トップ > KUMON now! > スペシャルインタビュー > 臨床心理士、国際TA協会公認交流分析家 末松渉先生(後編)

スペシャルインタビュー
Academic Milestones - 学びを究める力

2020/04/10更新

Vol.061

臨床心理士、国際TA協会公認交流分析家
末松渉先生  後編

「心の危機」は成長の機会でもある
「学ぶ喜び」を知って
「生きる力」にしていこう

末松 渉 (すえまつ わたる)

1951年宮崎県生まれ。慶応大学法学部卒業後、企業での勤務経験ののち、2度目の大学生活(哲学)、都立高校勤務(9年)の傍ら大学院生活(臨床心理学、コミュニティ心理学)を送る。その後、東京いのちの電話(ディレクター、事務局長)に10年、大学教員(准教授)として5年勤務。米国のSoutheast研究所でヴァン・ジョインズ博士より博士課程プログラムトレーニングを受ける(TA、グループセラピー、ファミリーセラピー/1998-1999)。*現在も同博士よりスーパービジョンを受けている。
現在は末松TAコミュニティ研究所を開設して心理臨床活動をしながら、TA、ゲシュタルト療法を中心として地域社会の心理学的支援活動に携わっている。
臨床心理士/国際TA協会公認交流分析家・准教授資格(心理療法部門)/清泉女子大非常勤講師/東京都スクールカウンセラー/いのちの電話研修委員長・東京いのちの電話理事長/チャイルドライン(品川区、港区)スーパーバイザー

「いのちの電話」をはじめ、企業や民間団体のスーパーバイザーなど、「心」に関するさまざまな支援活動をされている末松渉先生。子育てに関わる電話相談窓口「くもんダイヤル相談」のスーパーバイザーや、指導者対象の「コミュニケーション講座」では講師を務めるなど、公文教育研究会の活動にも尽力いただいております。今に至るまで、国内外の複数の大学などで学びを深め、「現在もまだまだ学びの途中」と話す末松先生。若い頃には“心の危機”があったと振り返り、だからこそ今があるといいます。その道のりや学びを積み重ねてきた原動力、活動を通じて感じる課題などについてうかがいました。

「いのちの電話」と「公文式」に共通する「人のぬくもり」

臨床心理士、国際TA協会公認交流分析家 末松渉先生

「いのちの電話」の相談員として電話に出るのは、私も含め一般の人たちです。学歴や職歴は関係なく、電話1本で、「この人は私を大切にしてくれているか?」と、相談者が感じ取れるかどうかが勝負です。

それには3つのことが大切です。身近な「思いやり」、相談員の人生経験からくる「知恵」を伝えられること、そして「素人」ではなく「素の人」、すなわち人として当たり前のことをしていくこと、です。この3つについて、「いのちの電話」の広報誌に書いたことがあります。そのちょうど同じ時期に、「くもん相談ダイヤル」のスーパーバイザーにならないか、との話をいただきました。

公文の名は知っていましたが、公文公先生や指導者がされていることを知れば知るほど、私のアプローチとまったく重なることに驚きました。とくに共通するのは「人のぬくもり」です。子どもにとっては、丸付けのやり取り自体が「自分を大切してくれるのだ」との思いにつながります。ですから、それを無意識にやってしまうのではもったいない。公文の指導者だけでなく、スタッフの先生方も、意味を分かった上で丸付けをしていただければと思います。

公文式の特徴のひとつ「ちょうどの学習」も、臨床現場や教育現場と共通しています。「ちょうど」は、「ジャスト」ではなく、「フィット」「マッチ」「チューニング」という言葉が適切で、これらは「関わり」の中で大切なキーワードです。

中でもチューニングは、相手の発しているものにこちらが合わせていき、合ったときに澄み切った音が聞こえる、という意味を持ちます。これは相手をちゃんと見ていないと実現しません。丸をもらってから次に進む公文式は、「濁っている状態」を「澄んだ状態」にしていく作業です。「一つひとつていねいに、コツコツとやっていく」と言い換えられます。人との関わりでも同じことが言え、心理面接や学校現場でも、本当に大切にしたいことです。

「学び」とは「知ること」そして「愛すること」

関連記事

2020/04/03更新

Vol.061 臨床心理士、国際TA協会公認交流分析家
末松渉先生

「心の危機」は成長の機会でもある 「学ぶ喜び」を知って 「生きる力」にしていこう

2016/09/30更新

Vol.036 オノマトペ研究家 藤野良孝 先生

五感を使った体験で 学びは「グングン」強化できる オノマトペで人生豊かになる

2017/08/10更新

Vol.046 盆栽芸術家 秋山実さん

素材を見極め先を見る 人も盆栽も「続ける」ことで 成長と結果がついてくる

2017/12/26更新

Vol.046 教育心理学者 宮下孝広先生

家庭や地域でも学びをうながし 子ども自身の力を発揮させよう

2015/06/26更新

Vol.022 国際基督教大学教育研究所顧問
千葉杲弘先生

チャンスは夢があるところに舞い降りてくる異文化に接することで「自分」を理解して夢の実現のために学び続けよう

バックナンバー

2022/11/18更新

Vol.072 名古屋大学博物館 機能形態学者
藤原 慎一先生

さまざまな知識が ひも付いたときが研究の醍醐味 そのために学びをどんどん拡げよう

2022/01/21更新

Vol.071 メディアと広報研究所 主宰
尾関 謙一郎さん

多角的な見方を磨き、 自分だけの価値を見つけよう

2021/10/29更新

Vol.070 特別対談 未来を生きる子どもたちのために③

学び合いが創り出す KUMONならではのホスピタリティ

2021/08/27更新

Vol.069 特別対談 未来を生きる子どもたちのために②

生涯にわたって必要なのは 自ら「自学自習」できる力

2021/05/28更新

Vol.068 特別対談 未来を生きる子どもたちのために①

これから求められるのは 自ら課題を発見して解決できる人材

記事アクセスランキング
おすすめ記事 Recommended Articles
KUMONトピックス
Feature Report 進化し続ける活動
カテゴリーを表示
NEW
Vol.468
公文書写―「書く」と「描く」
「好き」と思うこと、 自分のペースで楽しむ ~居心地のよい空間~
Vol.467
Baby Kumon 10年の歩み
~これまで語られることのなかった Baby Kumon担当者たちの想い~
Vol.466
KUMONの各事業トピックス2022
公文の理念に向かって ~各事業が目指すこと &2022年トピックス~
Vol.465
初夢を運ぶ 子ども宝船
 ~くもん子ども浮世絵コレクションより~
縁起をかついで 幸せを願う よい初夢は 宝船が運んでくる
OB・OGインタビュー
Catch the Dream 夢をかなえる力
NEW
Vol.092 後編
丸紅インドネシア代表
笠井 信司さん
経験に無駄は何ひとつとしてなく 将来に必ず生きる “Discipline”を身につけよう
Vol.092 前編
丸紅インドネシア代表
笠井 信司さん
経験に無駄は何ひとつとしてなく 将来に必ず生きる “Discipline”を身につけよう
Vol.091
千房株式会社 代表取締役社長
中井貫ニさん
「全人格格闘技」 目の前のことに全力を尽くして 「ありがとう」の感謝の心で生きていこう
Vol.090
スキージャンパー
渡邉陽さん
「やり抜く力」を身につけて 楽しみながらあきらめずに続けよう
KUMON now! フェイスブックページ
KUMON now!に「いいね」して、子育てに役立つ情報を受け取ろう!