KUMONトピックス
Feature Report - 進化し続ける活動
カテゴリーを表示

KUMONグループの活動  2022/11/15更新

Vol.461

KUMONの取り組むSDGsを考える④前編  

教育はSDGsの基盤
一人ひとりに向き合いながら
「ソーシャルグッド」を目指して

2030年までに持続可能でよりよい世界を目指す国際目標が「SDGs(=Sustainable Development Goals)」。こちらの企画では、各界のオピニオンリーダーや実践者の方々をお招きして、公文教育研究会のSDGs委員会・アンバサダーメンバーの社員との対話を通じ、教育で社会の課題解決へのグローバルな貢献を目指すKUMONの取り組みへの理解を深めていきます。
今回お話をお伺いするのは、トイレのバリアフリーに関する研究をした経験をもとに、トイレにおけるジェンダー課題を解決するためのチーム「Plunger(プランジャー)」で活動する原田怜歩さん。公文国際学園の卒業生で現在は東京大学の学生である原田さんに、プロジェクトの成り立ちやSDGsへの取り組み、またKUMONに期待することなどを伺い、社員とともに話し合いました。

原田 怜歩(はらだ らむ)

東京都出身。公文式学習経験者。公文国際学園高等部在学時に「トビタテ!留学JAPAN」代表留学生として渡米。コロナ禍により10ヵ月間のアメリカ留学となったが、アメリカにおけるジェンダーフリートイレの普及状況調査を行った。トイレにおけるジェンダー課題を解決するためのチーム「Plunger」を立ち上げ「SDGsを漫画で学べるトイレットペーパー」を製作、「日本トイレ大賞2021」を受賞。現在は東京大学に在学中。

公文教育研究会 会談参加メンバー(敬称略)
埼玉リージョナル推進チーム 柳原
甲府事務局 土屋
人事部採用育成チーム 澤崎

トイレットペーパーは
新たな自学自習の媒体になり得る

―― まずは原田さんの活動について教えていただけますか?

原田さん:
公文国際学園の卒業生で現在は東京大学で学生をしている原田怜歩です。
トイレの研究のきっかけは、幼少期の親友からのカミングアウトでした。当時、学校など教育の場でLGBT理解が重要視され始め、聞き馴染みはあったものの、具体的に何に困っているのか、自分にどのようなサポートが出来るのか、そこまで考える機会はありませんでした。

私にどんなサポートができるかを親友に尋ねた時、日々トイレの時間がつらい、との話を受けました。自分にとって日常的なものが親友にとっては苦痛であるということは大きな気づきでした。その後、高校在学中にアメリカに留学したのですが、すべての性自認の人が利用できるジェンダーフリートイレがごく当たり前に存在していることに大きく衝撃を受けました。

原田 怜歩さん

当初1年の留学予定が、残念ながらコロナ禍で途中帰国が決まり、打ち切りとなりました。帰国後、消化不良な思いを抱えていました。「今頃アメリカでこんな研究ができたはずなのに……」と空虚な気分でいたところ、学校の先生から「アメリカでやりたいことがあったんじゃないの? 何か日本でもできることがあるんじゃない?」と促されたんです。

どんな困難もチャンスとして前に進みたいし、せっかく日本代表として「トビタテ!留学JAPAN」に参加していたのだから、今度は日本に還元したいと思い、現在活動している団体「Plunger」を立ち上げました。この団体の活動で、「SDGsを漫画で学べるトイレットペーパー」を製作し、日本全国の学校・飲食店・公共施設などに展開しました。

ジェンダーという課題はどうしても関心のある人とそうでない人に分かれてしまう分野でもあります。そのため、まずは包括する社会課題全般について、そしてSDGsについて関心をもってもらおうというのが狙いです。トイレは一日に何度も使う場所です。トイレットペーパーは必ず手に取り目にするものですよね。

教育は反復性が重要だということはご存じのとおりかと思いますが、自分から学ぶという自学自習を考えたときに、トイレットペーパーは日常のなかの新しい教育媒体になり得るなと感じました。おかげさまで2021年の日本トイレ大賞にも選出されました。

