OB・OGインタビュー
Catch the Dream - 夢をかなえる力

2016/04/08更新

Vol.031

起業家 マリタ・チェンさん  前編

世界チャンスに満ちている
テクノロジー
世界の人々を助けたい

Marita Cheng (マリタ・チェン)

1989年オーストラリアのケアンズ生まれ。工学とコンピューターを学んでいた学生時代に、学生団体「ロボギャルズ」を設立、2012年には「ヤング・オーストラリアン・オブ・ザ・イヤー」を受賞。現在は人々の役に立つロボットを作る「2Mar Robotics」と視覚障害者のためのiPhoneアプリを作る「Aipoly」の2つの会社を経営している。

女子学生にロボット工学の楽しさを紹介する団体を大学在学中に立ち上げ、現在は起業家として2つの会社を経営する、オーストラリア人のマリタさん。2012年には同国を代表する栄誉である「ヤング・オーストラリアン・オブ・ザ・イヤー」に選ばれた27歳の彼女に、ロボット工学の魅力、そして彼女の事業と夢についてうかがいました。

ロボットとアプリ開発、2つの会社を起業

マリタ・チェンさん

私は現在、2つの会社を経営しています。2013年に設立したのが、ロボットを開発する2Mar Roboticsという会社。今、この会社で作っている「テレプレゼンス・ロボット」は、自分の分身のようにロボットを別の場所に置くことで、同時に2つの場所にいることを可能にするロボットです。これにより、たとえば多くのビジネスマンが、会議や報告のための出張を省くことができると思います。1年半かけて開発をすすめ、2か月後には100台が製品化される予定で、今はとても忙しくしています。

もう一社は、2015年に共同設立したAipolyという会社です。こちらでは、目が不自由な方々のために、iPhoneで写真を撮るとその画面が音声で説明されるアプリを開発しました。これは私がアメリカのシンギュラリティ大学に留学していた時に思いついたものです。目の不自由な利用者からは、「とくに公衆トイレを利用する時など、触らなくてもそこに何かあるのかわかるので助かる」と言っていただき、手ごたえを感じています。世界には目の不自由な方が2億8500万人いると言われていますので、英語に加え、今は日本語、イタリア語、スペイン語、ドイツ語、フランス語、アラビア語に対応させています。

マリタさんの子ども時代とは?

関連記事

2016/04/15更新

Vol.031 起業家 マリタ・チェンさん

世界はチャンスに満ちている テクノロジーの力で 世界の人々を助けたい

2017/09/08更新

Vol.047 女流棋士
カロリーナ・ステチェンスカさん

夢の実現は楽しく、そして根気強く つらくなったら初心を思い出し もう一度がんばろう

2017/11/17更新

Vol.049 パティシエ 本間友梨さん

地道に積み重ねることで 知識や技術が身につき やがて生活の糧となる

2017/10/13更新

Vol.048 行動科学者・パブリックヘルス専門家
林英恵さん

「何になりたいか」ではなく 「何をやりたいか」

2017/11/10更新

Vol.049 パティシエ 本間友梨さん

地道に積み重ねることで 知識や技術が身につき やがて生活の糧となる

バックナンバー

2021/01/08更新

Vol.074 女子レスリング選手
登坂絵莉さん

「よくがんばったね!」は 子どもを成長させる魔法の言葉 前へ前へと進んでいける

2020/11/06更新

Vol.073 講談師
旭堂南湖さん

最初から100点満点を目指さなくていい 間違ってもいいから繰り返し、 続けていけば、芸も学びも磨かれる

2020/09/11更新

Vol.072 読売巨人軍 球団職員
矢貫俊之さん

行き詰まっても逃げないで あきらめずにぶつかって 答えは自分で見つけよう

2020/08/07更新

Vol.071 アート・トランスレーター
田村 かのこさん

今ある“型”にはまらなくていい 自分にできることを一つずつ進めていけば自ら“型”をつくることができる

2020/07/10更新

Vol.070 文化遺産コンサルタント
佐々木義孝さん

「今の環境でしか出来ないこと」から 「その環境で自分が夢中になれること」 を探して、実践していくと、道は開けてくる

記事アクセスランキング
おすすめ記事 Recommended Articles
KUMONトピックス
Feature Report 進化し続ける活動
カテゴリーを表示
NEW
Vol.393
家庭学習調査2020(2)学習指導要領改訂後の認知と評価
家庭学習調査から見える 「新学習指導要領」の認知と評価は?
Vol.392
~創始者公文公の言葉より~
    公文式の原点⑪            <高校でできるようにする>
Vol.391
公文式日本語最終教材修了生が語る自学自習の魅力とは?
自学自習でコツコツ学習することで、 「やればできる」経験を積み、 その先の挑戦へ!
Vol.390
タイム誌による初めての「Kid of the Year(キッド・オブ・ザ・イヤー)」に選出
ギタンジャリ・ラオ(Gitanjali Rao)さん 得意な科学と技術を使って 人を笑顔にしたい
スペシャルインタビュー
Academic Milestones 学びを究める力
NEW
Vol.065 後編
もり内科クリニック院長
布施医師会(東大阪市)理事
田仲みすず先生
「できること」「得意なこと」に目を向けよう できないことが増えても、まわりが上手に合いの手を入れる 「お餅つきサポート」で、地域の誰もが笑顔になる
Vol.065 前編
もり内科クリニック院長
布施医師会(東大阪市)理事
田仲みすず先生
「できること」「得意なこと」に目を向けよう できないことが増えても、まわりが上手に合いの手を入れる 「お餅つきサポート」で、地域の誰もが笑顔になる
Vol.064
神田外語大学 特任講師
上原雅子先生
言語は「伝える」ためにある 「伝えたい」という気持ちを込めて 自分の意見を発言してみよう
Vol.063
往来物研究家
小泉吉永先生
江戸の知恵には学びがあふれている “好き”をとことん掘り下げて 出会いを引き寄せよう
KUMON now! フェイスブックページ
KUMON now!に「いいね」して、子育てに役立つ情報を受け取ろう!