OB・OGインタビュー
Catch the Dream - 夢をかなえる力

2015/07/17更新

Vol.022 トビタテ!留学JAPAN プロジェクトディレクター 船橋力さん  前編

グローバル化
世界はひとつの村になる
早いうちから世界に飛び立ち、
視野を広げる体験を積んでほしい

船橋力 (ふなばし ちから)
1994年、上智大学卒業後、伊藤忠商事株式会社に入社し、ODAプロジェクトを手がける。2000年、株式会社ウィル・シードを設立し、企業と学校向けの体験型・参加型の教育プログラムを提供する事業を手がけた。2009年には世界経済フォーラムのヤング・グローバル・リーダーに選出。現在は、文部科学省・官民協働海外留学創出プロジェクトのプロジェクトディレクターを務める。

民間寄付目標額200億円という、かつてない規模の留学支援の官民協働プロジェクトを取りまとめる船橋力さん。大手総合商社での勤務から起業家を経ての転身ということで、小さいころからリーダーシップを発揮してきたのかと思いきや、意外にも幼いころは引っ込み思案だったそう。両親の教えと、視座の高い仲間に影響を受け、いま社会起業家の精神で活躍するまでの軌跡についてうかがいました。

国際会議での議論の体験がターニングポイント世界を知り、発信していく重要性を痛感

ダボス会議の様子

 海外で生活してきてそれが当たり前だった私は、日本で大学に入ってから、同年代の若者たちが社会問題についてまったく関心がないことや、自分の意見を言わないことにショックを受けました。大学を卒業して商社に就職後、異業種交流会を立ち上げながら、その想いはますます強くなります。その後、教育研修事業を行う株式会社ウィル・シードを設立し、全国の小学校に貿易ゲームを通じて世界で起きている問題について体感できる研修を導入してもらうなどの事業を展開していました。

そんななか、私自身がターニングポイントになる体験をしました。2009年に世界経済フォーラムのヤング・グローバル・リーダーに選ばれて、「ダボス会議」に参加したことです。その場では、世界中から選出された40歳以下のリーダーが集まり、世の中をよくするためにはどうしたらよいかという議論を交わすのですが、世界各国のリーダーたちの、情報量、教養、ディベート力、語学力などの凄さに打ちひしがれ、劣等感にさいなまれました。帰国子女で海外駐在も経験した自分でしたが、10年のブランクで日本的になっていたのでしょうね。

でも、この大変さはきっと乗りこえられると取り組み続けたら、周りからは、「Mr. Funabashiは傾聴力がある」と言われました。私としては、日本にいるときほど発信ができていないと歯がゆく思っていたのですが、日本人特有の聞く力を発揮していたのでしょう。みんなの意見を聞いた後に、効果的な発言をして場を変えることができる、と。自分の弱みを強みに変えることができた体験といえるでしょう。

また、日本と海外のリーダーの違いも感じました。海外のリーダーたちは、個人で斬新な考えを発言するのですが、その場限りのものが多いです。日本人は個人では目立たないものの、チームで真面目にアクションまで落とし込みます。たとえば「Table for Two」という、協賛している飲食店で食事をしたら発展途上国に2食分(20円)支援する仕組みを考えたのも、日本のヤング・グローバル・リーダーたちです。

ダボス会議の経験を通して、世界を知って発信する重要性を再認識しました。いくら他人に何かをすすめても、人は体験でしか気がつきません。その後私は、既に約10年経営していた株式会社ウィル・シードで海外へ社員を出す新たな教育プログラムをつくるなどのビジネスを始めました。このときにすでに、「海外と教育」という、トビタテ!の留学促進につながる流れが私の中でできていたのだと思います。

※KUMONはトビタテ!留学JAPANに協賛しています。


 

   

後編のインタビューから

– 使命を感じて飛び込んだ国家プロジェクト
– 船橋さんが考える「これからの子どもたちに必要な3つのこと」とは?
– 2020年の東京五輪は、若者たちが活躍する楽しみな未来

