OB・OGインタビュー
Catch the Dream - 夢をかなえる力

2019/09/27更新

Vol.064 小説家
伊与原新さん  前編

自分の手をたくさん動かし続けて
小さな成功体験を積み重ねれば
見える世界は広がっていく

伊与原 新 (いよはら しん)
1972年大阪府生まれ。神戸大学理学部卒業後、東京大学大学院理学系研究科で地球惑星科学を専攻し、博士課程修了。2010年、『お台場アイランドベイビー』(角川書店)で第30回横溝正史ミステリ大賞を受賞。2019年には『月まで三キロ』(新潮社)で第38回新田次郎文学賞を受賞。その他の著書に、『プチ・プロフェスール』(角川書店)、『ルカの方舟』(講談社)、『博物館のファントム』(集英社)『ブルーネス』(文藝春秋)『コンタミ 科学汚染』(講談社)などがある。

大学院で地球惑星科学を専攻し、研究者の道を歩んでいた伊与原新さん。研究中に思いついたトリックを元に書いた小説が編集者の目にとまり、執筆を続け、『お台場アイランドベイビー』で小説家デビューを果たします。地球惑星科学の視点が散りばめられたエンターテインメント小説『月まで三キロ』では、悩みや孤独を抱える普通の人々が、偶然、科学の世界に触れたことで、心持ちが変わっていく様子を描き、第38回新田次郎文学賞を受賞。研究者時代は、公文式で身につけた「小さな成功体験の積み重ね」が役に立ったという伊与原さん。なぜ研究者を目指し、どのような思いで小説家へ転身されたのでしょうか。小説家の日常や、創作活動で大切にしていることなどについてもうかがいました。

小学生の頃は漫画家になりたくて、ずっと絵を描いていた

伊与原新さん

今はちょうど、原稿をひとつ書き終えたところです。内容を少し紹介すると、宮沢賢治が教師をしていた花巻農学校の後身の農業高校に地学部を作るというお話です。文学や童話ではなくて、地学研究者としての宮沢賢治に光を当てた青春小説です。

私はずっと科学を題材に執筆していますが、高校生が主人公の小説は初めてです。物語のモデルにした花巻農業高校に実際に取材を申し込んで、高校生たちにも話を聞きました。その意味ではこの執筆は私にとっては新鮮でした。

今のところ2年にだいたい3作品くらい書いていますが、半年で書けるものもあれば、1年以上書き続けているものもあります。構想に1年、編集者と打ち合わせながら、書き始めてからも1年、計2年くらいかかる場合もあります。着想のヒントは、科学雑誌を読んだり、SNSで科学関連の投稿をフォローして、おもしろい着眼点を参考にしたりすることもあります。

私は若い頃、特に研究者時代は夜型でしたが、小説家に転身してから最近は完全に朝方になりました。午前中の方が集中できるのですが、締め切りが迫っていたら徹夜することもあります。ふだんは午前中執筆して、昼からは本を読んだり資料を探して街をさまよったり。パソコンに向かっていて、煮詰まってきたらカフェに行って書くこともあります。

でも、小さい頃から小説家に憧れていたわけではありません。子どもの頃は、藤子不二雄が大好きで、漫画家になりたいと思っていました。宇宙や惑星にも興味があって、藤子不二雄のマンガの中でもSFっぽいものがすごく好きで、真似してずっと絵を描いていたほどです。

宇宙や惑星に関心をもつようになったのは、父の影響もあるかもしれません。工学部出身でメーカーのエンジニアをしていた父は、科学が好きで、家には『ニュートン』などの科学雑誌や科学系の書籍がたくさんありました。私は小学生くらいから、それらの雑誌に触れていました。

地球惑星物理学を学び「地磁気」の研究者へ

関連記事

2019/10/04更新

Vol.064 小説家
伊与原新さん

自分の手をたくさん動かし続けて 小さな成功体験を積み重ねれば 見える世界は広がっていく

2020/02/07更新

Vol.067 AKB48
武藤十夢さん

「可能性の追求」を続けて 新しい扉を自分で開こう

2016/10/07更新

Vol.037 宇宙ベンチャー・株式会社ALE代表
岡島 礼奈さん

可能性に限界はない 目標を大きな山と考えれば、 登り方はいくらでもある

KUMONグループの活動  2016/01/18更新

Vol.130 香港でのKUMON

未知の内容を自分で考えて 学ぶことは心を強くする

2016/11/04更新

Vol.038 スイーツジャーナリスト 平岩 理緒さん

コツコツを積み重ねれば 必ず自分の力になり結果を生み出す 夢があればやがてひとつの道でつながる

バックナンバー

2021/01/08更新

Vol.074 女子レスリング選手
登坂絵莉さん

「よくがんばったね!」は 子どもを成長させる魔法の言葉 前へ前へと進んでいける

2020/11/06更新

Vol.073 講談師
旭堂南湖さん

最初から100点満点を目指さなくていい 間違ってもいいから繰り返し、 続けていけば、芸も学びも磨かれる

2020/09/11更新

Vol.072 読売巨人軍 球団職員
矢貫俊之さん

行き詰まっても逃げないで あきらめずにぶつかって 答えは自分で見つけよう

2020/08/07更新

Vol.071 アート・トランスレーター
田村 かのこさん

今ある“型”にはまらなくていい 自分にできることを一つずつ進めていけば自ら“型”をつくることができる

2020/07/10更新

Vol.070 文化遺産コンサルタント
佐々木義孝さん

「今の環境でしか出来ないこと」から 「その環境で自分が夢中になれること」 を探して、実践していくと、道は開けてくる

記事アクセスランキング

おすすめ記事 Recommended Articles
KUMONトピックス
Feature Report 進化し続ける活動
カテゴリーを表示
NEW
Vol.387
特別企画 子育てのヒント‐「自立」のためにできること(4)
子どもの自立をのぞむなら まずは大人が主体的な姿勢を見せよう お話:岡山大学准教授 中山芳一先生
Vol.386
公文書写-家族で学習
どんな時代でも 家族で楽しく、学び続ける ~公文エルアイエル~
Vol.385
浮世絵から見える江戸時代の人々「書初め」
新しい一年の目標や抱負を胸に ~江戸時代の人々のお正月~
Vol.384
~創始者公文公の言葉より~
    公文式の原点⑨            <100点主義>
スペシャルインタビュー
Academic Milestones 学びを究める力
NEW
Vol.065 後編
もり内科クリニック院長
布施医師会(東大阪市)理事
田仲みすず先生
「できること」「得意なこと」に目を向けよう できないことが増えても、まわりが上手に合いの手を入れる 「お餅つきサポート」で、地域の誰もが笑顔になる
Vol.065 前編
もり内科クリニック院長
布施医師会(東大阪市)理事
田仲みすず先生
「できること」「得意なこと」に目を向けよう できないことが増えても、まわりが上手に合いの手を入れる 「お餅つきサポート」で、地域の誰もが笑顔になる
Vol.064
神田外語大学 特任講師
上原雅子先生
言語は「伝える」ためにある 「伝えたい」という気持ちを込めて 自分の意見を発言してみよう
Vol.063
往来物研究家
小泉吉永先生
江戸の知恵には学びがあふれている “好き”をとことん掘り下げて 出会いを引き寄せよう
KUMON now! フェイスブックページ
KUMON now!に「いいね」して、子育てに役立つ情報を受け取ろう!