OB・OGインタビュー
Catch the Dream - 夢をかなえる力

2016/02/05更新

Vol.029

WWFジャパン 橋本 務太さん  前編

「きっとできる」と思うこと
トライ&エラーを繰り返すことで
量は質に変わり、道が拓ける

橋本 務太 (はしもと むたい)

WWFジャパン森林グループ長。2000年英国ノッティンガム大学環境管理専攻修士課程修了。2004年WWFジャパン入局。海外プロジェクトのマネジメントを行うほか、企業による木材・紙の調達における森林生態系への配慮を目指し、企業コンサルティングも多数実施。

世界100ヵ国以上で活動している、パンダのロゴマークで馴染み深い環境保全団体、WWF(=世界自然保護基金)。日本でも40年あまり前にWWFジャパンが発足されました。同団体で働く橋本務太さんは、おもに森林資源の保全問題に取り組む森林グループ長。一筋縄ではいかない利害関係も絡み合うという、現在の自然環境保護をとりまく課題に、橋本さんは日々どのように向き合っているのか、うかがいました。

自分で体験しなければ、問題の本質は見えない

橋本務太さん

私が所属しているWWFという組織は、「人と自然が調和して生きられる未来を目指す」を使命として活動している環境保全団体です。パンダのロゴから動物保護団体と思われている方も多いのですが、私たちは野生動物に限らず、すべての生き物たちが多様性を守りながら暮らしていける環境づくりに取り組んでいます。

人間だけが幸せでもダメ、かといって経済活動を否定するものではありません。「人が自然と調和して生きる」ためには、環境保全と経済活動のバランスが大切です。「野生生物を守る」「森や海を守る」「地球温暖化を防ぐ」「持続可能な社会を創る」というのがWWFの4つテーマ。

その中で森林グループ長という私の仕事は大きく分けてふたつあります。ひとつがインドネシアのスマトラ、ボルネオ、さらに極東ロシアなど、貴重な自然が残る場所を保全すること。当団体のサポーターからいただいた資金を元に、現地WWFと共同プロジェクトを発足させ、たとえば山火事を防いだり野生動物の調査をしたりしています。

そしてもうひとつは、日本人の消費によって現地の森林資源や人の暮らしが脅かされないよう、企業への働きかけを行っています。環境に配慮した紙や木材などを使ってもらえるように、消費財の購買方針へのアドバイスなども行います。

現地調査のときは自分の足で森に入り、自分の目で現状を確かめます。そうすることで、サポーターの方々に臨場感を持ってプロジェクト内容を報告することができるからです。何事も自分で体験しなければ、問題の本質は見えてこないし、人の心を動かすこともできない、というのはこの仕事で学んだことかもしれません。

今にも通じる、公文で学んだこととは?

関連記事

2016/02/12更新

Vol.029 WWFジャパン 橋本 務太さん

「きっとできる」と思うこと トライ&エラーを繰り返すことで 量は質に変わり、道が拓ける

2017/09/08更新

Vol.047 女流棋士
カロリーナ・ステチェンスカさん

夢の実現は楽しく、そして根気強く つらくなったら初心を思い出し もう一度がんばろう

2017/11/17更新

Vol.049 パティシエ 本間友梨さん

地道に積み重ねることで 知識や技術が身につき やがて生活の糧となる

2017/10/13更新

Vol.048 行動科学者・パブリックヘルス専門家
林英恵さん

「何になりたいか」ではなく 「何をやりたいか」

2017/11/10更新

Vol.049 パティシエ 本間友梨さん

地道に積み重ねることで 知識や技術が身につき やがて生活の糧となる

バックナンバー

2021/01/08更新

Vol.074 女子レスリング選手
登坂絵莉さん

「よくがんばったね!」は 子どもを成長させる魔法の言葉 前へ前へと進んでいける

2020/11/06更新

Vol.073 講談師
旭堂南湖さん

最初から100点満点を目指さなくていい 間違ってもいいから繰り返し、 続けていけば、芸も学びも磨かれる

2020/09/11更新

Vol.072 読売巨人軍 球団職員
矢貫俊之さん

行き詰まっても逃げないで あきらめずにぶつかって 答えは自分で見つけよう

2020/08/07更新

Vol.071 アート・トランスレーター
田村 かのこさん

今ある“型”にはまらなくていい 自分にできることを一つずつ進めていけば自ら“型”をつくることができる

2020/07/10更新

Vol.070 文化遺産コンサルタント
佐々木義孝さん

「今の環境でしか出来ないこと」から 「その環境で自分が夢中になれること」 を探して、実践していくと、道は開けてくる

記事アクセスランキング
おすすめ記事 Recommended Articles
KUMONトピックス
Feature Report 進化し続ける活動
カテゴリーを表示
NEW
Vol.392
~創始者公文公の言葉より~
    公文式の原点⑪            <高校でできるようにする>
Vol.391
公文式日本語最終教材修了生が語る自学自習の魅力とは?
自学自習でコツコツ学習することで、 「やればできる」経験を積み、 その先の挑戦へ!
Vol.390
タイム誌による初めての「Kid of the Year(キッド・オブ・ザ・イヤー)」に選出
ギタンジャリ・ラオ(Gitanjali Rao)さん 得意な科学と技術を使って 人を笑顔にしたい
Vol.389
家庭学習調査2020(1)
子どもの家庭での過ごし時間の変化
家庭学習調査から見える 「新学習指導要領」の認知と評価、 そしてオンライン学習の実態は?
スペシャルインタビュー
Academic Milestones 学びを究める力
NEW
Vol.065 後編
もり内科クリニック院長
布施医師会(東大阪市)理事
田仲みすず先生
「できること」「得意なこと」に目を向けよう できないことが増えても、まわりが上手に合いの手を入れる 「お餅つきサポート」で、地域の誰もが笑顔になる
Vol.065 前編
もり内科クリニック院長
布施医師会(東大阪市)理事
田仲みすず先生
「できること」「得意なこと」に目を向けよう できないことが増えても、まわりが上手に合いの手を入れる 「お餅つきサポート」で、地域の誰もが笑顔になる
Vol.064
神田外語大学 特任講師
上原雅子先生
言語は「伝える」ためにある 「伝えたい」という気持ちを込めて 自分の意見を発言してみよう
Vol.063
往来物研究家
小泉吉永先生
江戸の知恵には学びがあふれている “好き”をとことん掘り下げて 出会いを引き寄せよう
KUMON now! フェイスブックページ
KUMON now!に「いいね」して、子育てに役立つ情報を受け取ろう!