トップ > KUMON now! > トピックス > 英語最終教材修了された野菜ソムリエプロ・
緒方湊さんが語る学び続けることの大切さ

KUMONトピックス
Feature Report - 進化し続ける活動
カテゴリーを表示

KUMONグループの活動  2021/10/26更新

Vol.420

英語最終教材修了された野菜ソムリエプロ・
緒方湊さんが語る学び続ける大切さ  

好きなことを探求する先に出合う無限の可能性

最年少の野菜ソムリエプロとして活躍されている緒方湊さんは現在中学2年生。年長から公文式通信学習で算数・数学の学習を始め、小学3年生の時に高校相当の教材に到達。小学3年生の終わりから始めた英語は、2021年7月に最終教材を修了。最終教材修了生である緒方さんに公文式の魅力や学び続けるための秘訣、公文式で身についた力が日常生活や野菜ソムリエプロの活動にどのように活きているかなどお話を伺いました。

公文タイムを習慣化し、学びを楽しみ続けることで  最終教材修了へ!

緒方さんが算数・数学の学習を始めたのは年長の時。公文式学習経験者であるご両親から勧められ、緒方さんも「やってみたい!」と思い学習をスタートしました。当初お母様は教室に通わせたいと思っていましたが、当時の緒方さんがとても人見知りだったため、通信学習で公文を始めました。公文の学習をする時間(公文タイム)を伺うと、小学校から帰宅後、手を洗ってからまずは学校の宿題。その後おやつを食べてから公文を始めるという生活リズムができました。中学生になると帰宅が遅くなり疲れてできない日もありましたが、部活がない日にまとめてやったり、夕食後の短い時間を有効に活用して学習しました。家庭ではスケジュール通りに生活することを心掛けていたので、公文タイムは日常生活の一部になっていったそうです。
学習をしていく中で壁にぶつかることも何度もあったそうですが、公文式は繰り返して学習するので、1回目にはできなくても2回目にはできるようになったと成長を感じ、自信がついてきました。
小学3年生の終わりに英語の学習も始めました。学校でも英語に触れ、興味もあったことから、どんどん先に進んだそうです。緒方さんに英語学習の楽しみを伺うと、「E-Pencilで英語の音を聞きながら、伝記やエッセイ、さまざまな物語の原書などを読むことで、次はどんな物語や作品に出合えるのだろうとワクワクしながら学習していました」と話します。「やるからには、最後までやって終わりを見たい」と目標を持ち、ついに2021年7月に英語の最終教材を修了されました。

公文式で培った粘り強さと集中力が現在の野菜ソムリエの活動に活きる

緒方さん

家庭菜園で取れた特大キャベツの
札幌大球(さっぽろたいきゅう)

緒方さんの宝物「野菜手帳」

緒方さんの宝物「野菜手帳」

幼い頃から食べることが大好きだった緒方さんは野菜に興味を持ち、近所の畑を借りてインストラクターの元で野菜の育て方を学ぶようになります。お母様から「野菜ソムリエという資格があるよ」と聞いてやる気に火がつき、ちょうど公文式英語の学習と同時期(小学3年生)に野菜ソムリエの勉強も始めます。その年、野菜ソムリエの資格に合格。「好き」を探求したい緒方さんは、さらにその上の資格である野菜ソムリエプロの資格合格を目指します。野菜ソムリエプロに合格するには、決まった講座を受講した後、筆記試験と面接をクリアしなければなりません。野菜ソムリエに比べ一気に難度が上がる野菜ソムリエプロの筆記試験では、合格までに3回受験しました。なぜ合格するまで諦めずにチャレンジできたのかを伺うと、「覚えることが多いので、公文式学習で身につけた学習習慣やねばり強さ、集中力がとても役立ちました」と言います。10歳(小学5年生)の頃、野菜ソムリエプロに合格されました。
野菜への探求は資格取得にとどまらず、休日にはアンテナショップやデパートを巡り、まだ食べたことのない野菜や果物を見つけて、見た目や食感などを手帳に記録しているそうです。この手帳を「野菜手帳」と呼び、現在3冊目に突入!継続力とはまさにこのことですね。
緒方さんに、これからやりたいことを聞いてみたところ、「全国、そして全世界にある食べたことのない野菜や果物を食べつくしたい!」と目をキラキラさせながら語ってくれました。テレビをはじめ各方面で大活躍の緒方さんですが、2021年7月に『野菜がおいしくなるクイズ』(飛鳥新社)も出版されました。机上で野菜の知識を学ぶだけでなく、現地に行って見て触って食べて感じたいという緒方さんの探求心に驚きです。

野菜がおいしくなるクイズ

『野菜がおいしくなるクイズ』
緒方湊・著
定価1400円(本体1273円+税)
刊行日 2021年7月16日

 

