KUMONトピックス
Feature Report - 進化し続ける活動
カテゴリーを表示

調査・研究・アンケート  2016/04/26更新

Vol.148

先輩留学生からのメッセージ  

留学とは「発見」
自分日本、そして世界と向き合い
それぞれの新たな一面発見できる

KUMONでは、文部科学省および独立行政法人日本学生支援機構による「トビタテ!留学JAPAN 日本代表プログラム」で留学した学生46名にアンケート協力いただき、留学に興味をもった時期やきっかけ、留学で身についた力、親に感謝していることなどを聞きました。「なぜ留学に行き、何を得たのか?」彼らの生の声から、イマドキの大学生の留学事情についてご紹介します。

留学に興味を持ったのは「中高生時代」以降
きっかけは「身近な人」

アンケートに回答してくれた46名の学生たちの留学先は、さまざまでした。代表的な留学先として知られるアメリカやイギリスの他、アフリカはウガンダ、ザンビア、タンザニア、マラウィ、中南米はアルゼンチン、グアテマラ、ホンジュラス、アジアはインドネシアやカンボジア、ヨーロッパはデンマークやポーランドなど37か国にものぼりました。

留学期間としては、「6か月以上1年未満」が全体の約6割という結果でした。留学の形態としては、「交換留学や派遣留学」が4割強を占めましたが、そのスタイルはさまざま。単位取得を目的として学校に通うアカデミックな留学だけでなく、インターンシップやボランティアといった海外での多様な活動を応援する「トビタテ!留学JAPAN 日本代表プログラム」ならではの回答結果かもしれません。

そんな学生たちに、留学に興味を持った時期とそのきっかけについて聞いてみました。留学に興味を持ったのは、「中高生時代」が23人、「大学入学以降」が16人と「中高生時代以降」が大半を占めました。そのきっかけは、「何となく海外に興味があった」という理由に続き、「友人が留学した」「身近に海外からの留学生がいた」などが挙げられました。“留学を身近に感じられる環境”が影響しているといえそうです。

また、海外旅行や親の海外赴任などで「小さいころから海外によく行っていた」「英語(語学)を学ぶのが好きだった」など、海外を身近に感じた経験から、留学に興味を持つようになったという方は11名で回答者の4分の1ほどでした。

留学経験者が語る、留学中に「やってよかったこと」「やっておけばよかったこと」は?

留学中に「やってよかったこと」として、多くの留学経験者が挙げたのは、「できるかぎり多くの場所へ足を運び、さまざまな講演会やカンファレンスに参加し、一人でも多くの方と接してお話しできるようにした」、「現地のSNSや情報のプラットフォームに登録し、現地の方が触れる情報に自分も触れるようにした」、「ディベートクラブ、ボランティア、インターンなど興味のある活動には積極的に参加した」など、現地で積極的に活動することでした。

一方、「やっておけばよかったこと」として挙げられたのは、ダントツで「語学」という結果でした。じつに回答者の7割近くの方が「語学」を挙げ、その約3分の1にあたる10人は、英語ではなく「現地語」と回答。「留学先は英語コースだったが、英語に加えてフランスを日常会話レベルまで持っていけば、もっと現地でいろんな人と関われたと思う。あとはテトゥン語とバハサインドネシア語が話せていれば、現地の文化をもっと深く知れていた」など、英語に加えて現地で使われている言語についても事前に学んでおくことで、留学先での学びが深まると感じた方が少なからずいたようです。

先輩留学生が親に感謝していることベスト3とは?

