OB・OGインタビュー
Catch the Dream - 夢をかなえる力

2016/02/05更新

Vol.029 WWFジャパン 橋本 務太さん  前編

「きっとできる」と思うこと
トライ&エラーを繰り返すことで
量は質に変わり、道が拓ける

橋本 務太 (はしもと むたい)
WWFジャパン森林グループ長。2000年英国ノッティンガム大学環境管理専攻修士課程修了。2004年WWFジャパン入局。海外プロジェクトのマネジメントを行うほか、企業による木材・紙の調達における森林生態系への配慮を目指し、企業コンサルティングも多数実施。

世界100ヵ国以上で活動している、パンダのロゴマークで馴染み深い環境保全団体、WWF(=世界自然保護基金)。日本でも40年あまり前にWWFジャパンが発足されました。同団体で働く橋本務太さんは、おもに森林資源の保全問題に取り組む森林グループ長。一筋縄ではいかない利害関係も絡み合うという、現在の自然環境保護をとりまく課題に、橋本さんは日々どのように向き合っているのか、うかがいました。

自分で体験しなければ、問題の本質は見えない

私が所属しているWWFという組織は、「人と自然が調和して生きられる未来を目指す」を使命として活動している環境保全団体です。パンダのロゴから動物保護団体と思われている方も多いのですが、私たちは野生動物に限らず、すべての生き物たちが多様性を守りながら暮らしていける環境づくりに取り組んでいます。

人間だけが幸せでもダメ、かといって経済活動を否定するものではありません。「人が自然と調和して生きる」ためには、環境保全と経済活動のバランスが大切です。「野生生物を守る」「森や海を守る」「地球温暖化を防ぐ」「持続可能な社会を創る」というのがWWFの4つテーマ。

その中で森林グループ長という私の仕事は大きく分けてふたつあります。ひとつがインドネシアのスマトラ、ボルネオ、さらに極東ロシアなど、貴重な自然が残る場所を保全すること。当団体のサポーターからいただいた資金を元に、現地WWFと共同プロジェクトを発足させ、たとえば山火事を防いだり野生動物の調査をしたりしています。

そしてもうひとつは、日本人の消費によって現地の森林資源や人の暮らしが脅かされないよう、企業への働きかけを行っています。環境に配慮した紙や木材などを使ってもらえるように、消費財の購買方針へのアドバイスなども行います。

現地調査のときは自分の足で森に入り、自分の目で現状を確かめます。そうすることで、サポーターの方々に臨場感を持ってプロジェクト内容を報告することができるからです。何事も自分で体験しなければ、問題の本質は見えてこないし、人の心を動かすこともできない、というのはこの仕事で学んだことかもしれません。

今にも通じる、公文で学んだこととは?

関連記事

2016/02/12更新

Vol.029 WWFジャパン 橋本 務太さん

「きっとできる」と思うこと トライ&エラーを繰り返すことで 量は質に変わり、道が拓ける

バックナンバー

2019/09/27更新

Vol.064 小説家
伊与原新さん

自分の手をたくさん動かし続けて 小さな成功体験を積み重ねれば 見える世界は広がっていく

2019/06/19更新

Vol.063 JAXA 宇宙航空研究開発機構 主任研究開発員
渡辺英幸さん

柔軟な価値観を持ち 変化を不安と思わずに チャンスととらえて楽しもう

2019/05/31更新

Vol.062 国連広報センター所長
根本かおるさん

「好奇心」は大切な原動力 What, Why, Howを自らに問いかけて 思考やものの見方を広げよう

2019/04/17更新

Vol.061 イラストレーター
ながおかえつこさん

迷ったときにはまず自ら動こう 周囲の空気が対流し 先につながる流れができてくる

2019/02/15更新

Vol.060 環境省対馬自然保護官事務所
堺真由子さん

遠回りしたとしても 「好き」な気持ちを大切に 一歩を踏み出せば夢は近づく

記事アクセスランキング

おすすめ記事 Recommended Articles
KUMONトピックス
Feature Report 進化し続ける活動
カテゴリーを表示
NEW
Vol.327
横須賀学院小学校の取り組み
教員と児童の双方に波及効果をもたらす TOEFL Primary®
Vol.326
メキシコの教室の “Big Man”
数字が怖かったマヌエルさん 公文式学習から得たものは、仕事に 必要なスキルと自信そして学ぶ喜び
Vol.325
English Immersion Camp 2019
英語を使って世界を身近に ~イングリッシュ・イマージョン・キャンプ2019開催~
Vol.324
公文式の英語教材
子どもたちが自学自習 しやすくするために 一瞬の「間」も大切に
スペシャルインタビュー
Academic Milestones 学びを究める力
NEW
Vol.057 後編
中部大学 副学長 国際センター長
辻本雅史先生
くり返しによる「学びの身体化」で その学びは本物になる 学び続けて生涯自分を成長させよう
Vol.057 前編
中部大学 副学長 国際センター長
辻本雅史先生
くり返しによる「学びの身体化」で その学びは本物になる 学び続けて生涯自分を成長させよう
Vol.056
声楽家
安田祥子さん
歌いかけは親子をつなぐ大切な時間 童謡が持つ日本語の豊かさを大切に
Vol.055
東北大学スマート・エイジング学際重点研究
センター特任教授/村田アソシエイツ代表
村田裕之先生
「人生100年時代」に向け、 自分の「好き」を見つけて 「自分軸」で生きていこう
KUMON now! フェイスブックページ
KUMON now!に「いいね」して、子育てに役立つ情報を受け取ろう!