トップ > KUMON now! > OB・OGインタビュー > トビタテ!留学JAPAN プロジェクトディレクター 船橋 力さん(後編)

OB・OGインタビュー
Catch the Dream - 夢をかなえる力

2015/07/24更新

Vol.022 トビタテ!留学JAPAN プロジェクトディレクター 船橋力さん  後編

グローバル化
世界はひとつの村になる
早いうちから世界に飛び立ち、
視野を広げる体験を積んでほしい

船橋力 (ふなばし ちから)
1994年、上智大学卒業後、伊藤忠商事株式会社に入社し、ODAプロジェクトを手がける。2000年、株式会社ウィル・シードを設立し、企業と学校向けの体験型・参加型の教育プログラムを提供する事業を手がけた。2009年には世界経済フォーラムのヤング・グローバル・リーダーに選出。現在は、文部科学省・官民協働海外留学創出プロジェクトのプロジェクトディレクターを務める。

民間寄付目標額200億円という、かつてない規模の留学支援の官民協働プロジェクトを取りまとめる船橋力さん。大手総合商社での勤務から起業家を経ての転身ということで、小さいころからリーダーシップを発揮してきたのかと思いきや、意外にも幼いころは引っ込み思案だったそう。両親の教えと、視座の高い仲間に影響を受け、いま社会起業家の精神で活躍するまでの軌跡についてうかがいました。

視座が高い仲間に支えられて国家プロジェクトにチャレンジ

トビタテ!留学JAPANプロジェクトチーム

 ダボス会議を通して、ヤング・グローバル・リーダーでつながった仲間ができ、目線を上げられる体験をしてきました。印象的なのは、東日本大震災のときの話。震災の3日後に、近藤正晃ジェームスさん(Twitter Japan代表)や、藤沢久美さん(ソフィアバンク代表)、高島宏平さん(オイシックス代表取締役)たちから、被災地のために何ができるか、スカイプで緊急会議をしようと持ちかけられました。震災の影響で、それぞれの会社も大変なときだったので、とても驚きました。会議した結果、「BEYOND Tomorrow」(一般財団法人教育支援グローバル基金)という、被災地の学生たちの教育を支えるための団体を立ち上げて活動することに決めました。

さて、トビタテ!が発足したのは、2013年4月に文部科学大臣とそんなヤング・グローバル・リーダーの仲間たちで、日本のこれからの教育について議論したのがきっかけです。世界のグローバル化が進む流れに反して、2004年を境に留学する日本の学生が減ってきていました。このままでは日本が取り残されてしまうという危機意識から、意欲のある学生を世界に出すべきだという話になりました。大臣も同じ想いを持たれていて、意気投合しました。

ダボス会議の体験から、世界を知り発信していかなければならない時代であることを肌で感じていました。その上、信頼しているヤング・グローバル・リーダーの仲間たちに推される形で、これは運命、使命であると感じ、トビタテ!にコミットしたいと強く思ったのです。

船橋さんが考える「これからの子どもたちに必要な3つのこと」とは?

関連記事

2015/07/17更新

Vol.022 トビタテ!留学JAPAN プロジェクトディレクター 船橋力さん

グローバル化で世界はひとつの村になる早いうちから世界に飛び立ち、 視野を広げる体験を積んでほしい

KUMONグループの活動  2018/12/25更新

Vol.289 トビタテ!留学JAPAN ―留学体験発表会

一歩踏み出す勇気を持って 世界へ飛び立とう

学習者・OBOG  2017/07/11更新

Vol.217 「トビタテ!留学JAPAN」の公文生

「一歩踏み出せば楽しいことが待っている」 「答えは自分で見つけるもの」 留学にチャレンジするKUMONのOB・OGたち

学習者・OBOG  2015/10/20更新

Vol.109 留学したKUMONのOB・OGたち

人生の可能性を広げる 留学に挑戦! ~海外留学したKUMONのOB・OGが語る留学~

調査・研究・アンケート  2016/04/26更新

Vol.148 先輩留学生からのメッセージ

留学とは「発見」! 自分、日本、そして世界と向き合い それぞれの新たな一面を発見できる

バックナンバー

2020/03/06更新

Vol.068 バレエダンサー
ニコライ・ヴィユウジャーニンさん

「石の上にも三年」の気持ちで 一歩一歩進んでいけば 山も登れる

2020/02/07更新

Vol.067 AKB48
武藤十夢さん

「可能性の追求」を続けて 新しい扉を自分で開こう

2019/12/13更新

Vol.066 ジュエリーアーティスト
Lily/福嶋真由子さん

楽しいこともつらいことも すべてのことには意味があり 「学び」や「チャンス」につながる 経験となる

2019/11/29更新

Vol.065 弁護士・薬剤師・弁理士
中村智広さん

一つひとつ積み重ねた結果、今がある 枠にとらわれず好奇心をもち、 学び続けて前進しよう

2019/09/27更新

Vol.064 小説家
伊与原新さん

自分の手をたくさん動かし続けて 小さな成功体験を積み重ねれば 見える世界は広がっていく

記事アクセスランキング

おすすめ記事 Recommended Articles
KUMONトピックス
Feature Report 進化し続ける活動
カテゴリーを表示
NEW
Vol.347
家庭学習調査2019(1) 子どもの家庭での過ごし方
ゲーム、テレビ、外、学習・・・ 子どもは家で何をして過ごしているのか
Vol.346
くもんの「漢字カード」誕生の背景
文字への興味からことばの世界を広げ、 そして読書へ
Vol.345
寺子屋で学んだ子どもたち
江戸時代に求められた寺子屋での学び
Vol.344
江戸時代のひな祭り―浮世絵から見える江戸時代の人々
女の子の健やかな成長と幸せを祈って
スペシャルインタビュー
Academic Milestones 学びを究める力
NEW
Vol.060 後編
合同会社MAZDA Incredible Lab CEO
松田孝さん
プログラミングをきっかけに 未来社会に向けて 「新しい学び」を獲得していこう
Vol.060 前編
合同会社MAZDA Incredible Lab CEO
松田孝さん
プログラミングをきっかけに 未来社会に向けて 「新しい学び」を獲得していこう
Vol.059
慶應義塾大学医学部
精神・神経科学教室専任講師・医学博士
佐渡充洋先生
「ネガティブな自分」を 理解することは「ポジティブな学び」 楽しいことも苦しいことも一生懸命体験しよう
Vol.058
早稲田大学 教育・総合科学学術院 教授
澤木泰代先生
言語を学べば、 知らなかったことを知ることができる 一歩一歩、「知るよろこび」「進むよろこび」を味わおう
KUMON now! フェイスブックページ
KUMON now!に「いいね」して、子育てに役立つ情報を受け取ろう!