トップ > KUMON now! > トピックス > 「楽器が上達する秘訣」は? 楽器の演奏を楽しんでいる大学生791人に聞きました

KUMONトピックス
Feature Report - 進化し続ける活動
カテゴリーを表示

調査・研究・アンケート  2015/05/19更新

Vol.087

大学生意識調査-音楽編  

「楽器が上達する秘訣」は?
楽器の演奏を楽しんでいる
大学生791人に聞きました

毎年5月、関西の大学生が主催する「大阪城ジャズフェスティバル」という音楽のイベントがあります。今回、このイベントに参加している大学生と連携して、音楽サークルに所属する69大学791人の学生にアンケートを実施。音楽を始めた時期や楽器を上達させるうえで大事なこと、上達を実感したきっかけなどを聞いてみました。

学生が考える「楽器の上達に必要なこと」のNo.1は「コツコツと続けること」

楽器を演奏する大学生の皆さんに「楽器の上達に必要なことは何か?」を聞いたところ、「コツコツとやり続けること」が大事だと7割以上の方が回答。続いて多かったのは、「音楽をたくさん聴く」という意見でした。自分で練習するだけでなく、人の演奏や音楽をたくさん聴くことが、楽器の上達につながると考えていることがわかりました。それ以外の回答を見ると、「目標を定めること」「あきらめないこと」「自分から取り組む力」など、勉強や仕事をする上でも大切なことが挙げられました。大学生たちは、楽器の演奏を通じてさまざまなことを学んでいるようです。

楽器を始めた時期、多かったのは「幼児期」と「中学校」

楽器を始めた時期で多かったのは、「幼児期」、次いで「中学校」となりました。幼児期から始めた方が多いのは、楽器は早いうちから始めるとよいと保護者が考えてわが子に習わせ始めたという背景がありそうです。また、今回アンケートに答えてくれたのはジャズを演奏している皆さんが中心ですので、中学の吹奏楽部に入ってから管楽器を始めたということで「中学校」という回答が続いたようです。

ちなみに、演奏している楽器の中で一番多かったのはサックス(791人中116人)でした。以下、トロンボーン(113人)、トランペット(109人)、パーカッション(76人)、ピアノ(73人)と続きました。

また、楽器の演奏を続けていくなかで「上達を感じられたとき」についてお聞きしたところ、「うまく吹けなかったフレーズがうまく吹けたとき」「力まず楽に演奏できたとき」など、「以前できなかったことができるようになったとき」という声が多くありました。「人にほめられたとき」という回答も多く、人に努力を認められることも、上達を実感するうえで大切だということがわかります。

「あなたにとって音楽とは?」

最後に、「あなたにとって音楽を一言で表すと?」という問いに対しての回答を紹介しましょう。皆さんさまざまな言葉で答えてくれましたが、集約すると「楽しみ」、「趣味」、「人生」、「癒し・心の安らぎ」、「なくてはならないもの」、「自分の一部」、「自己表現」、「人とのつながり」、「心の友、パートナー」といったキーワードにまとめられました。アンケートに答えてくれた大学生たちは、音楽を単なる「楽しみ」や「趣味」にとどまらず、「自身にとって必要なもの」「人とのつながり」などと、幅広くとらえています。これは、楽器の演奏を続けていくなかで、自分自身と向き合い、周りの人たちとかかわって、さまざまなことを学んでいるからなのかもしれません。

「楽器が上達する秘訣」―。それは、演奏を通じて自分の成長を感じ、人に努力を認めてもらいながら、コツコツと続けていくことのようです。楽器に限らず、子どもたちが何かを始め、楽しみながら上達していくためのヒントがここにあるのではないでしょうか。

※大阪城ジャズフェスティバルとは
1991年に「関西を元気にする!」というコンセプトでスタートしたジャズイベント。地域に密着し愛されるイベントを目指し、関西の大学生が主催している。25回目を迎える2015年は5月23日(土)・24日(日)の両日、大阪城野外音楽堂にて開催予定。

