OB・OGインタビュー
Catch the Dream - 夢をかなえる力

2019/12/20更新

Vol.066 ジュエリーアーティスト
Lily/福嶋真由子さん  後編

楽しいこともつらいことも
すべてのことには意味があり
「学び」「チャンス」につながる
経験となる

Lily/福嶋 真由子 (リリー/ふくしま まゆこ)
福岡県生まれ。高校時代はスイス公文学園で学び、ヨーロッパの歴史ある様々な芸術・文化に触れる。相手を想いながら作るハンドメイドならではの温かさに魅了され、独学でジュエリーを作り始め、その後本格的にジュエリーアーティストの道へ。2010年には自ら「ROSE&CIGAR」を立ち上げる。2016年にK18・天然素材を用いた「irodori by You&Lily」もスタート。オンラインストア、百貨店などでの展示販売のほか、ハワイのセレクトショップでも販売している。

中学3年生のとき、オーストラリアでホームステイを体験したことで、海外留学に関心をもった福嶋さん。父親を説得してスイス公文学園(KLAS)へ進学し、様々な体験を重ねました。俳優をめざしていた時期もありましたが、病気で断念。それから間もなく、ハンドメイドジュエリーの温かさに感銘を受けます。人生でのつらい時期に何度も仕事につながる転機が訪れ、現在はジュエリーのデザインだけでなく、制作や販売、自身のブランドのPRなどを行い、幅広く活躍中です。その行動力やチャレンジ精神、現在のお仕事につながる感性は、KLASで培われたそうです。スイスではどのような生活を送られ、どのようにして現在のお仕事をするようになったのでしょうか。

友人から贈られた手作りのピアスに感激
今度は自分が作り手となって想いを伝える

スイス公文学園高等部を卒業して、大学は早稲田大学第一文学部へ進学しました。じつは小学生のとき、劇団四季のミュージカル「キャッツ」を観て感動し、俳優という職業に憧れていました。それで大学では演劇映像専修を希望。しかし履修内容が自分には合わないことがわかり、結果、もうひとつ関心のあった教育学を専攻しました。一方で、プロダクションに所属して演技指導も受けていました。

ところが大学3年生のとき、体調を崩してしまい、1年半休学して実家で療養することに。大学卒業後は、知人のプロダクションに所属していたのですが、病状も落ち着かず、違う道を考えはじめるようになりました。

25歳のとき、KLAS時代の友人を訪ねてアメリカへ行ったのですが、この旅が、「ハンドメイドの魅力」を実感するきっかけとなりました。アメリカ到着初日、その友人と買い物をしていて素敵なピアスを見つけたのですが、悩んだ末に結局買うのを断念しました。すると、帰国時の空港で、その友人が「同じデザインではないけれど」と言って手作りのピアスをプレゼントしてくれたのです。彼女は当時3歳と6ヵ月の2人のお子さんがいて、子育てにもとても忙しい中、私のことを想ってそのピアスを作ってくれた…。そのことがとてもうれしく、「ハンドメイドってこんなに心が温かくなるものなんだ」と感銘を受けました。


“Whisper of the flowers” (ご本人提供)

帰国後、アートギャラリーを手伝う機会があり、あるハンドメイドジュエリー作家の方を担当することになりました。「ハンドメイドでここまで作れるんだ」と興味をそそられ、彼女のワークショップで初めてイヤリング作りに挑戦しました。想像以上の楽しさに衝撃を受けると同時に、アメリカで感じた「ハンドメイドの素晴らしさ」と、それまで目指していた俳優の「表現すること」が私の中で形を変え合致した瞬間、まるで雷に打たれたような衝撃と、湧き上がる興奮に胸が高鳴ったのを今でも鮮明に覚えております。

ちょうどその頃、父の末期ガンが判明し、福岡へ戻ることになりました。父のためにお守りを贈ってくれたり、現実を受け止められず落ち込んでいた私をサポートしてくれた友人たちに、感謝の気持ちを伝えたいと思い、贈ったのが、ハンドメイドのジュエリーです。初めてパーツ屋さんに赴き工具から揃え、一人ひとりをイメージしながら独学でピアスを作り、プレゼントしました。すると、皆、大変喜んでくれたのです。「感謝の気持ちが伝わった!」と、私も嬉しくなりました。これを機に、友人からジュエリー制作を頼まれるようになりました。

壁にぶつかった時に遭遇した出来事とは?

関連記事

2019/12/13更新

Vol.066 ジュエリーアーティスト
Lily/福嶋真由子さん

楽しいこともつらいことも すべてのことには意味があり 「学び」や「チャンス」につながる経験となる

2016/05/13更新

Vol.032 整形外科医 山口 奈美さん

好きなことをあきらめない気持ちが 自分の道を切り拓く

2016/07/15更新

Vol.034 米国農務省 農務スペシャリスト
倉井 友寛さん

目標に向かって 惜しまず努力をすれば 自分の可能性は広げられる

バックナンバー

2019/12/13更新

Vol.066 ジュエリーアーティスト
Lily/福嶋真由子さん

楽しいこともつらいことも すべてのことには意味があり 「学び」や「チャンス」につながる 経験となる

2019/11/29更新

Vol.065 弁護士・薬剤師・弁理士
中村智広さん

一つひとつ積み重ねた結果、今がある 枠にとらわれず好奇心をもち、 学び続けて前進しよう

2019/09/27更新

Vol.064 小説家
伊与原新さん

自分の手をたくさん動かし続けて 小さな成功体験を積み重ねれば 見える世界は広がっていく

2019/06/19更新

Vol.063 JAXA 宇宙航空研究開発機構 主任研究開発員
渡辺英幸さん

柔軟な価値観を持ち 変化を不安と思わずに チャンスととらえて楽しもう

2019/05/31更新

Vol.062 国連広報センター所長
根本かおるさん

「好奇心」は大切な原動力 What, Why, Howを自らに問いかけて 思考やものの見方を広げよう

記事アクセスランキング

おすすめ記事 Recommended Articles
KUMONトピックス
Feature Report 進化し続ける活動
カテゴリーを表示
NEW
Vol.339
南アフリカの公文式教室
一人でも多くの南アフリカの子どもたちに 学ぶ機会を
Vol.338
浮世絵から見える江戸時代の人々
『福づくし』でおめでたい1年に
Vol.337
特別対談 ブレイディみかこさん×KUMON
2019年話題のノンフィクション本と KUMONに共通する思いは 「自分の力で人生を切り拓いていける人に」
Vol.336
ブルガリアに公文式教室開設
夢に近づくお手伝いを
スペシャルインタビュー
Academic Milestones 学びを究める力
NEW
Vol.059 後編
慶應義塾大学医学部
精神・神経科学教室専任講師・医学博士
佐渡充洋先生
「ネガティブな自分」を 理解することは「ポジティブな学び」 楽しいことも苦しいことも一生懸命体験しよう
Vol.059 前編
慶應義塾大学医学部
精神・神経科学教室専任講師・医学博士
佐渡充洋先生
「ネガティブな自分」を 理解することは「ポジティブな学び」 楽しいことも苦しいことも一生懸命体験しよう
Vol.058
早稲田大学 教育・総合科学学術院 教授
澤木泰代先生
言語を学べば、 知らなかったことを知ることができる 一歩一歩、「知るよろこび」「進むよろこび」を味わおう
Vol.057
中部大学 副学長 国際センター長
辻本雅史先生
くり返しによる「学びの身体化」で その学びは本物になる 学び続けて生涯自分を成長させよう
KUMON now! フェイスブックページ
KUMON now!に「いいね」して、子育てに役立つ情報を受け取ろう!