OB・OGインタビュー
Catch the Dream - 夢をかなえる力

2015/07/03更新

Vol.021 天文学者 布施哲治さん  前編

10年後目標を思い描いて
たくさんの”引き出し”を持とう

布施哲治 (ふせ てつはる)
1970年神奈川県生まれ。総合研究大学院大学博士課程修了、博士(理学)。国立天文台ハワイ観測所広報担当研究員を経て、現在は情報通信研究機構鹿島宇宙技術センター主任研究員。研究テーマは太陽系天文学、とくに衛星や彗星、小惑星、太陽系外縁天体、準惑星など。日本の「はやぶさ・はやぶさ2」ミッションやアメリカNASAの「ニュー・ホライズンズ」ミッションに携わり、最近では地球の周りを回る人工衛星を研究開発している。著書に『なぜ、めい王星は惑星じゃないの?』(くもん出版)ほか。

情報通信研究機構鹿島宇宙技術センターで天文学や人工衛星の研究開発を重ねる天文学者の布施哲治さん。書籍の出版や講演会など“天文のスポークスマン”としても広く活躍されています。そんな布施さんを天文の世界へと導いた最初のきっかけは、幼きころに両親から買ってもらった一冊の図鑑でした。

たくさんの引き出しを持つことが有利な時代

ただ、小さいころからずっと星のことだけに携わってここまできたかといえば、決してそうではありませんでした。公文をはじめ、色々な習い事をやっていました。習字もやったし、学校のクラブ活動とは別に、バスケットボールやソフトボールもやっていました。まさに、つまみ食いですね(笑)。

「ひとつのことに集中する」という考え方もあるとは思いますが、私は色々なことをやるのが楽しかった。趣味の釣りも徹底的に自分で研究しましたね。いまになって思うのは、たとえ一つひとつに取り組んだ時期は短くても、子どものころに色々とやっていたことは決して無駄ではなかったなということです。大人になってからでは短期間で習得できないようなことも、子ども時代の持ち前の吸収力で身につけられることってあると思うんです。私の場合、子ども時代に独学で弾き始めたギターやドラムはいまでもできるので、うちの子どもたちもびっくりしています。

それはおそらく仕事も同じではないでしょうか。ひとつのことだけを10年、20年やってきました、というのが強みとなる職業もありますよね。例えば、スポーツ選手とか、アーティストとか。ただし、それを本当に仕事にできるのは、ごく限られた人たちだけと言えます。

それに対して、取り組んだ時間は短かったけれど、あれもこれもやったという経験を持つ人は、そうではない人に比べて、物事を解決できるキーを多く持っていると言うことができるのではないでしょうか。昔と違って、いまはマルチな人材を求める時代ですから、子どもたちに必要なのは、たくさんの“引き出し”なのではないかと思います。

ずっとひとつのことをやり続けてきた人には、大きな引き出しがひとつ。一方、色々なことをやってきた人には、小さいけれどたくさんの引き出しがある。人生の岐路に立たされたとき、どちらかといったら多くの引き出しを持っている人の方が有利になる時代だと思うんです。

未知のものに挑戦しようと思ったとき、引き出しの多い人は解決の手助けとなるものが自分の引き出しのどこかに入っている可能性が高いわけですよ。「それって、前にやったあれに近いかもしれない」と考えることができれば、より“きっかけ”をつかみやすいというか。幸い私の両親は「何でもやってみたらいい」と言ってくれるタイプだったので、振り返ってみればそれは本当にありがたかったです。

布施さんが大学院卒業後すぐにポストを得られた理由とは?

関連記事

2015/07/10更新

Vol.021 天文学者 布施哲治さん

10年後の夢や目標を思い描いて たくさんの”引き出し”を持とう

2016/10/14更新

Vol.037 宇宙ベンチャー・株式会社ALE代表
岡島 礼奈さん

可能性に限界はない 目標を大きな山と考えれば、 登り方はいくらでもある

2016/10/07更新

Vol.037 宇宙ベンチャー・株式会社ALE代表
岡島 礼奈さん

可能性に限界はない 目標を大きな山と考えれば、 登り方はいくらでもある

2019/09/27更新

Vol.064 小説家
伊与原新さん

自分の手をたくさん動かし続けて 小さな成功体験を積み重ねれば 見える世界は広がっていく

2019/10/04更新

Vol.064 小説家
伊与原新さん

自分の手をたくさん動かし続けて 小さな成功体験を積み重ねれば 見える世界は広がっていく

バックナンバー

2020/07/10更新

Vol.070 文化遺産コンサルタント
佐々木義孝さん

「今の環境でしか出来ないこと」から 「その環境で自分が夢中になれること」 を探して、実践していくと、道は開けてくる

2020/05/22更新

Vol.069 米ベンチャー投資家/京都大学特任准教授(DNX Ventures インダストリーパートナー)
山本康正さん

「見晴らしの良い場所」から 学ぶことで未来はよりよく見える

2020/03/06更新

Vol.068 バレエダンサー
ニコライ・ヴィユウジャーニンさん

「石の上にも三年」の気持ちで 一歩一歩進んでいけば 山も登れる

2020/02/07更新

Vol.067 AKB48
武藤十夢さん

「可能性の追求」を続けて 新しい扉を自分で開こう

2019/12/13更新

Vol.066 ジュエリーアーティスト
Lily/福嶋真由子さん

楽しいこともつらいことも すべてのことには意味があり 「学び」や「チャンス」につながる 経験となる

記事アクセスランキング

おすすめ記事 Recommended Articles
KUMONトピックス
Feature Report 進化し続ける活動
カテゴリーを表示
NEW
Vol.365
~創始者公文公の言葉より~
    公文式の原点④            <家庭教育>
Vol.364
本のなかで、自由な心で過ごしてみよう
さあ、どんな本を読もう? くもん出版オススメ 夏休みに 読んでみたい本
Vol.363
特別企画 子育てのヒント‐「自立」のためにできること(1)
親子コミュニケーションに工夫を! ~ことばの力を鍛えよう~
Vol.362
浮世絵から見える江戸時代の人々「七夕」
裁縫や手習い、技芸の上達を願って ~人々の暮らしと「七夕」の関係~
スペシャルインタビュー
Academic Milestones 学びを究める力
NEW
Vol.062 後編
筑波大学国際発達ケア:エンパワメント科学研究室教授・保健学博士
安梅勅江先生
「エンパワメント」の力が 「みんなが夢を持てる世界」を実現する
Vol.062 前編
筑波大学国際発達ケア:エンパワメント科学研究室教授・保健学博士
安梅勅江先生
「エンパワメント」の力が 「みんなが夢を持てる世界」を実現する
Vol.061
臨床心理士、国際TA協会公認交流分析家
末松渉先生
「心の危機」は成長の機会でもある 「学ぶ喜び」を知って 「生きる力」にしていこう
Vol.060
合同会社MAZDA Incredible Lab CEO
松田孝さん
プログラミングをきっかけに 未来社会に向けて 「新しい学び」を獲得していこう
KUMON now! フェイスブックページ
KUMON now!に「いいね」して、子育てに役立つ情報を受け取ろう!