関連リンク
大阪城ジャズフェスティバル

関連記事

調査・研究・アンケート  2015/01/27更新

Vol.072 大学生意識調査 -東京大学編

東大生がいまふり返る“心に残った教育”とは?「子どものころ、親にしてもらって感謝している教育とは?」現役東大生100人が回答

2016/11/25更新

Vol.038 経済学者 松繁寿和 先生

教育による人の成長は人的資本としての価値を高める「自分がどう生きたいか」を考えよう

2016/11/18更新

Vol.038 経済学者 松繁寿和 先生

教育による人の成長は 人的資本としての価値を高める 「自分がどう生きたいか」を考えよう

調査・研究・アンケート  2019/05/28更新

Vol.308 現役大学生が考える英語とは②

イマドキの大学生の 英語観の変化とは? 「関西学生Jazz Festival 2019 大学生アンケート」結果

調査・研究・アンケート  2016/04/26更新

Vol.148 先輩留学生からのメッセージ

留学とは「発見」! 自分、日本、そして世界と向き合い それぞれの新たな一面を発見できる

バックナンバー

子育て・家庭学習  2021/03/02更新

Vol.393 家庭学習調査2020(2)学習指導要領改訂後の認知と評価

家庭学習調査から見える 「新学習指導要領」の認知と評価は?

KUMONグループの活動  2021/02/24更新

Vol.392 ~創始者公文公の言葉より~

    公文式の原点⑪            <高校でできるようにする>

KUMONグループの活動  2021/02/16更新

Vol.391 公文式日本語最終教材修了生が語る自学自習の魅力とは?

自学自習でコツコツ学習することで、 「やればできる」経験を積み、 その先の挑戦へ!

KUMONグループの活動  2021/02/09更新

Vol.390 タイム誌による初めての「Kid of the Year(キッド・オブ・ザ・イヤー)」に選出

ギタンジャリ・ラオ(Gitanjali Rao)さん 得意な科学と技術を使って 人を笑顔にしたい

子育て・家庭学習  2021/02/02更新

Vol.389 家庭学習調査2020(1)
子どもの家庭での過ごし時間の変化

家庭学習調査から見える 「新学習指導要領」の認知と評価、 そしてオンライン学習の実態は?

KUMONトピックス カテゴリー別インデックス
記事アクセスランキング
おすすめ記事 Recommended Articles
OB・OGインタビュー
Catch the Dream 夢をかなえる力
NEW
Vol.074 後編
女子レスリング選手
登坂絵莉さん
「よくがんばったね!」は 子どもを成長させる魔法の言葉 前へ前へと進んでいける
Vol.074 前編
女子レスリング選手
登坂絵莉さん
「よくがんばったね!」は 子どもを成長させる魔法の言葉 前へ前へと進んでいける
Vol.073
講談師
旭堂南湖さん
最初から100点満点を目指さなくていい 間違ってもいいから繰り返し、 続けていけば、芸も学びも磨かれる
Vol.072
読売巨人軍 球団職員
矢貫俊之さん
行き詰まっても逃げないで あきらめずにぶつかって 答えは自分で見つけよう
スペシャルインタビュー
Academic Milestones 学びを究める力
NEW
Vol.065 後編
もり内科クリニック院長
布施医師会(東大阪市)理事
田仲みすず先生
「できること」「得意なこと」に目を向けよう できないことが増えても、まわりが上手に合いの手を入れる 「お餅つきサポート」で、地域の誰もが笑顔になる
Vol.065 前編
もり内科クリニック院長
布施医師会(東大阪市)理事
田仲みすず先生
「できること」「得意なこと」に目を向けよう できないことが増えても、まわりが上手に合いの手を入れる 「お餅つきサポート」で、地域の誰もが笑顔になる
Vol.064
神田外語大学 特任講師
上原雅子先生
言語は「伝える」ためにある 「伝えたい」という気持ちを込めて 自分の意見を発言してみよう
Vol.063
往来物研究家
小泉吉永先生
江戸の知恵には学びがあふれている “好き”をとことん掘り下げて 出会いを引き寄せよう
KUMON now! フェイスブックページ
KUMON now!に「いいね」して、子育てに役立つ情報を受け取ろう!