 

 

関連記事

2015/07/24更新

Vol.022 トビタテ!留学JAPAN プロジェクトディレクター 船橋力さん

グローバル化で世界はひとつの村になる早いうちから世界に飛び立ち、 視野を広げる体験を積んでほしい

KUMONグループの活動  2018/12/25更新

Vol.289 トビタテ!留学JAPAN ―留学体験発表会

一歩踏み出す勇気を持って 世界へ飛び立とう

学習者・OBOG  2017/07/11更新

Vol.217 「トビタテ!留学JAPAN」の公文生

「一歩踏み出せば楽しいことが待っている」 「答えは自分で見つけるもの」 留学にチャレンジするKUMONのOB・OGたち

学習者・OBOG  2015/10/20更新

Vol.109 留学したKUMONのOB・OGたち

人生の可能性を広げる 留学に挑戦! ~海外留学したKUMONのOB・OGが語る留学~

調査・研究・アンケート  2016/04/26更新

Vol.148 先輩留学生からのメッセージ

留学とは「発見」! 自分、日本、そして世界と向き合い それぞれの新たな一面を発見できる

バックナンバー

2019/12/13更新

Vol.066 ジュエリーアーティスト
Lily/福嶋真由子さん

楽しいこともつらいことも すべてのことには意味があり 「学び」や「チャンス」につながる 経験となる

2019/11/29更新

Vol.065 弁護士・薬剤師・弁理士
中村智広さん

一つひとつ積み重ねた結果、今がある 枠にとらわれず好奇心をもち、 学び続けて前進しよう

2019/09/27更新

Vol.064 小説家
伊与原新さん

自分の手をたくさん動かし続けて 小さな成功体験を積み重ねれば 見える世界は広がっていく

2019/06/19更新

Vol.063 JAXA 宇宙航空研究開発機構 主任研究開発員
渡辺英幸さん

柔軟な価値観を持ち 変化を不安と思わずに チャンスととらえて楽しもう

2019/05/31更新

Vol.062 国連広報センター所長
根本かおるさん

「好奇心」は大切な原動力 What, Why, Howを自らに問いかけて 思考やものの見方を広げよう

記事アクセスランキング

おすすめ記事 Recommended Articles
KUMONトピックス
Feature Report 進化し続ける活動
カテゴリーを表示
NEW
Vol.339
南アフリカの公文式教室
一人でも多くの南アフリカの子どもたちに 学ぶ機会を
Vol.338
浮世絵から見える江戸時代の人々
『福づくし』でおめでたい1年に
Vol.337
特別対談 ブレイディみかこさん×KUMON
2019年話題のノンフィクション本と KUMONに共通する思いは 「自分の力で人生を切り拓いていける人に」
Vol.336
ブルガリアに公文式教室開設
夢に近づくお手伝いを
スペシャルインタビュー
Academic Milestones 学びを究める力
NEW
Vol.059 後編
慶應義塾大学医学部
精神・神経科学教室専任講師・医学博士
佐渡充洋先生
「ネガティブな自分」を 理解することは「ポジティブな学び」 楽しいことも苦しいことも一生懸命体験しよう
Vol.059 前編
慶應義塾大学医学部
精神・神経科学教室専任講師・医学博士
佐渡充洋先生
「ネガティブな自分」を 理解することは「ポジティブな学び」 楽しいことも苦しいことも一生懸命体験しよう
Vol.058
早稲田大学 教育・総合科学学術院 教授
澤木泰代先生
言語を学べば、 知らなかったことを知ることができる 一歩一歩、「知るよろこび」「進むよろこび」を味わおう
Vol.057
中部大学 副学長 国際センター長
辻本雅史先生
くり返しによる「学びの身体化」で その学びは本物になる 学び続けて生涯自分を成長させよう
KUMON now! フェイスブックページ
KUMON now!に「いいね」して、子育てに役立つ情報を受け取ろう!