピューターを学んでいた学生時代に、学生団体「ロボギャルズ」を設立、2012年には「ヤング・オーストラリアン・オブ・ザ・イヤー」を受賞。現在は人々の役に立つロボットを作る「2Mar Robotics」と視覚障害者のためのiPhoneアプリを作る「Aipoly」の2つの会社を経営している。

女子学生にロボット工学の楽しさを紹介する団体を大学在学中に立ち上げ、現在は起業家として2つの会社を経営する、オーストラリア人のマリタさん。2012年には同国を代表する栄誉である「ヤング・オーストラリアン・オブ・ザ・イヤー」に選ばれた27歳の彼女に、ロボット工学の魅力、そして彼女の事業と夢についてうかがいました。

女子学生たちにロボット工学の
魅力を伝えることにやりがい

大学では工学とコンピューター・サイエンスを学びました。いつか自分のロボット会社を作りたいと思っていました。19歳のときに、Robogals(ロボギャルズ)という学生団体を創設しました。男性が多くを占めるロボット工学分野にもっと女性を呼び込むべく、さまざまなワークショップを行う団体です。アメリカ、イギリス、日本などの国で、現在までに5万人以上の女子学生たちのために、ロボット工学の魅力を伝えるワークショップを開催してきました。この活動が評価されて2012年に受賞したのが、オーストラリアの若手ロールモデルに贈られる賞、「ヤング・オーストラリアン・オブ・ザ・イヤー」です。

数多くの人材が集まることでアイディアも多様化しますので、ロボット産業界はもっと女性を雇用したがっています。実際に大学では、数学や科学を学ぶ女子学生に対してさまざまな奨学金も与えています。ただ、業界の一部にまだ男性社会的な空気が残っていることもあって、女性はまだまだ少ないのが現状です。

Robogalsではさまざまなワークショップを行い、女子学生たちにロボット工学の魅力を伝えてきました。私が自分の体験を話すことで、「20代の女の子のマリタが、アップルのような会社と仕事ができるなら、私にもできる!」と思ってもらえましたし、ロボットがいかに人間の生活にインパクトを与えるかを話すと、「自分の仕事が社会の役に立てるのかもしれない!」と心を動かしてくれる女の子もいて、やりがいがあります。

あるとき、大学を中退した若い男の子たちがシンプルなロボットを製作して売り始めたことを知り、「彼らができるなら私にもできる」と思いました。ロボットを作るのに、博士号は必ずしも必要ないんですね。それで私はロボットを作る今の会社を設立しました。

うまくいかない時のマリタさん流の乗り越え方とは?

関連記事

2016/04/08更新

Vol.031 起業家 マリタ・チェンさん

世界はチャンスに満ちている テクノロジーの力で 世界の人々を助けたい

バックナンバー

2019/11/29更新

Vol.065 弁護士・薬剤師・弁理士
中村智広さん

一つひとつ積み重ねた結果、今がある 枠にとらわれず好奇心をもち、 学び続けて前進しよう

2019/09/27更新

Vol.064 小説家
伊与原新さん

自分の手をたくさん動かし続けて 小さな成功体験を積み重ねれば 見える世界は広がっていく

2019/06/19更新

Vol.063 JAXA 宇宙航空研究開発機構 主任研究開発員
渡辺英幸さん

柔軟な価値観を持ち 変化を不安と思わずに チャンスととらえて楽しもう

2019/05/31更新

Vol.062 国連広報センター所長
根本かおるさん

「好奇心」は大切な原動力 What, Why, Howを自らに問いかけて 思考やものの見方を広げよう

2019/04/17更新

Vol.061 イラストレーター
ながおかえつこさん

迷ったときにはまず自ら動こう 周囲の空気が対流し 先につながる流れができてくる

記事アクセスランキング

おすすめ記事 Recommended Articles
KUMONトピックス
Feature Report 進化し続ける活動
カテゴリーを表示
NEW
Vol.334
公文書写-「令和」を綺麗に書く
新元号「令和」を 綺麗に書くポイントを学び、 手書き文字の魅力を体感しよう ~公文エルアイエル~
Vol.333
教室で学ぶフランス語・ドイツ語
フランス語・ドイツ語学習を通じて 外国語学習の楽しさを知り、 新しい世界を広げる
Vol.332
子どもたちが「できた」を体感
「見て、ふれて、体感できる」が KUMON PARKのコンセプト 保護者の方のご質問にもお答えします
Vol.331
単位制高校(通信制)ミニフォーラム
学校と企業の協働 すべては生徒を伸ばしたい思いから ~公文式導入校の先生方の学びの活動~
スペシャルインタビュー
Academic Milestones 学びを究める力
NEW
Vol.058 後編
早稲田大学 教育・総合科学学術院 教授
澤木泰代先生
言語を学べば、 知らなかったことを知ることができる 一歩一歩、「知るよろこび」「進むよろこび」を味わおう
Vol.058 前編
早稲田大学 教育・総合科学学術院 教授
澤木泰代先生
言語を学べば、 知らなかったことを知ることができる 一歩一歩、「知るよろこび」「進むよろこび」を味わおう
Vol.057
中部大学 副学長 国際センター長
辻本雅史先生
くり返しによる「学びの身体化」で その学びは本物になる 学び続けて生涯自分を成長させよう
Vol.056
声楽家
安田祥子さん
歌いかけは親子をつなぐ大切な時間 童謡が持つ日本語の豊かさを大切に
KUMON now! フェイスブックページ
KUMON now!に「いいね」して、子育てに役立つ情報を受け取ろう!