トップ > KUMON now! > OB・OGインタビュー > トビタテ!留学JAPAN プロジェクトディレクター 船橋 力さん(前編)

OB・OGインタビュー
Catch the Dream - 夢をかなえる力

2015/07/17更新

Vol.022 トビタテ!留学JAPAN プロジェクトディレクター 船橋力さん  前編

グローバル化
世界はひとつの村になる
早いうちから世界に飛び立ち、
視野を広げる体験を積んでほしい

船橋力 (ふなばし ちから)
1994年、上智大学卒業後、伊藤忠商事株式会社に入社し、ODAプロジェクトを手がける。2000年、株式会社ウィル・シードを設立し、企業と学校向けの体験型・参加型の教育プログラムを提供する事業を手がけた。2009年には世界経済フォーラムのヤング・グローバル・リーダーに選出。現在は、文部科学省・官民協働海外留学創出プロジェクトのプロジェクトディレクターを務める。

民間寄付目標額200億円という、かつてない規模の留学支援の官民協働プロジェクトを取りまとめる船橋力さん。大手総合商社での勤務から起業家を経ての転身ということで、小さいころからリーダーシップを発揮してきたのかと思いきや、意外にも幼いころは引っ込み思案だったそう。両親の教えと、視座の高い仲間に影響を受け、いま社会起業家の精神で活躍するまでの軌跡についてうかがいました。

2020年までに日本からの留学生を倍増させる産学官協働のかつてないプロジェクト

トビタテ!留学JAPAN プロジェクトディレクター 船橋 力さん

私はいま、文部科学省の「トビタテ!留学JAPAN」(以下、トビタテ!)で、プロジェクトディレクターをしています。トビタテ!というのは、文部科学省が意欲ある全ての日本の若者に、自ら海外留学の一歩を踏み出す気運を醸成することを目的とする留学促進キャンペーンです。東京五輪が開催される2020年までに、海外留学する学生を倍増する目標(大学生6万人→12万人、高校生3万人→6万人)を掲げて、2013年にスタートしました。

2014年からトビタテ!の主な取組の一つとして、産学官が協働して、「トビタテ!留学JAPAN日本代表プログラム」(以下、本プログラム)がスタートしました。これは留学にかかる授業料や現地活動費などを、返済不要の奨学金でサポートする留学支援制度です。

200億円の民間支援を目指す本プログラムは、企業に、学生の面接やメンタリング(相談役)、インターンシップなどでも協働してもらっていることが特徴です。これまでの国の留学支援は、経済的に苦しい学生や好成績の学生が対象で、単位取得などの実績を求められていました。本プログラムは、留学目的がボランティアやインターンシップなども認めて、成績に限らず人物と留学計画の内容を重視して学生を選定しています。

グローバル人材を求める民間企業からは、賛同・協賛の声が予想以上に大きく、幅広い業界から計148社(2015年6月25日現在)が参加し、お約束いただいている寄付の総額は約103億円にのぼります。また、トビタテ!の組織運営においては、たとえば立ち上げ時にコンサルティング会社の社員に、半年間週末だけ参画してもらうなど、できるだけ多くの方が関わりやすいよう、政府としては前例のない運用をしています。民間企業の声を多く取り入れた留学支援制度といえるでしょう。また2015年7月から募集開始する第4期からは「海外初チャレンジ応援枠」や「家計基準の一部撤廃」を行い、応募がしやすくなりました。

本プログラムに参加した学生の著しい成長も感じています。先日、本プログラムでフィリピンのソーシャルベンチャーにインターンをしている大学4年生2人に会いました。彼らは「大学3年間以上に留学中に学ぶことが多かった」と語ってくれました。自分にしか語れない経験が、大学3年間よりも留学の数ヵ月でできた、という意味だと思います。留学から帰ってきた学生の報告会では、学んだエピソードに事欠くことはなく、たくましく成長した姿が多く見受けられます。

世界を生き抜くための力を鍛えられた海外で過ごした子ども時代とは?

