KUMONトピックス
Feature Report - 進化し続ける活動
カテゴリーを表示

調査・研究・アンケート  2016/04/26更新

Vol.148 先輩留学生からのメッセージ  

留学とは「発見」
自分日本、そして世界と向き合い
それぞれの新たな一面発見できる

KUMONでは、文部科学省および独立行政法人日本学生支援機構による「トビタテ!留学JAPAN 日本代表プログラム」で留学した学生46名にアンケート協力いただき、留学に興味をもった時期やきっかけ、留学で身についた力、親に感謝していることなどを聞きました。「なぜ留学に行き、何を得たのか?」彼らの生の声から、イマドキの大学生の留学事情についてご紹介します。

留学に興味を持ったのは「中高生時代」以降
きっかけは「身近な人」

アンケートに回答してくれた46名の学生たちの留学先は、さまざまでした。代表的な留学先として知られるアメリカやイギリスの他、アフリカはウガンダ、ザンビア、タンザニア、マラウィ、中南米はアルゼンチン、グアテマラ、ホンジュラス、アジアはインドネシアやカンボジア、ヨーロッパはデンマークやポーランドなど37か国にものぼりました。

留学期間としては、「6か月以上1年未満」が全体の約6割という結果でした。留学の形態としては、「交換留学や派遣留学」が4割強を占めましたが、そのスタイルはさまざま。単位取得を目的として学校に通うアカデミックな留学だけでなく、インターンシップやボランティアといった海外での多様な活動を応援する「トビタテ!留学JAPAN 日本代表プログラム」ならではの回答結果かもしれません。

そんな学生たちに、留学に興味を持った時期とそのきっかけについて聞いてみました。留学に興味を持ったのは、「中高生時代」が23人、「大学入学以降」が16人と「中高生時代以降」が大半を占めました。そのきっかけは、「何となく海外に興味があった」という理由に続き、「友人が留学した」「身近に海外からの留学生がいた」などが挙げられました。“留学を身近に感じられる環境”が影響しているといえそうです。

また、海外旅行や親の海外赴任などで「小さいころから海外によく行っていた」「英語(語学)を学ぶのが好きだった」など、海外を身近に感じた経験から、留学に興味を持つようになったという方は11名で回答者の4分の1ほどでした。

留学経験者が語る、留学中に「やってよかったこと」「やっておけばよかったこと」は?

留学中に「やってよかったこと」として、多くの留学経験者が挙げたのは、「できるかぎり多くの場所へ足を運び、さまざまな講演会やカンファレンスに参加し、一人でも多くの方と接してお話しできるようにした」、「現地のSNSや情報のプラットフォームに登録し、現地の方が触れる情報に自分も触れるようにした」、「ディベートクラブ、ボランティア、インターンなど興味のある活動には積極的に参加した」など、現地で積極的に活動することでした。

一方、「やっておけばよかったこと」として挙げられたのは、ダントツで「語学」という結果でした。じつに回答者の7割近くの方が「語学」を挙げ、その約3分の1にあたる10人は、英語ではなく「現地語」と回答。「留学先は英語コースだったが、英語に加えてフランスを日常会話レベルまで持っていけば、もっと現地でいろんな人と関われたと思う。あとはテトゥン語とバハサインドネシア語が話せていれば、現地の文化をもっと深く知れていた」など、英語に加えて現地で使われている言語についても事前に学んでおくことで、留学先での学びが深まると感じた方が少なからずいたようです。

先輩留学生が親に感謝していることベスト3とは?

関連記事

KUMONグループの活動  2018/12/25更新

Vol.289 トビタテ!留学JAPAN ―留学体験発表会

一歩踏み出す勇気を持って 世界へ飛び立とう

2015/07/24更新

Vol.022 トビタテ!留学JAPAN プロジェクトディレクター 船橋力さん

グローバル化で世界はひとつの村になる早いうちから世界に飛び立ち、 視野を広げる体験を積んでほしい

2015/07/17更新

Vol.022 トビタテ!留学JAPAN プロジェクトディレクター 船橋力さん

グローバル化で世界はひとつの村になる早いうちから世界に飛び立ち、 視野を広げる体験を積んでほしい

学習者・OBOG  2017/07/11更新

Vol.217 「トビタテ!留学JAPAN」の公文生

「一歩踏み出せば楽しいことが待っている」 「答えは自分で見つけるもの」 留学にチャレンジするKUMONのOB・OGたち

学習者・OBOG  2015/10/20更新

Vol.109 留学したKUMONのOB・OGたち

人生の可能性を広げる 留学に挑戦! ~海外留学したKUMONのOB・OGが語る留学~

バックナンバー

KUMONグループの活動  2019/02/19更新

Vol.295 茅ケ崎市 脳の健康教室

95歳でいきいき暮らす秘訣とは?

