OB・OGインタビュー
Catch the Dream - 夢をかなえる力

2017/08/10更新

Vol.046

盆栽芸術家 秋山実さん  後編

素材を見極め先を見る
人も盆栽も「続ける」ことで
成長結果がついてくる

秋山 実 (あきやま みのる)

1979年生まれ。山梨県韮崎市の秋山盆栽園2代目。山梨県立韮崎高校を卒業後、東京の春花園BONSAI美術館にて6年間の修業を終え、現在に至る。29歳の時に2008年度第34回日本盆栽作風展において、史上最年少で盆栽界の最高峰の賞である内閣総理大臣賞を受賞。また同年、日本さつき組合主催のプロの競技会である第20回皐樹展においても最高賞の皐樹展大賞を受賞。盆栽芸術家として日本のみならずヨーロッパをはじめ海外にてデモンストレーションやワークショップを通じて盆栽の普及・発展に尽力する。内閣総理大臣賞3回受賞。公文では、年長から小学校5年生まで算数・数学と国語を学習。

若くして盆栽界における数々の名誉ある賞を手にされている盆栽芸術家、秋山実さん。高校卒業後の6年間の修業を経て、現在はみずから顧客を開拓したり、海外で指導したりと精力的に活動されています。実家を離れての住み込みの修業生活では、辛いこともあったかと思いきや、「盆栽をやめたい」と思ったことは一度もなかったそう。秋山さんを引きつける盆栽の魅力とは?修業で得た学びや、盆栽家として技術を磨くために意識してきたことなどについてもうかがいました。

盆栽家にとって大切な「素材を見極める力」
それは日々の積み重ねで身につけていく

秋山実さん

実家の盆栽園では、父のお客さまは父のことを信用して来てくださるわけで、私のことを信用してくれるとは限りません。ですから、イベントで自分が育てた盆栽を販売しながら、そこで出会ったお客さまの盆栽を預かったり、展示会に出展したりして、信用を高めていきました。

展示会で賞をとることによって技術的に自分の腕を認めていただき、それを積み重ねて実績を作っていくことが必要です。審査で入選しないと飾れない展示会もあり、入選率を上げていくよう技術を磨き続けなければなりません。

そのために必要なのは、素材を見極める力です。こんな素材からこういう作品を作ることができた、という経験を重ねれば重ねるほど、素材に対する感覚を高めていくことができます。手入れを続けていくと、元気がなかった木が、急に調子が良くなり風格が出てくることもあります。それは毎日の積み重ねによるもの。時間をかけて世話をすることで木が本来持っていた良さが出てくるのです。タイミングを見計らって適切な手入れをしていくことが大事になります。

突然スイッチが入るというのは、人にも起こりうることではないでしょうか。そこまでに積み重ねがあってこそ、ある時急に成長するように見えるのでしょう。子どもの場合、興味が出てきたそのタイミングで後押しするようなきっかけを作ってあげると、その子の可能性が広がってくると思います。

盆栽は、今の形は良くても何年後かには幹が太って面白みがなくなってしまう場合もあります。5年、10年、それ以上の先を見越して、「ここを切るとこうなるな」「ここは必要ないな」と考えながら作り上げていきます。そのために、常に「先を見る」ことを心がけてきました。

盆栽はとてもスパンの長い趣味。早いことがいいことのように言われる今の時代、盆栽のように時間をかけてやることは、時代に逆行しているのかもしれませんが、大事なことだと思います。公文式もそうですが、続けることによって結果はあとからついてくる。簡単にすぐにできてしまうものよりも、苦労してできたもののほうが、本人のためになるし、見えなかったことが見えてくるものだと思います。

秋山さんのこれからの目標とは?

関連記事

2017/08/04更新

Vol.046 盆栽芸術家 秋山実さん

素材を見極め先を見る 人も盆栽も「続ける」ことで 成長と結果がついてくる

2018/02/09更新

Vol.052 サイエンスコミュニケーター
工藤光子さん

目に見える形にすることで 科学の面白さと正しさは より多くの人に伝えられる

2020/04/10更新

Vol.061 臨床心理士、国際TA協会公認交流分析家
末松渉先生

「心の危機」は成長の機会でもある 「学ぶ喜び」を知って 「生きる力」にしていこう

2019/02/15更新

Vol.060 環境省対馬自然保護官事務所
堺真由子さん

遠回りしたとしても 「好き」な気持ちを大切に 一歩を踏み出せば夢は近づく

バックナンバー

2021/01/08更新

Vol.074 女子レスリング選手
登坂絵莉さん

「よくがんばったね!」は 子どもを成長させる魔法の言葉 前へ前へと進んでいける

2020/11/06更新

Vol.073 講談師
旭堂南湖さん

最初から100点満点を目指さなくていい 間違ってもいいから繰り返し、 続けていけば、芸も学びも磨かれる

2020/09/11更新

Vol.072 読売巨人軍 球団職員
矢貫俊之さん

行き詰まっても逃げないで あきらめずにぶつかって 答えは自分で見つけよう

2020/08/07更新

Vol.071 アート・トランスレーター
田村 かのこさん

今ある“型”にはまらなくていい 自分にできることを一つずつ進めていけば自ら“型”をつくることができる

2020/07/10更新

Vol.070 文化遺産コンサルタント
佐々木義孝さん

「今の環境でしか出来ないこと」から 「その環境で自分が夢中になれること」 を探して、実践していくと、道は開けてくる

記事アクセスランキング
おすすめ記事 Recommended Articles
KUMONトピックス
Feature Report 進化し続ける活動
カテゴリーを表示
NEW
Vol.392
~創始者公文公の言葉より~
    公文式の原点⑪            <高校でできるようにする>
Vol.391
公文式日本語最終教材修了生が語る自学自習の魅力とは?
自学自習でコツコツ学習することで、 「やればできる」経験を積み、 その先の挑戦へ!
Vol.390
タイム誌による初めての「Kid of the Year(キッド・オブ・ザ・イヤー)」に選出
ギタンジャリ・ラオ(Gitanjali Rao)さん 得意な科学と技術を使って 人を笑顔にしたい
Vol.389
家庭学習調査2020(1)
子どもの家庭での過ごし時間の変化
家庭学習調査から見える 「新学習指導要領」の認知と評価、 そしてオンライン学習の実態は?
スペシャルインタビュー
Academic Milestones 学びを究める力
NEW
Vol.065 後編
もり内科クリニック院長
布施医師会(東大阪市)理事
田仲みすず先生
「できること」「得意なこと」に目を向けよう できないことが増えても、まわりが上手に合いの手を入れる 「お餅つきサポート」で、地域の誰もが笑顔になる
Vol.065 前編
もり内科クリニック院長
布施医師会(東大阪市)理事
田仲みすず先生
「できること」「得意なこと」に目を向けよう できないことが増えても、まわりが上手に合いの手を入れる 「お餅つきサポート」で、地域の誰もが笑顔になる
Vol.064
神田外語大学 特任講師
上原雅子先生
言語は「伝える」ためにある 「伝えたい」という気持ちを込めて 自分の意見を発言してみよう
Vol.063
往来物研究家
小泉吉永先生
江戸の知恵には学びがあふれている “好き”をとことん掘り下げて 出会いを引き寄せよう
KUMON now! フェイスブックページ
KUMON now!に「いいね」して、子育てに役立つ情報を受け取ろう!