関連記事

2015/07/24更新

Vol.022 トビタテ!留学JAPAN プロジェクトディレクター 船橋力さん

グローバル化で世界はひとつの村になる早いうちから世界に飛び立ち、 視野を広げる体験を積んでほしい

2015/07/17更新

Vol.022 トビタテ!留学JAPAN プロジェクトディレクター 船橋力さん

グローバル化で世界はひとつの村になる早いうちから世界に飛び立ち、 視野を広げる体験を積んでほしい

学習者・OBOG  2015/10/20更新

Vol.109 留学したKUMONのOB・OGたち

人生の可能性を広げる 留学に挑戦! ~海外留学したKUMONのOB・OGが語る留学~

学習者・OBOG  2017/07/11更新

Vol.217 「トビタテ!留学JAPAN」の公文生

「一歩踏み出せば楽しいことが待っている」 「答えは自分で見つけるもの」 留学にチャレンジするKUMONのOB・OGたち

2018/06/08更新

Vol.054 「輪島キリモト」8代目 ブランドディレクター
桐本滉平さん

過去の自分を超えていく 実感をもとに伝えていきたい 輪島塗と漆の魅力

バックナンバー

子育て・家庭学習  2021/03/02更新

Vol.393 家庭学習調査2020(2)学習指導要領改訂後の認知と評価

家庭学習調査から見える 「新学習指導要領」の認知と評価は?

KUMONグループの活動  2021/02/24更新

Vol.392 ~創始者公文公の言葉より~

    公文式の原点⑪            <高校でできるようにする>

KUMONグループの活動  2021/02/16更新

Vol.391 公文式日本語最終教材修了生が語る自学自習の魅力とは?

自学自習でコツコツ学習することで、 「やればできる」経験を積み、 その先の挑戦へ!

KUMONグループの活動  2021/02/09更新

Vol.390 タイム誌による初めての「Kid of the Year(キッド・オブ・ザ・イヤー)」に選出

ギタンジャリ・ラオ(Gitanjali Rao)さん 得意な科学と技術を使って 人を笑顔にしたい

子育て・家庭学習  2021/02/02更新

Vol.389 家庭学習調査2020(1)
子どもの家庭での過ごし時間の変化

家庭学習調査から見える 「新学習指導要領」の認知と評価、 そしてオンライン学習の実態は?

KUMONトピックス カテゴリー別インデックス
記事アクセスランキング
おすすめ記事 Recommended Articles
OB・OGインタビュー
Catch the Dream 夢をかなえる力
NEW
Vol.074 後編
女子レスリング選手
登坂絵莉さん
「よくがんばったね!」は 子どもを成長させる魔法の言葉 前へ前へと進んでいける
Vol.074 前編
女子レスリング選手
登坂絵莉さん
「よくがんばったね!」は 子どもを成長させる魔法の言葉 前へ前へと進んでいける
Vol.073
講談師
旭堂南湖さん
最初から100点満点を目指さなくていい 間違ってもいいから繰り返し、 続けていけば、芸も学びも磨かれる
Vol.072
読売巨人軍 球団職員
矢貫俊之さん
行き詰まっても逃げないで あきらめずにぶつかって 答えは自分で見つけよう
スペシャルインタビュー
Academic Milestones 学びを究める力
NEW
Vol.065 後編
もり内科クリニック院長
布施医師会(東大阪市)理事
田仲みすず先生
「できること」「得意なこと」に目を向けよう できないことが増えても、まわりが上手に合いの手を入れる 「お餅つきサポート」で、地域の誰もが笑顔になる
Vol.065 前編
もり内科クリニック院長
布施医師会(東大阪市)理事
田仲みすず先生
「できること」「得意なこと」に目を向けよう できないことが増えても、まわりが上手に合いの手を入れる 「お餅つきサポート」で、地域の誰もが笑顔になる
Vol.064
神田外語大学 特任講師
上原雅子先生
言語は「伝える」ためにある 「伝えたい」という気持ちを込めて 自分の意見を発言してみよう
Vol.063
往来物研究家
小泉吉永先生
江戸の知恵には学びがあふれている “好き”をとことん掘り下げて 出会いを引き寄せよう
KUMON now! フェイスブックページ
KUMON now!に「いいね」して、子育てに役立つ情報を受け取ろう!