OB・OGインタビュー
Catch the Dream - 夢をかなえる力

2016/10/07更新

Vol.037 宇宙ベンチャー・株式会社ALE代表
岡島 礼奈さん  前編

可能性限界はない
目標大きな山と考えれば、
登り方はいくらでもある

岡島 礼奈 (おかじま れな)
鳥取県出身。東京大学理学部天文学科卒業。同大学院理学系研究科天文学専攻にて博士号を取得。卒業後は、ゴールドマン・サックス証券戦略投資部にて債券投資事業に従事。2011年9月、人工流れ星を用いたエンターテインメントビジネスを展開する株式会社ALEを設立。2018年の人工流れ星実現に向けて準備を進める。

人工の流れ星を作る――そんな夢のような話が今、着々と実現へ向けて進んでいます。天文学の博士課程から、世界有数の証券会社を経て、現在は人工流れ星を作るプロジェクトの中心となっている「株式会社ALE」を経営する岡島礼奈さん。独創的なプロジェクトの立ち上げに至るまでの経緯と、そのアイデアを現実にする力は一体どこからやってくるのか、お話を伺いました。

「なんで?」ばかり言っている子どもでした

とにかくいつも「なんで?なんで?」ばかり言っている、好奇心旺盛な子どもだったようです。よく「子どもの『なんで?』をつぶしてはいけません」って言いますけど、親側からしたら大変だっただろうな、と。

幼稚園のときは、寄り道しながら草を見たり、バッタを捕まえたり、とくにアリの行列を見るのが好きでした。今、自分の子どもを昆虫ツアーに連れて行っても、私のほうが先に虫を見つけられますしね。身の回りの自然が好きで、おそらく不思議な動きをするものが好きだったんだと思います。休みのたびに両親は海や山に連れて行ってくれて、本当に自然の中で幼少期を過ごしていました。

公文を始めたのは4歳のとき。先に通っていた姉にくっついて行っていました。最初の頃はえんぴつで道をたどる迷路が楽しかったんですけど、あれよあれよという間に迷路から計算になって、「アレ? ちょっと違う?」って(笑)。両親からはよく、「公文が終わるまでは遊ばせない」って言われて、泣きながらやってましたね。でも、続けていて本当によかったと今では思います。4歳から算数を始め、小学生のときに国語と英語も入会。中学生のときに数学は高校相当の教材が終わりました。その貯金のおかげで学校の授業はだいぶ楽でした。だから私が「やめたい」と言っても、「自分でやりたいって言ったんでしょ!」とたしなめてくれた両親には感謝の気持ちでいっぱいです。

公文の他に行っていた習いごとはスイミングとピアノでした。でも水泳は小学校でやめて、ピアノは中学まで。この2つに関しては、やってみて自分に才能がないことがよくわかりました。才能がないものってできないんだなっていうのをひしひし感じたというか。いい意味であきらめがついたのは良かったと思います。

岡島さんが中学のころ興味を持って読んでいた漫画とは?

関連記事

2016/10/14更新

Vol.037 宇宙ベンチャー・株式会社ALE代表
岡島 礼奈さん

可能性に限界はない 目標を大きな山と考えれば、 登り方はいくらでもある

バックナンバー

2019/09/27更新

Vol.064 小説家
伊与原新さん

自分の手をたくさん動かし続けて 小さな成功体験を積み重ねれば 見える世界は広がっていく

2019/06/19更新

Vol.063 JAXA 宇宙航空研究開発機構 主任研究開発員
渡辺英幸さん

柔軟な価値観を持ち 変化を不安と思わずに チャンスととらえて楽しもう

2019/05/31更新

Vol.062 国連広報センター所長
根本かおるさん

「好奇心」は大切な原動力 What, Why, Howを自らに問いかけて 思考やものの見方を広げよう

2019/04/17更新

Vol.061 イラストレーター
ながおかえつこさん

迷ったときにはまず自ら動こう 周囲の空気が対流し 先につながる流れができてくる

2019/02/15更新

Vol.060 環境省対馬自然保護官事務所
堺真由子さん

遠回りしたとしても 「好き」な気持ちを大切に 一歩を踏み出せば夢は近づく

記事アクセスランキング

おすすめ記事 Recommended Articles
KUMONトピックス
Feature Report 進化し続ける活動
カテゴリーを表示
NEW
Vol.326
メキシコの教室の “Big Man”
数字が怖かったマヌエルさん 公文式学習から得たものは、仕事に 必要なスキルと自信そして学ぶ喜び
Vol.325
English Immersion Camp 2019
英語を使って世界を身近に ~イングリッシュ・イマージョン・キャンプ2019開催~
Vol.324
公文式の英語教材
子どもたちが自学自習 しやすくするために 一瞬の「間」も大切に
Vol.323
親子のきずなづくり
「ことばのやりとり」を通じて、 親子の“歯みがきタイム”を楽しい時間に
スペシャルインタビュー
Academic Milestones 学びを究める力
NEW
Vol.057 後編
中部大学 副学長 国際センター長
辻本雅史先生
くり返しによる「学びの身体化」で その学びは本物になる 学び続けて生涯自分を成長させよう
Vol.057 前編
中部大学 副学長 国際センター長
辻本雅史先生
くり返しによる「学びの身体化」で その学びは本物になる 学び続けて生涯自分を成長させよう
Vol.056
声楽家
安田祥子さん
歌いかけは親子をつなぐ大切な時間 童謡が持つ日本語の豊かさを大切に
Vol.055
東北大学スマート・エイジング学際重点研究
センター特任教授/村田アソシエイツ代表
村田裕之先生
「人生100年時代」に向け、 自分の「好き」を見つけて 「自分軸」で生きていこう
KUMON now! フェイスブックページ
KUMON now!に「いいね」して、子育てに役立つ情報を受け取ろう!