トップ > KUMON now! > スペシャルインタビュー > 臨床心理士、国際TA協会公認交流分析家 末松渉先生(前編)

スペシャルインタビュー
Academic Milestones - 学びを究める力

2020/04/03更新

Vol.061 臨床心理士、国際TA協会公認交流分析家
末松渉先生  前編

「心の危機」は成長の機会でもある
「学ぶ喜び」を知って
「生きる力」にしていこう

末松 渉 (すえまつ わたる)

1951年宮崎県生まれ。慶応大学法学部卒業後、企業での勤務経験ののち、2度目の大学生活(哲学)、都立高校勤務(9年)の傍ら大学院生活(臨床心理学、コミュニティ心理学)を送る。その後、東京いのちの電話(ディレクター、事務局長)に10年、大学教員(准教授)として5年勤務。米国のSoutheast研究所でヴァン・ジョインズ博士より博士課程プログラムトレーニングを受ける(TA、グループセラピー、ファミリーセラピー/1998-1999)。*現在も同博士よりスーパービジョンを受けている。
現在は末松TAコミュニティ研究所を開設して心理臨床活動をしながら、TA、ゲシュタルト療法を中心として地域社会の心理学的支援活動に携わっている。
臨床心理士/国際TA協会公認交流分析家・准教授資格(心理療法部門)/清泉女子大非常勤講師/東京都スクールカウンセラー/いのちの電話研修委員長・東京いのちの電話理事長/チャイルドライン(品川区、港区)スーパーバイザー

「いのちの電話」をはじめ、企業や民間団体のスーパーバイザーなど、「心」に関するさまざまな支援活動をされている末松渉先生。子育てに関わる電話相談窓口「くもんダイヤル相談」のスーパーバイザーや、指導者対象の「コミュニケーション講座」では講師を務めるなど、公文教育研究会の活動にも尽力いただいております。今に至るまで、国内外の複数の大学などで学びを深め、「現在もまだまだ学びの途中」と話す末松先生。若い頃には“心の危機”があったと振り返り、だからこそ今があるといいます。その道のりや学びを積み重ねてきた原動力、活動を通じて感じる課題などについてうかがいました。

アドバイザーとして「“人を支える”人」をサポート

臨床心理士、国際TA協会公認交流分析家 末松渉先生

現在私は、公立の中学・高校のスクールカウンセラーや大学の非常勤講師を務めるほか、「いのちの電話」「チャイルドライン」「子育て支援」など、地域でボランティア活動をされている方々をサポートする仕事をしています。子育てなどの悩みを電話で相談できる「くもんダイヤル相談」の相談員の対応についてアドバイスしたり、指導者対象の「コミュニケーション講座」のお手伝いをしたりと、公文教育研究会ともお付き合いもあります。

個人事務所である末松TA研究所では、個人やカップルを対象とした心理面接やカウンセリングの勉強会を行っています。勉強会は、ソーシャルワーカーや臨床心理士などプロの方のグループもあれば、カウンセリングに関心がある主婦の方のグループもあります。また、TA(Transactional Analysis:交流分析)の国際資格を持っているので、学びたいという方にTAを教えることもあります。

「TA」というのは、1950年代半ばに、アメリカの精神科医エリック・バーン博士によって開発された心理学の理論です。「精神分析」(当人が“気づいていない意識”を理解していくための、心を分析する手法)を取り入れながら、人と関わる中で自分を活かしていくために、さまざまな“とらわれ”を解放していくアプローチです。

例えば私がある人を面接したとします。そのとき、「この面接で自分が何をしているか」ということを本人にわかってもらいながら、「自分でどう変えていきたいのか」を明確にしていく。最終的には、私のような立場の人がいなくても、自分で“人と関わる力”を身につけられることをねらいとしています。「自分や他の人との関係の中で何が起きているのか」を理解するための理論であり、日本では心療内科で使われるほか、教育界ではエゴグラムなどが知られています。

