OB・OGインタビュー
Catch the Dream - 夢をかなえる力

2016/04/15更新

Vol.031 起業家 マリタ・チェンさん  後編

世界チャンスに満ちている
テクノロジー
世界の人々を助けたい

Marita Cheng (マリタ・チェン)
1989年オーストラリアのケアンズ生まれ。工学とコンピューターを学んでいた学生時代に、学生団体「ロボギャルズ」を設立、2012年には「ヤング・オーストラリアン・オブ・ザ・イヤー」を受賞。現在は人々の役に立つロボットを作る「2Mar Robotics」と視覚障害者のためのiPhoneアプリを作る「Aipoly」の2つの会社を経営している。

女子学生にロボット工学の楽しさを紹介する団体を大学在学中に立ち上げ、現在は起業家として2つの会社を経営する、オーストラリア人のマリタさん。2012年には同国を代表する栄誉である「ヤング・オーストラリアン・オブ・ザ・イヤー」に選ばれた27歳の彼女に、ロボット工学の魅力、そして彼女の事業と夢についてうかがいました。

自分のペースで、一歩一歩進むことが大切

これまでいろいろなプロジェクトで成功も収めてきましたが、うまくいかない時も何度もありました。せっかく頑張っていたのに、またお金やエネルギーを注いで一からやり直さなければならない、という時もありました。そういう時、私は自分を奮い立たせるために、状況を整理して「書き出す」ことを心がけてきました。何がうまくいって、何がうまくいかなかったのか。書きだすことで解決法や別の案が浮かび上がり、また歩みを進めることができるのです。

たとえば、2012年に「ヤング・オーストラリアン・オブ・ザ・イヤー」を受賞してから、私は”社会のために何か大きな貢献をしなければ”というプレッシャーを感じました。そこで、体に障害のある方のためのロボットアーム(義手)の開発を試みたのですが、それは高い技術力が必要な上に高価なものでした。1年半後、自分にはまだそれを実現するだけの技術が備わっていないことに気づきました。その後、私はよりシンプルな技術で、多くの人々に低予算で役立てていただける「テレプレゼンス・ロボット」*の開発を思いつくに至ったのです
*「テレプレゼンス・ロボット」ついては前編1ページをご覧ください。

このことで、私は「自分のペースで、段階的に進むことの大切さ」を学びました。いくらやる気があっても、高度なプロジェクトに一足飛びにとりかかるべきではないのです。私はよく人から「世界を変えるために、今は何をしようとしているのか?」とたずねられます。しかしこの経験を経た今、私はこんなふうに答えています。「――今はこのロボットをささやかな第一歩として創っています。これが完成したら、私の技術力は今より高まり、もう少し大きなことを考えられるでしょう。そして数年のうちに社会に大きな貢献ができるようなプロジェクトに取り掛かれると思っています」と。

マリタさんから子どもたち、親へのメッセージとは?

関連記事

2016/04/08更新

Vol.031 起業家 マリタ・チェンさん

世界はチャンスに満ちている テクノロジーの力で 世界の人々を助けたい

KUMONグループの活動  2016/03/22更新

Vol.143 学び続けるKUMONの指導者たち

よりよい指導について学ぶために ~公文指導者研究大会~

2017/09/08更新

Vol.047 女流棋士
カロリーナ・ステチェンスカさん

夢の実現は楽しく、そして根気強く つらくなったら初心を思い出し もう一度がんばろう

2017/11/17更新

Vol.049 パティシエ 本間友梨さん

地道に積み重ねることで 知識や技術が身につき やがて生活の糧となる

2017/10/13更新

Vol.048 行動科学者・パブリックヘルス専門家
林英恵さん

「何になりたいか」ではなく 「何をやりたいか」

バックナンバー

2020/09/11更新

Vol.072 読売巨人軍 球団職員
矢貫俊之さん

行き詰まっても逃げないで あきらめずにぶつかって 答えは自分で見つけよう

2020/08/07更新

Vol.071 アート・トランスレーター
田村 かのこさん

今ある“型”にはまらなくていい 自分にできることを一つずつ進めていけば自ら“型”をつくることができる

2020/07/10更新

Vol.070 文化遺産コンサルタント
佐々木義孝さん

「今の環境でしか出来ないこと」から 「その環境で自分が夢中になれること」 を探して、実践していくと、道は開けてくる

2020/05/22更新

Vol.069 米ベンチャー投資家/京都大学特任准教授(DNX Ventures インダストリーパートナー)
山本康正さん

「見晴らしの良い場所」から 学ぶことで未来はよりよく見える

2020/03/06更新

Vol.068 バレエダンサー
ニコライ・ヴィユウジャーニンさん

「石の上にも三年」の気持ちで 一歩一歩進んでいけば 山も登れる

記事アクセスランキング

おすすめ記事 Recommended Articles
KUMONトピックス
Feature Report 進化し続ける活動
カテゴリーを表示
NEW
Vol.370
浮世絵から見える江戸時代の人々「重陽の節句」
大輪の菊に健康と長寿を願う ~人々の暮らしと「重陽の節句」の関係~
Vol.369
特別企画 子育てのヒント‐「自立」のためにできること(2)
子どもの自立に「甘え」は欠かせない 「甘えさせる」と「甘やかす」の見極めが大事 お話:子育てカウンセラー・心療内科医 明橋大二先生
Vol.368
~創始者公文公の言葉より~
    公文式の原点⑤            <学年を越えて進む>
Vol.367
あきびんごさん×くもん出版 絵本制作編
絵本制作に込められた 絵本作家あきびんごさんと 編集者の想い
スペシャルインタビュー
Academic Milestones 学びを究める力
NEW
Vol.063 後編
往来物研究家
小泉吉永先生
江戸の知恵には学びがあふれている “好き”をとことん掘り下げて 出会いを引き寄せよう
Vol.063 前編
往来物研究家
小泉吉永先生
江戸の知恵には学びがあふれている “好き”をとことん掘り下げて 出会いを引き寄せよう
Vol.062
筑波大学国際発達ケア:エンパワメント科学研究室教授・保健学博士
安梅勅江先生
「エンパワメント」の力が 「みんなが夢を持てる世界」を実現する
Vol.061
臨床心理士、国際TA協会公認交流分析家
末松渉先生
「心の危機」は成長の機会でもある 「学ぶ喜び」を知って 「生きる力」にしていこう
KUMON now! フェイスブックページ
KUMON now!に「いいね」して、子育てに役立つ情報を受け取ろう!