関連記事

2015/07/24更新

Vol.022 トビタテ!留学JAPAN プロジェクトディレクター 船橋力さん

グローバル化で世界はひとつの村になる早いうちから世界に飛び立ち、 視野を広げる体験を積んでほしい

学習者・OBOG  2017/07/11更新

Vol.217 「トビタテ!留学JAPAN」の公文生

「一歩踏み出せば楽しいことが待っている」 「答えは自分で見つけるもの」 留学にチャレンジするKUMONのOB・OGたち

学習者・OBOG  2015/10/20更新

Vol.109 留学したKUMONのOB・OGたち

人生の可能性を広げる 留学に挑戦! ~海外留学したKUMONのOB・OGが語る留学~

調査・研究・アンケート  2016/04/26更新

Vol.148 先輩留学生からのメッセージ

留学とは「発見」! 自分、日本、そして世界と向き合い それぞれの新たな一面を発見できる

KUMONグループの活動  2016/03/22更新

Vol.143 学び続けるKUMONの指導者たち

よりよい指導について学ぶために ~公文指導者研究大会~

バックナンバー

2021/01/08更新

Vol.074 女子レスリング選手
登坂絵莉さん

「よくがんばったね!」は 子どもを成長させる魔法の言葉 前へ前へと進んでいける

2020/11/06更新

Vol.073 講談師
旭堂南湖さん

最初から100点満点を目指さなくていい 間違ってもいいから繰り返し、 続けていけば、芸も学びも磨かれる

2020/09/11更新

Vol.072 読売巨人軍 球団職員
矢貫俊之さん

行き詰まっても逃げないで あきらめずにぶつかって 答えは自分で見つけよう

2020/08/07更新

Vol.071 アート・トランスレーター
田村 かのこさん

今ある“型”にはまらなくていい 自分にできることを一つずつ進めていけば自ら“型”をつくることができる

2020/07/10更新

Vol.070 文化遺産コンサルタント
佐々木義孝さん

「今の環境でしか出来ないこと」から 「その環境で自分が夢中になれること」 を探して、実践していくと、道は開けてくる

記事アクセスランキング

おすすめ記事 Recommended Articles
KUMONトピックス
Feature Report 進化し続ける活動
カテゴリーを表示
NEW
Vol.386
公文書写-家族で学習
どんな時代でも 家族で楽しく、学び続ける ~公文エルアイエル~
Vol.385
浮世絵から見える江戸時代の人々「書初め」
新しい一年の目標や抱負を胸に ~江戸時代の人々のお正月~
Vol.384
~創始者公文公の言葉より~
    公文式の原点⑨            <100点主義>
Vol.383
浮世絵に見る江戸時代の年の瀬と子どもたち
寒さに負けず元気に遊ぶ子どもたち ~江戸時代の人々の暮らし~
スペシャルインタビュー
Academic Milestones 学びを究める力
NEW
Vol.065 後編
もり内科クリニック院長
布施医師会(東大阪市)理事
田仲みすず先生
「できること」「得意なこと」に目を向けよう できないことが増えても、まわりが上手に合いの手を入れる 「お餅つきサポート」で、地域の誰もが笑顔になる
Vol.065 前編
もり内科クリニック院長
布施医師会(東大阪市)理事
田仲みすず先生
「できること」「得意なこと」に目を向けよう できないことが増えても、まわりが上手に合いの手を入れる 「お餅つきサポート」で、地域の誰もが笑顔になる
Vol.064
神田外語大学 特任講師
上原雅子先生
言語は「伝える」ためにある 「伝えたい」という気持ちを込めて 自分の意見を発言してみよう
Vol.063
往来物研究家
小泉吉永先生
江戸の知恵には学びがあふれている “好き”をとことん掘り下げて 出会いを引き寄せよう
KUMON now! フェイスブックページ
KUMON now!に「いいね」して、子育てに役立つ情報を受け取ろう!