スペシャルインタビュー
Academic Milestones - 学びを究める力

2020/01/17更新

Vol.059 慶應義塾大学医学部
精神・神経科学教室専任講師・医学博士
佐渡充洋先生  後編

「ネガティブな自分」
理解することは「ポジティブな学び」
楽しいことも苦しいことも一生懸命体験しよう

佐渡 充洋 (さど みつひろ)
岡山大学医学部卒、同大学病院麻酔蘇生科で2年間初期研修ののち、1999年より慶應義塾大学医学部精神・神経科学教室に入局。2005年、ロンドン大学大学院留学を経て2008年より現職。マサチューセッツ大学医学部認定マインドフルネスストレス低減法qualified teacher、オックスフォード大学マインドフルネス認知療法認定コースステップ1終了。監訳書籍に『自分でできるマインドフルネス』『幸せになりたい女性のためのマインドフルネス』(いずれも創元社)ほか。

欧米ではうつ病の再発予防など医学的効果が報告されている「マインドフルネス」。日本ではまだデータが不十分なこの分野で、調査研究に精力的に取り組まれているのが、慶應義塾大学の精神科医、佐渡充洋先生です。マインドフルネスは「瞑想してストレスをなくすこと」と捉えられがちですが、それだけでなく、根本にあるのは「今自分の中で起きていることに気づき続けること」だそうです。それはどういうことなのか、マインドフルネスの考え方、研究や成果のほか、佐渡先生が精神科医になるまでの道のり、マインドフルネスとの出合いなどについてうかがいました。

保護者は子どもの「存在」を否定するのではなく「行動」を指摘する叱り方を

私は、マインドフルネスをする中で、「コントロールしようとしない」ことを意識しています。結末や未来が「こうあるべき」と思いすぎない、ということです。そうでないと、執着ばかりが先行して、物事がうまく進まなくなってしまいます。

たとえば、目標を立ててそれに向かって進んでいくのは極めて大事なことですが、その過程で思うようにいかないことが必ず出てきます。そんな時、「こんなことがあってはならない!」と現実を否定してしまわないことが大事です。そうではなく、「問題が起きている」という現実をまずしっかりと認めることです。その上でこの状況にどのように対応できるかを考え、それに最大限コミットするのです。

これは子育てにも応用できます。子どもに「なぜこんなこともできないのか!!」と思うことがありますよね。そんな否定的な感情が湧いてきたとき、感情の赴くままに反応しないことが大事です。まずはそうした感情があることを受け入れ、「なぜ自分は怒っているのか」と自分の感情を見つめてみる。すると、怒りの裏に「子どもを思うようにコントロールしたい」といった自分本位な要求があることに気づけたりします。

自分の感情、気持ち、思考をそのまま捉える練習をすることで、「ああ、またコントロールしようとしている」「またいつものパターンで、怒りの感情が出てきている」といった具合に自分の反応のパターンに気づきやすくなります。そうすると「じゃあ、今言うのはやめておこう」と考え直せたり、「できない理由は何か、一緒に考えてみようか」などの声かけができるようになったりするのです。

親子関係は、期待もありますし、距離も近いのでとても難しい。叱る時も、行為ではなく存在を否定するような言葉になってしまいがちです。私もいつも四苦八苦しています。妻の方がよほど上手に関わっていて、いつも助けられる立場です。ですから、とても人様に何かを言える立場にはありません(苦笑)。しかし、叱るときも行動を叱るのであって、存在自体を否定してはいけないはずです。「あなたのため!」と言いながら、実は、できないことがある子どもを受け入れられず、怒りをぶつけているだけということもあったりします。そうならないためには、怒りなどの否定的な感情が出てきたときには、その背後に自分のどんな欲求や考えが隠れているかにしっかり耳を傾けてみることが大事です。

わが子に対して意識しているのは、しっかり「甘やかせてあげる」、つまり存在を肯定してあげるということです。というのは、私は知らず知らずのうちに「こうあるべき」という「べき論」を子どもに押し付けてしまうという傾向があるからです。なので「抱っこ」といえば抱っこして、「遊ぼう」といえば一緒に戯れる。決して得意ではないからこそあえて意識して取り組むように心がけています。

子どもたちには、「何ごとも一生懸命体験しなさい」と言っています。長男はスポーツをしていますが、その中でもめごとや感情のもつれもあります。そうした体験をすること、そしてそれに対処することも、ものすごく重要な体験です。私自身、そうした体験が自分の基盤になっています。