このように、今でこそ私は“心”に関する支援活動をし、学びを追求していますが、最初に進んだ法学部時代は学ぶことにそれほど真剣に取り組んでいませんでした。「学問」の喜びを知ったのは、2回目の大学時代です。

会社員、模索の時代を経て哲学を学ぶ道へ

関連記事

2020/04/10更新

Vol.061 臨床心理士、国際TA協会公認交流分析家
末松渉先生

「心の危機」は成長の機会でもある 「学ぶ喜び」を知って 「生きる力」にしていこう

2013/09/20更新

Vol.001 発達心理学者 藤永保先生

人間は学び続ける存在 「自分が向上した」という 自覚がもてる学びを

2017/12/22更新

Vol.046 教育心理学者 宮下孝広先生

家庭や地域でも学びをうながし 子ども自身の力を発揮させよう

2015/05/22更新

Vol.021 小児科医 田中恭子先生

「自分には何ができるか」。 “気付き”を一歩先につなげること、 をつねに問いつづけ子どもたちと ご家族によりそう医療をめざす

2020/05/08更新

Vol.062 筑波大学国際発達ケア:エンパワメント科学研究室教授・保健学博士
安梅勅江先生

「エンパワメント」の力が 「みんなが夢を持てる世界」を実現する

バックナンバー

2020/11/20更新

Vol.065 もり内科クリニック院長
布施医師会(東大阪市)理事
田仲みすず先生

「できること」「得意なこと」に目を向けよう できないことが増えても、まわりが上手に合いの手を入れる 「お餅つきサポート」で、地域の誰もが笑顔になる

2020/10/23更新

Vol.064 神田外語大学 特任講師
上原雅子先生

言語は「伝える」ためにある 「伝えたい」という気持ちを込めて 自分の意見を発言してみよう

2020/08/28更新

Vol.063 往来物研究家
小泉吉永先生

江戸の知恵には学びがあふれている “好き”をとことん掘り下げて 出会いを引き寄せよう

2020/05/08更新

Vol.062 筑波大学国際発達ケア:エンパワメント科学研究室教授・保健学博士
安梅勅江先生

「エンパワメント」の力が 「みんなが夢を持てる世界」を実現する

2020/04/03更新

Vol.061 臨床心理士、国際TA協会公認交流分析家
末松渉先生

「心の危機」は成長の機会でもある 「学ぶ喜び」を知って 「生きる力」にしていこう

記事アクセスランキング

おすすめ記事 Recommended Articles
KUMONトピックス
Feature Report 進化し続ける活動
カテゴリーを表示
NEW
Vol.380
~創始者公文公の言葉より~
    公文式の原点⑧            <低い出発点>
Vol.379
特別企画 子育てのヒント‐「自立」のためにできること(3)
子どものことをたくさんほめられる 気持ちのゆとりを心がけよう お話:教育評論家 親野智可等先生
Vol.378
浮世絵から見える江戸時代の人々「七五三」
子どもの成長に感謝 ~健康と長生きを祈って~
Vol.377
特別対談 たかまつななさん×KUMON
お笑い芸人と学ぶSDGs 「目標だけではなく行動の持続可能性が大事」
OB・OGインタビュー
Catch the Dream 夢をかなえる力
NEW
Vol.073 後編
講談師
旭堂南湖さん
最初から100点満点を目指さなくていい 間違ってもいいから繰り返し、 続けていけば、芸も学びも磨かれる
Vol.073 前編
講談師
旭堂南湖さん
最初から100点満点を目指さなくていい 間違ってもいいから繰り返し、 続けていけば、芸も学びも磨かれる
Vol.072
読売巨人軍 球団職員
矢貫俊之さん
行き詰まっても逃げないで あきらめずにぶつかって 答えは自分で見つけよう
Vol.071
アート・トランスレーター
田村 かのこさん
今ある“型”にはまらなくていい 自分にできることを一つずつ進めていけば自ら“型”をつくることができる
KUMON now! フェイスブックページ
KUMON now!に「いいね」して、子育てに役立つ情報を受け取ろう!