OB・OGインタビュー
Catch the Dream - 夢をかなえる力

2015/06/05更新

Vol.020 建築史・建築批評家 五十嵐太郎さん  前編

誰もやっていないことに
チャレンジしてみよう

未経験はむしろ自分の可能性
ひろげるチャンス

五十嵐 太郎 (いがらし たろう)
1967年フランス・パリ生まれ。1990年東京大学工学部建築学科卒業。1992年東京大学大学院修士課程修了。博士(工学)。中部大学工学部助教授、東北大学大学院准教授を経て、2009年から東北大学大学院教授。ヴェネツィアビエンナーレ国際建築展2008の日本館コミッショナー、あいちトリエンナーレ2013の芸術監督を務めた。著作に『現代建築に関する16章』(講談社現代新書)、『被災地を歩きながら考えたこと』(みすず書房)、『建築と音楽』(NTT出版)、『戦争と建築』(晶文社)など多数。

「建築史・建築批評家」として、「建築」という分野に軸足を置きながら、新聞の書評委員や映画のコメンテーターとしても活躍されている五十嵐太郎さん。来場者62万人を超えた「あいちトリエンナーレ2013」では、芸術監督を務められました。「より多くの人に建築はおもしろい!と思ってもらいたい」との思いで多彩な活動をされている五十嵐さんに、建築の魅力や「建築史・建築批評家」として活動される背景などについてうかがいました。

「表現すること」に興味を持ったきっかけは音楽だったロックから建築へ

中学・高校と、数学、物理、英語はできたので、必然的に「理系を受験したほうがいい」となりました。でもとくに勉強したい分野は決まっていなくて、学部に迷いました。そんなとき、東京大学だったら2年生になるまで専門を決めなくてもいいということを知って、「じゃあ、東大に行こう」と。

幸いなことに理科一類に合格したのですが、東大には自分よりすごい人がたくさんいます。これはかなわないと思い、逆の方、つまり人文系に近い建築に進むことにしました。「絶対建築に!」ということではなかったんです。

恥ずかしながら建築学科に進んでも勉強はほとんどせず、音楽、それもハードロックに熱中していました。中学・高校時代は音楽を聴いたり、ロックバンドの歴史や系統図を調べたり、という程度でしたが、大学に入ってからはバンドを組んで、大学院までライブ活動をしていましたね。

いまは建築という分野で表現行為をしているぼくですが、最初に表現行為に関心をもったのは音楽だったんです。聴くことはもちろんですが、ライナーノーツを読み込んで、このメンバーがこのバンドに入ったからこんな音楽性の影響を受けているとか、バンドの歴史や系統をひもといたりするのが楽しかった。それが「表現するとはどんなことだろう」という思いや、「人の表現行為に対して文章を書いてみたい」という気持ちの原点になっています。

大学4年になると、仲間は就職活動を始めましたが、ぼくにはピンとこなくて。親がサラリーマンではなかったこともあり、会社勤めは想像できなかったんですよね。それで、もう少し勉強するかと、大学院を受けることにしました。でもバンドに熱中していたせいもあり、受験に失敗して……。「これはまずいな、好きな音楽では食っていけないしな」と思い、この失敗をきっかけに、ようやくまじめに建築を勉強するようになったのです。

設計やデザインをやろうと思ったときもありましたが、その分野ではぼくよりもずっとできる人がいる。でも建築に関する文章を書いたり、コンセプトを考えたりすることは得意でした。対象は音楽から建築にシフトはしましたが、系統を追う、つまり歴史を研究するという意味では変わりなく、この頃からぼくの関心は建築史に向かうことになりました。


 

   

後編のインタビューから

– 「知的好奇心を持続できる人」が強く生き残る
– 未経験はむしろチャンス 「あいちトリエンナーレ2013」の芸術監督に
– より多くの人に「建築はおもしろい」と思ってもらいたい

 

関連記事

2015/06/12更新

Vol.020 建築史・建築批評家 五十嵐太郎さん

誰もやっていないことに チャレンジしてみよう 未経験はむしろ自分の可能性を ひろげるチャンス

バックナンバー

2019/09/27更新

Vol.064 小説家
伊与原新さん

自分の手をたくさん動かし続けて 小さな成功体験を積み重ねれば 見える世界は広がっていく

2019/06/19更新

Vol.063 JAXA 宇宙航空研究開発機構 主任研究開発員
渡辺英幸さん

柔軟な価値観を持ち 変化を不安と思わずに チャンスととらえて楽しもう

2019/05/31更新

Vol.062 国連広報センター所長
根本かおるさん

「好奇心」は大切な原動力 What, Why, Howを自らに問いかけて 思考やものの見方を広げよう

2019/04/17更新

Vol.061 イラストレーター
ながおかえつこさん

迷ったときにはまず自ら動こう 周囲の空気が対流し 先につながる流れができてくる

2019/02/15更新

Vol.060 環境省対馬自然保護官事務所
堺真由子さん

遠回りしたとしても 「好き」な気持ちを大切に 一歩を踏み出せば夢は近づく

記事アクセスランキング

おすすめ記事 Recommended Articles
KUMONトピックス
Feature Report 進化し続ける活動
カテゴリーを表示
NEW
Vol.326
メキシコの教室の “Big Man”
数字が怖かったマヌエルさん 公文式学習から得たものは、仕事に 必要なスキルと自信そして学ぶ喜び
Vol.325
English Immersion Camp 2019
英語を使って世界を身近に ~イングリッシュ・イマージョン・キャンプ2019開催~
Vol.324
公文式の英語教材
子どもたちが自学自習 しやすくするために 一瞬の「間」も大切に
Vol.323
親子のきずなづくり
「ことばのやりとり」を通じて、 親子の“歯みがきタイム”を楽しい時間に
スペシャルインタビュー
Academic Milestones 学びを究める力
NEW
Vol.057 後編
中部大学 副学長 国際センター長
辻本雅史先生
くり返しによる「学びの身体化」で その学びは本物になる 学び続けて生涯自分を成長させよう
Vol.057 前編
中部大学 副学長 国際センター長
辻本雅史先生
くり返しによる「学びの身体化」で その学びは本物になる 学び続けて生涯自分を成長させよう
Vol.056
声楽家
安田祥子さん
歌いかけは親子をつなぐ大切な時間 童謡が持つ日本語の豊かさを大切に
Vol.055
東北大学スマート・エイジング学際重点研究
センター特任教授/村田アソシエイツ代表
村田裕之先生
「人生100年時代」に向け、 自分の「好き」を見つけて 「自分軸」で生きていこう
KUMON now! フェイスブックページ
KUMON now!に「いいね」して、子育てに役立つ情報を受け取ろう!