OB・OGインタビュー
Catch the Dream - 夢をかなえる力

2019/10/04更新

Vol.064 小説家
伊与原新さん  後編

自分の手をたくさん動かし続けて
小さな成功体験を積み重ねれば
見える世界は広がっていく

伊与原 新 (いよはら しん)
1972年大阪府生まれ。神戸大学理学部卒業後、東京大学大学院理学系研究科で地球惑星科学を専攻し、博士課程修了。2010年、『お台場アイランドベイビー』(角川書店)で第30回横溝正史ミステリ大賞を受賞。2019年には『月まで三キロ』(新潮社)で第38回新田次郎文学賞を受賞。その他の著書に、『プチ・プロフェスール』(角川書店)、『ルカの方舟』(講談社)、『博物館のファントム』(集英社)『ブルーネス』(文藝春秋)『コンタミ 科学汚染』(講談社)などがある。

大学院で地球惑星科学を専攻し、研究者の道を歩んでいた伊与原新さん。研究中に思いついたトリックを元に書いた小説が編集者の目にとまり、執筆を続け、『お台場アイランドベイビー』で小説家デビューを果たします。地球惑星科学の視点が散りばめられたエンターテインメント小説『月まで三キロ』では、悩みや孤独を抱える普通の人々が、偶然、科学の世界に触れたことで、心持ちが変わっていく様子を描き、第38回新田次郎文学賞を受賞。研究者時代は、公文式で身につけた「小さな成功体験の積み重ね」が役に立ったという伊与原さん。なぜ研究者を目指し、どのような思いで小説家へ転身されたのでしょうか。小説家の日常や、創作活動で大切にしていることなどについてもうかがいました。

研究者のかたわら小説家デビューし、やがて専念することに

伊与原新さん

目指していたとおり、スムーズに研究者生活がスタートするのですが、助教になって5~6年経った頃でしょうか。思うような研究成果が出ない……と行き詰まって、研究者としての能力に限界を感じたり、面白くないなと思ったりするようになっていきます。その時期に小説を書いたんです。もちろん、書くことは始めてでした。

研究の過程ではさまざまな実験を行いますが、実験には結構待ち時間があるんです。その待ち時間によくミステリー小説を読んでいて、あるときミステリーのトリックを思いつきました。もしかしたら自分で推理小説が書けるかもしれないと思い、大学から帰宅後、毎晩のように小説を書くようになりました。

そしてせっかくだからと、江戸川乱歩賞に応募したところ、受賞には至りませんでしたが、最終候補に残りました。そのときに担当の編集者が、「もったいないから書き続けませんか?」と言ってくれました。それが今につながっているわけです。編集者に声をかけられたことは、うれしかったというか驚きました。もし彼がそのとき声をかけてくれなければ、すんなり研究の道に戻っていたかもしれません。その後に書いた『お台場アイランドベイビー』が横溝正史ミステリ大賞を受賞し、これがデビュー作となりました。

デビュー直後は締め切りのある仕事をたくさんもらい、今も大変ですが、当時は本当に大変でした。大学に勤務しながら書ければいいと考えていましたが、次第に二足のわらじは無理だということがわかってきました。どちらかを選ばないと両方ダメになると思った結果、小説を選びました。

周囲からは「二足のわらじで頑張ってみては?」と励まされましたが、小説を書いたらそのことしか考えられないし、研究するにも研究のことを一日中考えてないと成果は出せません。二足のわらじでやっている人もいるでしょうが、自分には難しいと感じたのです。

今となっては、研究者から小説家の道を選んで、「えらいことをしてしまった」という気もします(笑)。幸いこの決断に、妻からの反対はありませんでした。また、母は文学の世界に憧れのある人でしたから、すごく喜んでいました。

「面白くてためになる」小説を意識

関連記事

2019/09/27更新

Vol.064 小説家
伊与原新さん

自分の手をたくさん動かし続けて 小さな成功体験を積み重ねれば 見える世界は広がっていく

2016/10/14更新

Vol.037 宇宙ベンチャー・株式会社ALE代表
岡島 礼奈さん

可能性に限界はない 目標を大きな山と考えれば、 登り方はいくらでもある

2018/11/16更新

Vol.059 ジャズヴォーカリスト
古瀬里恵さん

何ごとも続けることが力になる その力が自信となって チャレンジする勇気につながる

2017/03/17更新

Vol.042 フリーアナウンサー
山本ミッシェールのぞみさん

与えられたチャンスには 心を開いて応えることで 世界はもっと広がっていく

2015/07/10更新

Vol.021 天文学者 布施哲治さん

10年後の夢や目標を思い描いて たくさんの”引き出し”を持とう

バックナンバー

2021/01/08更新

Vol.074 女子レスリング選手
登坂絵莉さん

「よくがんばったね!」は 子どもを成長させる魔法の言葉 前へ前へと進んでいける

2020/11/06更新

Vol.073 講談師
旭堂南湖さん

最初から100点満点を目指さなくていい 間違ってもいいから繰り返し、 続けていけば、芸も学びも磨かれる

2020/09/11更新

Vol.072 読売巨人軍 球団職員
矢貫俊之さん

行き詰まっても逃げないで あきらめずにぶつかって 答えは自分で見つけよう

2020/08/07更新

Vol.071 アート・トランスレーター
田村 かのこさん

今ある“型”にはまらなくていい 自分にできることを一つずつ進めていけば自ら“型”をつくることができる

2020/07/10更新

Vol.070 文化遺産コンサルタント
佐々木義孝さん

「今の環境でしか出来ないこと」から 「その環境で自分が夢中になれること」 を探して、実践していくと、道は開けてくる

記事アクセスランキング

おすすめ記事 Recommended Articles
KUMONトピックス
Feature Report 進化し続ける活動
カテゴリーを表示
NEW
Vol.387
特別企画 子育てのヒント‐「自立」のためにできること(4)
子どもの自立をのぞむなら まずは大人が主体的な姿勢を見せよう お話:岡山大学准教授 中山芳一先生
Vol.386
公文書写-家族で学習
どんな時代でも 家族で楽しく、学び続ける ~公文エルアイエル~
Vol.385
浮世絵から見える江戸時代の人々「書初め」
新しい一年の目標や抱負を胸に ~江戸時代の人々のお正月~
Vol.384
~創始者公文公の言葉より~
    公文式の原点⑨            <100点主義>
スペシャルインタビュー
Academic Milestones 学びを究める力
NEW
Vol.065 後編
もり内科クリニック院長
布施医師会(東大阪市)理事
田仲みすず先生
「できること」「得意なこと」に目を向けよう できないことが増えても、まわりが上手に合いの手を入れる 「お餅つきサポート」で、地域の誰もが笑顔になる
Vol.065 前編
もり内科クリニック院長
布施医師会(東大阪市)理事
田仲みすず先生
「できること」「得意なこと」に目を向けよう できないことが増えても、まわりが上手に合いの手を入れる 「お餅つきサポート」で、地域の誰もが笑顔になる
Vol.064
神田外語大学 特任講師
上原雅子先生
言語は「伝える」ためにある 「伝えたい」という気持ちを込めて 自分の意見を発言してみよう
Vol.063
往来物研究家
小泉吉永先生
江戸の知恵には学びがあふれている “好き”をとことん掘り下げて 出会いを引き寄せよう
KUMON now! フェイスブックページ
KUMON now!に「いいね」して、子育てに役立つ情報を受け取ろう!