OB・OGインタビュー
Catch the Dream - 夢をかなえる力

2016/02/05更新

Vol.029

WWFジャパン 橋本 務太さん  前編

「きっとできる」と思うこと
トライ&エラーを繰り返すことで
量は質に変わり、道が拓ける

橋本 務太 (はしもと むたい)

WWFジャパン森林グループ長。2000年英国ノッティンガム大学環境管理専攻修士課程修了。2004年WWFジャパン入局。海外プロジェクトのマネジメントを行うほか、企業による木材・紙の調達における森林生態系への配慮を目指し、企業コンサルティングも多数実施。

世界100ヵ国以上で活動している、パンダのロゴマークで馴染み深い環境保全団体、WWF(=世界自然保護基金)。日本でも40年あまり前にWWFジャパンが発足されました。同団体で働く橋本務太さんは、おもに森林資源の保全問題に取り組む森林グループ長。一筋縄ではいかない利害関係も絡み合うという、現在の自然環境保護をとりまく課題に、橋本さんは日々どのように向き合っているのか、うかがいました。

自分で体験しなければ、問題の本質は見えない

橋本務太さん

私が所属しているWWFという組織は、「人と自然が調和して生きられる未来を目指す」を使命として活動している環境保全団体です。パンダのロゴから動物保護団体と思われている方も多いのですが、私たちは野生動物に限らず、すべての生き物たちが多様性を守りながら暮らしていける環境づくりに取り組んでいます。

人間だけが幸せでもダメ、かといって経済活動を否定するものではありません。「人が自然と調和して生きる」ためには、環境保全と経済活動のバランスが大切です。「野生生物を守る」「森や海を守る」「地球温暖化を防ぐ」「持続可能な社会を創る」というのがWWFの4つテーマ。

その中で森林グループ長という私の仕事は大きく分けてふたつあります。ひとつがインドネシアのスマトラ、ボルネオ、さらに極東ロシアなど、貴重な自然が残る場所を保全すること。当団体のサポーターからいただいた資金を元に、現地WWFと共同プロジェクトを発足させ、たとえば山火事を防いだり野生動物の調査をしたりしています。

そしてもうひとつは、日本人の消費によって現地の森林資源や人の暮らしが脅かされないよう、企業への働きかけを行っています。環境に配慮した紙や木材などを使ってもらえるように、消費財の購買方針へのアドバイスなども行います。

現地調査のときは自分の足で森に入り、自分の目で現状を確かめます。そうすることで、サポーターの方々に臨場感を持ってプロジェクト内容を報告することができるからです。何事も自分で体験しなければ、問題の本質は見えてこないし、人の心を動かすこともできない、というのはこの仕事で学んだことかもしれません。

今にも通じる、公文で学んだこととは?

関連記事

2016/02/12更新

Vol.029 WWFジャパン 橋本 務太さん

「きっとできる」と思うこと トライ&エラーを繰り返すことで 量は質に変わり、道が拓ける

2017/03/17更新

Vol.042 フリーアナウンサー
山本ミッシェールのぞみさん

与えられたチャンスには 心を開いて応えることで 世界はもっと広がっていく

2016/07/08更新

Vol.034 米国農務省 農務スペシャリスト
倉井 友寛さん

目標に向かって 惜しまず努力をすれば 自分の可能性は広げられる

2016/07/15更新

Vol.034 米国農務省 農務スペシャリスト
倉井 友寛さん

目標に向かって 惜しまず努力をすれば 自分の可能性は広げられる

2017/01/06更新

Vol.040 森林政策学者 東南アジア地域研究
原田一宏先生

人生は一度で決めなくていい 回り道の経験は無駄にはならない 可能性が1%でもあれば挑戦しよう

バックナンバー

2022/08/05更新

Vol.090 スキージャンパー
渡邉陽さん

「やり抜く力」を身につけて 楽しみながらあきらめずに続けよう

2022/07/08更新

Vol.089 モデル・インフルエンサー
山口厚子さん

悩んだからこそ気づいた「自分の幸せ」 周囲の目を気にせず 「わが道」を堂々と進んでいこう

2022/05/13更新

Vol.088 絵本作家
きもとももこさん

人にはそれぞれ“すわる場所”がある やりたいことを見つけて続けていけば きっとそこへたどり着ける

2022/03/25更新

Vol.087 ピアニスト
中川優芽花さん

「まずは行動して、失敗して、学ぶ」 プロセスは 音楽にも勉強にも大切なもの 失敗しても、すべての経験は力になる

2022/02/18更新

Vol.086 ライゾマティクス 主宰
真鍋 大度さん

子ども時代の「好き」を大切に 専門家にはなれなくても そこに近い未来が開ける

記事アクセスランキング
おすすめ記事 Recommended Articles
KUMONトピックス
Feature Report 進化し続ける活動
カテゴリーを表示
NEW
Vol.450
子どもの自立を促すために生まれた「くもん さっぷりん」
KUMONが家庭での学習を応援します! ~「くもん さっぷりん」のヒミツ~
Vol.449
スマート・エイジングを支える公文式学習経験者
一人ひとりに向き合い 楽しく、その人に合った ちょうどの支援を
Vol.448
療育で活用される公文式
障害児・障害者支援施設から学ぶ 社会生活で必要な力をつけるためのヒント
Vol.447
放課後等デイサービスでの公文式学習①
(後編)
「ほめる」「待つ」「見守る」ことで 関わるみんなの笑顔と喜びを増やす
スペシャルインタビュー
Academic Milestones 学びを究める力
NEW
Vol.071 後編
メディアと広報研究所 主宰
尾関 謙一郎さん
多角的な見方を磨き、 自分だけの価値を見つけよう
Vol.071 前編
メディアと広報研究所 主宰
尾関 謙一郎さん
多角的な見方を磨き、 自分だけの価値を見つけよう
Vol.070
特別対談 未来を生きる子どもたちのために③
学び合いが創り出す KUMONならではのホスピタリティ
Vol.069
特別対談 未来を生きる子どもたちのために②
生涯にわたって必要なのは 自ら「自学自習」できる力
KUMON now! フェイスブックページ
KUMON now!に「いいね」して、子育てに役立つ情報を受け取ろう!