KUMONグループの活動  2019/01/29更新

Vol.294 公文式の施設導入――
ひまわり学園真美ケ丘自立訓練校

学習によって生まれた 訓練生の「自信」と職員の「モチベーション」 お互いの「信頼関係」

KUMONグループの活動  2019/01/22更新

Vol.293 持続可能な教育支援と国際貢献

バングラデシュでの取り組みが 首相官邸国際広報映像として 世界各地のCNNで放送!

KUMONグループの活動  2019/01/15更新

Vol.292 公文書写―公文書写教室編

あらゆる世代の方々が それぞれの目標に向かって

KUMONグループの活動  2019/01/11更新

Vol.291 仲間たちとともに60周年
~Honda TV出演~

60周年コラボレーション HondaTV × 公文式

KUMONトピックス カテゴリー別インデックス

記事アクセスランキング

おすすめ記事 Recommended Articles
OB・OGインタビュー
Catch the Dream 夢をかなえる力
NEW
Vol.060 後編
環境省対馬自然保護官事務所
堺真由子さん
遠回りしたとしても 「好き」な気持ちを大切に 一歩を踏み出せば夢は近づく
Vol.060 前編
環境省対馬自然保護官事務所
堺真由子さん
遠回りしたとしても 「好き」な気持ちを大切に 一歩を踏み出せば夢は近づく
Vol.059
ジャズヴォーカリスト
古瀬里恵さん
何ごとも続けることが力になる その力が自信となって チャレンジする勇気につながる
Vol.058
コピーライター
佐々木圭一さん
「伝え方」を学べば、  人の心を動かし行動を変えられる。  子どもたちの夢を後押しできる。
スペシャルインタビュー
Academic Milestones 学びを究める力
NEW
Vol.052 後編
國學院大學文学部哲学科教授
藤澤紫先生
江戸文化に「遊び心」があふれていたように 学びの中にも「遊び心」を見つけていこう
Vol.052 前編
國學院大學文学部哲学科教授
藤澤紫先生
江戸文化に「遊び心」があふれていたように 学びの中にも「遊び心」を見つけていこう
Vol.051
跡見学園女子大学 学長
笠原 清志先生
心を開き、異質なものへの 素直な興味を持ち続けよう
Vol.050
大阪市立大学大学院 経営学研究科 教授
山田 仁一郎先生
「学問」は先人から受け取った 人類の「知恵の蓄積」 未来につなぐため、学び続けよう
KUMON now! フェイスブックページ
KUMON now!に「いいね」して、子育てに役立つ情報を受け取ろう!

What’s
KUMON?

これまでも。これからも。
KUMONはずっと
「学ぶ集団」であり続けます。

KUMONは、50を超える国と地域に、「学び」を提供しています。

乳幼児から高齢者まで。
生涯を通じて学ぶ喜びをお届けします。

Baby Kumon / 書籍・知育玩具 / 学校・施設・企業への導入 /
認知症の予防と維持・改善 / 書写 /
日本語/ フランス語/ ドイツ語

公文教育研究会
代表取締役社長
池上 秀徳

指導者も社員も
「子どもから学ぶ」。
KUMONはいつも
学び続ける集団です。

私たちが大切にしている、創始者の
ことばがあります。

学ぶ力は、やがて生きる力へ。
KUMONは一組の親子の
絆から生まれました。

KUMONは、公文式学習を通して、
「生きる道を自らの力で切り拓いて
いける健全で有能な人材」の育成を
目指しています。

公文式教材のひみつを
わかりやすくご紹介。

公文式になくてはならない
指導者の役割とは。

私たちには「夢」があります。教育を通じて世界平和に貢献することです。

時を越えて。国境を越えて。
すべては、一人ひとりのために。

日本の子どもたちから
世界中の人たちへ。

    • KUMONグループ会社一覧
    • さまざまな場で「個人別・
      ちょうどの学習」を実践。
      世界各地に広がっています。
    • お問い合わせ・資料請求
      KUMONへのご意見、ご質問などを
      お寄せください。
    • お問い合わせ
    • ロゴに込められた想い
    • この、KUMONのロゴ。どこかで見かけたことありませんか?
      このロゴには私たちの想いがたくさんつまっています。