大学では経済学のほか、ジェンダーや医療・福祉関連についても学んでいます。また、応援部に所属してチアリーディングをやっています。「Plunger」の活動も応援部の活動でも、誰かを応援することが大きなやりがいになっています。

1歳から始めたKUMONと自分の原点

関連記事

KUMONグループの活動  2022/11/22更新

Vol.462 KUMONの取り組むSDGsを考える④後編

教育はSDGsの基盤 一人ひとりに向き合いながら 「ソーシャルグッド」を目指して

KUMONグループの活動  2022/08/23更新

Vol.451 KUMONの取り組むSDGsを考える③前編

公文式学習のコツコツ頑張る力は 持続可能な地球を作る

2015/07/24更新

Vol.022 トビタテ!留学JAPAN プロジェクトディレクター 船橋力さん

グローバル化で世界はひとつの村になる早いうちから世界に飛び立ち、 視野を広げる体験を積んでほしい

2015/07/17更新

Vol.022 トビタテ!留学JAPAN プロジェクトディレクター 船橋力さん

グローバル化で世界はひとつの村になる早いうちから世界に飛び立ち、 視野を広げる体験を積んでほしい

学習者・OBOG  2017/07/11更新

Vol.217 「トビタテ!留学JAPAN」の公文生

「一歩踏み出せば楽しいことが待っている」 「答えは自分で見つけるもの」 留学にチャレンジするKUMONのOB・OGたち

バックナンバー

KUMONグループの活動  2022/11/22更新

Vol.462 KUMONの取り組むSDGsを考える④後編

教育はSDGsの基盤 一人ひとりに向き合いながら 「ソーシャルグッド」を目指して

KUMONグループの活動  2022/11/15更新

Vol.461 KUMONの取り組むSDGsを考える④前編

教育はSDGsの基盤 一人ひとりに向き合いながら 「ソーシャルグッド」を目指して

KUMONグループの活動  2022/11/01更新

Vol.460 公文式の使命、教材改訂に込める情熱物語

国語教材改訂の舞台裏 ~国語4A~2A~

KUMONグループの活動  2022/10/28更新

Vol.459 英語で社会の課題解決策を考えよう

地球社会に貢献する有能な人材を育てる Kumon English Immersion Activities

KUMONグループの活動  2022/10/25更新

Vol.458 公文書写ー親子4世代で学習

母、娘、孫と学ぶ充実の日々 デジタル時代に、手紙で紡ぐ絆

KUMONトピックス カテゴリー別インデックス
記事アクセスランキング
おすすめ記事 Recommended Articles
OB・OGインタビュー
Catch the Dream 夢をかなえる力
NEW
Vol.091 後編
千房株式会社 代表取締役社長
中井貫ニさん
「全人格格闘技」 目の前のことに全力を尽くして 「ありがとう」の感謝の心で生きていこう
Vol.091 前編
千房株式会社 代表取締役社長
中井貫ニさん
「全人格格闘技」 目の前のことに全力を尽くして 「ありがとう」の感謝の心で生きていこう
Vol.090
スキージャンパー
渡邉陽さん
「やり抜く力」を身につけて 楽しみながらあきらめずに続けよう
Vol.089
モデル・インフルエンサー
山口厚子さん
悩んだからこそ気づいた「自分の幸せ」 周囲の目を気にせず 「わが道」を堂々と進んでいこう
スペシャルインタビュー
Academic Milestones 学びを究める力
NEW
Vol.072 後編
名古屋大学博物館 機能形態学者
藤原 慎一先生
さまざまな知識が ひも付いたときが研究の醍醐味 そのために学びをどんどん拡げよう
Vol.072 前編
名古屋大学博物館 機能形態学者
藤原 慎一先生
さまざまな知識が ひも付いたときが研究の醍醐味 そのために学びをどんどん拡げよう
Vol.071
メディアと広報研究所 主宰
尾関 謙一郎さん
多角的な見方を磨き、 自分だけの価値を見つけよう
Vol.070
特別対談 未来を生きる子どもたちのために③
学び合いが創り出す KUMONならではのホスピタリティ
KUMON now! フェイスブックページ
KUMON now!に「いいね」して、子育てに役立つ情報を受け取ろう!