いつかできるようになるという思いで あきらめずに やり抜いて

緒方さん

2018年11月リンゴセミナーで解説する緒方さん

最後にメッセージをいただきました。
「自分も学習していて、何度も壁に当たりました。でも昨日できなかったことが今日、今日できなかったことが明日、いつかできるようになるかもしれない。だからとにかくコツコツ続ける、あきらめずにやり抜くことが大切になってくると思います。疲れてできないことがあっても、ちょっとだけやる。それを積み重ねていくと、よりよい世界が見られるような気がします」

好きなものをとことん究める緒方さんならではのメッセージをいただきました。今の自分があるのは、ご家庭のサポートや公文式通信学習の先生の支えも大きかったと、緒方さんは言います。これから学習するみなさんも、現在学習しているみなさんも、コツコツ学習を続けることで成長している自分に気づき、学ぶことの楽しさを感じていただきたいと思います。

 

関連リンク
公文式通信学習
みなとの野菜大辞典
みなとのごちそう野菜(Twitter)
『野菜がおいしくなるクイズ』緒方湊著、飛鳥新社

関連記事

学習者・OBOG  2020/09/25更新

Vol.371 公文式フランス語最終教材修了生から見る
自立した学習者の姿とは?

フランス語を学習したことが 日常生活の豊かな彩りに

KUMONグループの活動  2021/02/16更新

Vol.391 公文式日本語最終教材修了生が語る自学自習の魅力とは?

自学自習でコツコツ学習することで、 「やればできる」経験を積み、その先の挑戦へ!

2016/03/04更新

Vol.030 貼り絵作家 岡森 陽子さん

学びや経験の積み重ねは 貼り絵のように重なり合い その人自身の色として輝きを放つ

2016/03/11更新

Vol.030 貼り絵作家 岡森 陽子さん

学びや経験の積み重ねは 貼り絵のように重なり合い その人自身の色として輝きを放つ

学習者・OBOG  2016/08/09更新

Vol.168 OB・OG News-研修医

健康な人が 健康に生きる社会を支えたい 金久保 祐介さん

バックナンバー

KUMONグループの活動  2023/01/31更新

Vol.469 地域医療従事者を目指す公文国際学園卒業生

KUMONで学んだことは 長時間机に向かえる力と 自分で計画を立てて取り組む力

KUMONグループの活動  2023/01/24更新

Vol.468 公文書写―「書く」と「描く」

「好き」と思うこと、 自分のペースで楽しむ ~居心地のよい空間~

KUMONグループの活動  2023/01/17更新

Vol.467 Baby Kumon 10年の歩み

~これまで語られることのなかった Baby Kumon担当者たちの想い~

KUMONグループの活動  2023/01/10更新

Vol.466 KUMONの各事業トピックス2022

公文の理念に向かって ~各事業が目指すこと &2022年トピックス~

KUMONグループの活動  2022/12/27更新

Vol.465 初夢を運ぶ 子ども宝船
 ~くもん子ども浮世絵コレクションより~

縁起をかついで 幸せを願う よい初夢は 宝船が運んでくる

KUMONトピックス カテゴリー別インデックス
記事アクセスランキング
おすすめ記事 Recommended Articles
OB・OGインタビュー
Catch the Dream 夢をかなえる力
NEW
Vol.092 後編
丸紅インドネシア代表
笠井 信司さん
経験に無駄は何ひとつとしてなく 将来に必ず生きる “Discipline”を身につけよう
Vol.092 前編
丸紅インドネシア代表
笠井 信司さん
経験に無駄は何ひとつとしてなく 将来に必ず生きる “Discipline”を身につけよう
Vol.091
千房株式会社 代表取締役社長
中井貫ニさん
「全人格格闘技」 目の前のことに全力を尽くして 「ありがとう」の感謝の心で生きていこう
Vol.090
スキージャンパー
渡邉陽さん
「やり抜く力」を身につけて 楽しみながらあきらめずに続けよう
スペシャルインタビュー
Academic Milestones 学びを究める力
NEW
Vol.072 後編
名古屋大学博物館 機能形態学者
藤原 慎一先生
さまざまな知識が ひも付いたときが研究の醍醐味 そのために学びをどんどん拡げよう
Vol.072 前編
名古屋大学博物館 機能形態学者
藤原 慎一先生
さまざまな知識が ひも付いたときが研究の醍醐味 そのために学びをどんどん拡げよう
Vol.071
メディアと広報研究所 主宰
尾関 謙一郎さん
多角的な見方を磨き、 自分だけの価値を見つけよう
Vol.070
特別対談 未来を生きる子どもたちのために③
学び合いが創り出す KUMONならではのホスピタリティ
KUMON now! フェイスブックページ
KUMON now!に「いいね」して、子育てに役立つ情報を受け取ろう!