OB・OGインタビュー
Catch the Dream - 夢をかなえる力

2016/02/12更新

Vol.029 WWFジャパン 橋本 務太さん  後編

「きっとできる」と思うこと
トライ&エラーを繰り返すことで
量は質に変わり、道が拓ける

橋本務太 (はしもと むたい)
WWFジャパン森林グループ長。2000年英国ノッティンガム大学環境管理専攻修士課程修了。2004年WWFジャパン入局。海外プロジェクトのマネジメントを行うほか、企業による木材・紙の調達における森林生態系への配慮を目指し、企業コンサルティングも多数実施。

世界100ヵ国以上で活動している、パンダのロゴマークで馴染み深い環境保全団体、WWF(=世界自然保護基金)。日本でも40年あまり前にWWFジャパンが発足されました。同団体で働く橋本務太さんは、おもに森林資源の保全問題に取り組む森林グループ長。一筋縄ではいかない利害関係も絡み合うという、現在の自然環境保護をとりまく課題に、橋本さんは日々どのように向き合っているのか、うかがいました。

できるようになる前に「できるんだ」と思うこと

私がWWFに入った当時は、まだ世の中の環境意識もそれほど高くなく、「世界の森林資源について話をさせてください」と企業にお願いしても門前払い、ということもありました。およそこの10年の間に、自然環境に対する社会の関心が増したというのももちろんありますが、やはりくり返しお願いすることしか打開策はないんですよね。地道に粘り強くやり続けると、たとえばお願いのメールの文章ひとつにしてみても上手になってくる。だんだん量が質に変わってくる。そのうちに、今までビクともしなかった扉が急に開けたりするから不思議です。

私たちは自然を相手にしているわけですから、基本的に何事も計算どおりに行かないのが当たり前です。きれいな因果関係が見えない活動です。現在たずさわっているスマトラやボルネオでの活動でいえば、個々のプロジェクトはうまくいっています。ところが総量で考えると、その地域の森林は減り続けているんです。そういう事実と向き合ったとき、やるせない気持ちにもなります。だけど、私たちはひたすらトライ&エラーをくり返すしかないのです。自分が正しいと思うやり方でくり返しやるしかない。そのときに大切なのは「いつかできる」と信じることです。

この仕事は英語が必須ですが、私はもともと英語が苦手でした。だけど高校3年生あたりで急に「伸びたな」というのを実感したんですね。わからなくても長文を読み続けているうちに、コツみたいなものをつかんだのだと思います。そのときに感じたのは、できるようになる前に“できるんだ”と思うことがいかに大切なことか。できないことを言い訳にするのは本当に簡単ですが、それでは前に進まないどころか、後退してしまう。環境破壊もまさにそれなんです。

環境問題を身近に感じるためにできる橋本さんおススメのこととは?

関連記事

2016/02/05更新

Vol.029 WWFジャパン 橋本 務太さん

「きっとできる」と思うこと トライ&エラーを繰り返すことで 量は質に変わり、道が拓ける

バックナンバー

2019/02/15更新

Vol.060 環境省対馬自然保護官事務所
堺真由子さん

遠回りしたとしても 「好き」な気持ちを大切に 一歩を踏み出せば夢は近づく

2018/11/09更新

Vol.059 ジャズヴォーカリスト
古瀬里恵さん

何ごとも続けることが力になる その力が自信となって チャレンジする勇気につながる

2018/10/12更新

Vol.058 コピーライター
佐々木圭一さん

「伝え方」を学べば、  人の心を動かし行動を変えられる。  子どもたちの夢を後押しできる。

2018/09/07更新

Vol.057 イラストレーター ももろさん

成長していこうと思う限り 学びに終わりはなく、 人生を拓くきっかけになる

2018/07/13更新

Vol.056 朝日新聞社
編集記者 逸見那由子さん

人生に成功も失敗もない 周囲と競わず 自分のペースで進んでいこう

記事アクセスランキング

おすすめ記事 Recommended Articles
KUMONトピックス
Feature Report 進化し続ける活動
カテゴリーを表示
NEW
Vol.300
ヨーロッパの指導者
仲間とともに「子どもから学ぶ」 ~子どもたちの可能性を発見し、伸ばしたい~
Vol.299
家庭学習調査2018(2)
わが子のこと、どれだけ把握していますか?
家庭学習調査から見える 「子どもの家での過ごし方」と 母親と父親の関わり方の違いとは? (2)
Vol.298
就労移行支援施設での公文式導入
障害のある方々が成長する過程から、 職員たちも学び、成長する。
Vol.297
家庭学習調査2018(1)
わが子のこと、どれだけ把握していますか?
家庭学習調査から見える 「子どもの家での過ごし方」と 母親と父親の関わり方の違いとは?(1)
スペシャルインタビュー
Academic Milestones 学びを究める力
NEW
Vol.053 後編
教育実践「響の会」会長
角田明先生
愛情に満ちた厳しい目を注ぐことが 子どもを成長させる 「個」をみて教え導こう
Vol.053 前編
教育実践「響の会」会長
角田明先生
愛情に満ちた厳しい目を注ぐことが 子どもを成長させる 「個」をみて教え導こう
Vol.052
國學院大學文学部哲学科教授
藤澤紫先生
江戸文化に「遊び心」があふれていたように 学びの中にも「遊び心」を見つけていこう
Vol.051
跡見学園女子大学 学長
笠原 清志先生
心を開き、異質なものへの 素直な興味を持ち続けよう
KUMON now! フェイスブックページ
KUMON now!に「いいね」して、子育てに役立つ情報を受け取ろう!

What’s
KUMON?

これまでも。これからも。
KUMONはずっと
「学ぶ集団」であり続けます。

KUMONは、50を超える国と地域に、「学び」を提供しています。

乳幼児から高齢者まで。
生涯を通じて学ぶ喜びをお届けします。

Baby Kumon / 書籍・知育玩具 / 学校・施設・企業への導入 /
認知症の予防と維持・改善 / 書写 /
日本語/ フランス語/ ドイツ語

公文教育研究会
代表取締役社長
池上 秀徳

指導者も社員も
「子どもから学ぶ」。
KUMONはいつも
学び続ける集団です。

私たちが大切にしている、創始者の
ことばがあります。

学ぶ力は、やがて生きる力へ。
KUMONは一組の親子の
絆から生まれました。

KUMONは、公文式学習を通して、
「生きる道を自らの力で切り拓いて
いける健全で有能な人材」の育成を
目指しています。

公文式教材のひみつを
わかりやすくご紹介。

公文式になくてはならない
指導者の役割とは。

私たちには
「夢」があります。
教育を通じて
世界平和に
貢献することです。

時を越えて。国境を越えて。
すべては、一人ひとりのために。

日本の子どもたちから
世界中の人たちへ。

    • KUMONグループ会社一覧
    • さまざまな場で「個人別・
      ちょうどの学習」を実践。
      世界各地に広がっています。
    • お問い合わせ・資料請求
      KUMONへのご意見、ご質問などを
      お寄せください。
    • お問い合わせ
    • ロゴに込められた想い
    • この、KUMONのロゴ。どこかで見かけたことありませんか?
      このロゴには私たちの想いがたくさんつまっています。