トップ > KUMON now! > トピックス > 家庭学習調査2018(2)
わが子のこと、どれだけ把握していますか?

KUMONトピックス
Feature Report - 進化し続ける活動
カテゴリーを表示

子育て・家庭学習  2019/03/12更新

Vol.299 家庭学習調査2018(2)
わが子のこと、どれだけ把握していますか?  

家庭学習調査から見える
「子どもの家での過ごし方」
母親と父親の関わり方の違いとは? (2)

KUMONでは、2018年 11月、小1~小3の子がいる世帯の母親と父親を対象に「家庭学習についての調査」を実施しました。KUMON now!では、この調査結果を全 3回にわたってお伝えします。第 2回目となる今回は「学習指導要領の改訂の認知と評価について」の結果をお伝えします。

「家庭学習調査2018」結果
第1回:「子どもの家での過ごし方」と「子どもの家庭学習の現状」
第2回:学習指導要領の改訂の認知と評価について(今回)
第3回:保護者の子どもへの関わり方について

小学校の学習指導要領が「改訂されることも改訂される内容も把握していない」が全体の 44.2%

【調査概要】
調査方法:インターネット調査
調査対象:小1~小3の子がいる世帯の母親1,000人、父親800人
調査期間:2018年11月22日~11月25日

「改訂されることも改訂される内容も把握している」と答えたのは全体の 14.2%という結果でした。 昨年度の調査結果(11.2%)から微増となりましたが、2020 年の新学習指導要領の全面実施を前 に、改訂の内容を把握していない保護者が大半であるということがわかりました。 父親だけをみると、全体の半数以上(51.6%)が、「改訂されることも改訂される内容も把握してい ない」という結果となりました。

新学習指導要領で最も認知度が高いのが「プログラミング」、評価が高いのは、「答えが一つでない課題に向き合い、議論すること」

今回の調査で、新学習指導要領の内容認知のトップ3は、「プログラミング的思考の育成(32.5%)」、「小学校の外国語教育の教科化(31.9%)」、「アクティブラーニング(25.3%)」 となりました。昨年度の調査と比較しても、ほとんど変化のないことがわかります。

新学習指導要領の内容で最も評価が高かったのは、「答えが一つでない課題に向き合い、議論すること(31.2%)」でした。「アクティブラーニング(27.3%)」、「プログラミング的思 考の育成(24.8%)」と続きました。昨年度の調査と比較して、アクティブラーニングの評価が微減となっていますが、こちらもほとんど変化がありません。

新学習指導要領の内容にポジティブな反応

新学習指導要領の内容が「全体として好ましくない・あまり好ましくない」と答えたのは、7.2%という結果になりました。「どちらとも言えない」と答えた方が 46.2%で最多数、「非常 に好ましい」、「まあ好ましい」を合わせると 46.6%となりました。

 

関連リンク
家庭学習調査2018「家庭学習調査から見える 「子どもの家での過ごし方」と母親と父親の関わり方の違いとは?」|プレスリリース
家庭学習調査2017「母親と父親「子どもの生活や学習への関わり方」の違いとは?」|プレスリリース
家庭学習調査2016「共働き世帯の母親が特に心がけている子どもとのかかわり方とは?」|プレスリリース
家庭学習調査2015「共働き世帯「家庭学習」に関する調査~家庭学習がうまくいくコツは?」|プレスリリース

関連記事

子育て・家庭学習  2019/03/26更新

Vol.301 家庭学習調査2018(3)
わが子のこと、どれだけ把握していますか?

家庭学習調査から見える 「子どもの家での過ごし方」と母親と父親の関わり方の違いとは?(3)

子育て・家庭学習  2019/02/28更新

Vol.297 家庭学習調査2018(1)
わが子のこと、どれだけ把握していますか?

家庭学習調査から見える 「子どもの家での過ごし方」と母親と父親の関わり方の違いとは?(1)

子育て・家庭学習  2018/01/30更新

Vol.243 父親と母親を比較!子の学習状況、どれだけ把握していますか?

家庭学習調査から見える 母親と父親の「子の生活や学習への関わり方」の違いとは?

子育て・家庭学習  2018/02/13更新

Vol.245 家庭学習調査2017(2)
学習指導要領の改訂、ご存じですか?

小1~小3の子がいる父親と母親に聞く! 学習指導要領改訂の認知と評価

子育て・家庭学習  2018/02/27更新

Vol.247 家庭学習調査2017(3)
保護者の将来の見通しとわが子への期待

親が教育を通じてわが子に身につけてほしいのは 「コミュニケーション能力」 「チャレンジ精神」「積極性」

バックナンバー

KUMONグループの活動  2020/01/21更新

Vol.339 南アフリカの公文式教室

一人でも多くの南アフリカの子どもたちに 学ぶ機会を

KUMONグループの活動  2020/01/07更新

Vol.338 浮世絵から見える江戸時代の人々

『福づくし』でおめでたい1年に

KUMONグループの活動  2019/12/24更新

Vol.337 特別対談 ブレイディみかこさん×KUMON

2019年話題のノンフィクション本と KUMONに共通する思いは 「自分の力で人生を切り拓いていける人に」

KUMONグループの活動  2019/12/19更新

Vol.336 ブルガリアに公文式教室開設

夢に近づくお手伝いを

KUMONグループの活動  2019/12/17更新

Vol.335 アラブ首長国連邦で公文式の学校導入!

公文式学習を通して学力と自習力を身につける 自分の力で学ぶ楽しみを得て、充実した学校生活に

KUMONトピックス カテゴリー別インデックス

記事アクセスランキング

おすすめ記事 Recommended Articles
OB・OGインタビュー
Catch the Dream 夢をかなえる力
NEW
Vol.066 後編
ジュエリーアーティスト
Lily/福嶋真由子さん
楽しいこともつらいことも すべてのことには意味があり 「学び」や「チャンス」につながる 経験となる
Vol.066 前編
ジュエリーアーティスト
Lily/福嶋真由子さん
楽しいこともつらいことも すべてのことには意味があり 「学び」や「チャンス」につながる 経験となる
Vol.065
弁護士・薬剤師・弁理士
中村智広さん
一つひとつ積み重ねた結果、今がある 枠にとらわれず好奇心をもち、 学び続けて前進しよう
Vol.064
小説家
伊与原新さん
自分の手をたくさん動かし続けて 小さな成功体験を積み重ねれば 見える世界は広がっていく
スペシャルインタビュー
Academic Milestones 学びを究める力
NEW
Vol.059 後編
慶應義塾大学医学部
精神・神経科学教室専任講師・医学博士
佐渡充洋先生
「ネガティブな自分」を 理解することは「ポジティブな学び」 楽しいことも苦しいことも一生懸命体験しよう
Vol.059 前編
慶應義塾大学医学部
精神・神経科学教室専任講師・医学博士
佐渡充洋先生
「ネガティブな自分」を 理解することは「ポジティブな学び」 楽しいことも苦しいことも一生懸命体験しよう
Vol.058
早稲田大学 教育・総合科学学術院 教授
澤木泰代先生
言語を学べば、 知らなかったことを知ることができる 一歩一歩、「知るよろこび」「進むよろこび」を味わおう
Vol.057
中部大学 副学長 国際センター長
辻本雅史先生
くり返しによる「学びの身体化」で その学びは本物になる 学び続けて生涯自分を成長させよう
KUMON now! フェイスブックページ
KUMON now!に「いいね」して、子育てに役立つ情報を受け取ろう!