前向きな自分だけでなく、落ち込んだり怠けたりすることも含めて「自分」です。その「今の自分」をまずは受け入れる。その上でできることに精一杯取り組む。お子さんはもちろん、保護者自身も、自分の存在自体を肯定していってほしいと思います。

 

関連リンク
慶應義塾大学ストレス研究センター
学習療法センター


 

 

前編のインタビューから

-「マインドフルネス」の考え方とは
-「学習療法」は自己肯定感を支える一つの方法
-医学部に入学、アメフト部で学んだ人間として重要な価値観

 

関連記事

2020/01/10更新

Vol.059 慶應義塾大学医学部
精神・神経科学教室専任講師・医学博士
佐渡充洋先生

「ネガティブな自分」を 理解することは「ポジティブな学び」 楽しいことも苦しいことも一生懸命体験しよう

KUMONグループの活動  2020/06/23更新

Vol.360 ~創始者公文公の言葉より~

    公文式の原点③            <可能性の追求>

KUMONグループの活動  2016/11/22更新

Vol.183 新たに見出された「学習療法の効果」とは?

高齢化社会を支える「学習療法」 -第2回 学習療法 実践研究シンポジウム in大阪より-

2016/11/25更新

Vol.038 経済学者 松繁寿和 先生

教育による人の成長は人的資本としての価値を高める「自分がどう生きたいか」を考えよう

2018/06/29更新

Vol.055 小児外科医 吉岡 秀人さん

「いまの自分」を信じ、 「心の声」を聞いて生きていこう

バックナンバー

2020/08/28更新

Vol.063 往来物研究家
小泉吉永先生

江戸の知恵には学びがあふれている “好き”をとことん掘り下げて 出会いを引き寄せよう

2020/05/08更新

Vol.062 筑波大学国際発達ケア:エンパワメント科学研究室教授・保健学博士
安梅勅江先生

「エンパワメント」の力が 「みんなが夢を持てる世界」を実現する

2020/04/03更新

Vol.061 臨床心理士、国際TA協会公認交流分析家
末松渉先生

「心の危機」は成長の機会でもある 「学ぶ喜び」を知って 「生きる力」にしていこう

2020/02/21更新

Vol.060 合同会社MAZDA Incredible Lab CEO
松田孝さん

プログラミングをきっかけに 未来社会に向けて 「新しい学び」を獲得していこう

2020/01/10更新

Vol.059 慶應義塾大学医学部
精神・神経科学教室専任講師・医学博士
佐渡充洋先生

「ネガティブな自分」を 理解することは「ポジティブな学び」 楽しいことも苦しいことも一生懸命体験しよう

記事アクセスランキング

おすすめ記事 Recommended Articles
KUMONトピックス
Feature Report 進化し続ける活動
カテゴリーを表示
NEW
Vol.370
浮世絵から見える江戸時代の人々「重陽の節句」
大輪の菊に健康と長寿を願う ~人々の暮らしと「重陽の節句」の関係~
Vol.369
特別企画 子育てのヒント‐「自立」のためにできること(2)
子どもの自立に「甘え」は欠かせない 「甘えさせる」と「甘やかす」の見極めが大事 お話:子育てカウンセラー・心療内科医 明橋大二先生
Vol.368
~創始者公文公の言葉より~
    公文式の原点⑤            <学年を越えて進む>
Vol.367
あきびんごさん×くもん出版 絵本制作編
絵本制作に込められた 絵本作家あきびんごさんと 編集者の想い
OB・OGインタビュー
Catch the Dream 夢をかなえる力
NEW
Vol.072 後編
読売巨人軍 球団職員
矢貫俊之さん
行き詰まっても逃げないで あきらめずにぶつかって 答えは自分で見つけよう
Vol.072 前編
読売巨人軍 球団職員
矢貫俊之さん
行き詰まっても逃げないで あきらめずにぶつかって 答えは自分で見つけよう
Vol.071
アート・トランスレーター
田村 かのこさん
今ある“型”にはまらなくていい 自分にできることを一つずつ進めていけば自ら“型”をつくることができる
Vol.070
文化遺産コンサルタント
佐々木義孝さん
「今の環境でしか出来ないこと」から 「その環境で自分が夢中になれること」 を探して、実践していくと、道は開けてくる
KUMON now! フェイスブックページ
KUMON now!に「いいね」して、子育てに役立つ情報を受け取ろう!