スペシャルインタビュー
Academic Milestones - 学びを究める力

2020/01/17更新

Vol.059 慶應義塾大学医学部
精神・神経科学教室専任講師・医学博士
佐渡充洋先生  後編

「ネガティブな自分」
理解することは「ポジティブな学び」
楽しいことも苦しいことも一生懸命体験しよう

佐渡 充洋 (さど みつひろ)
岡山大学医学部卒、同大学病院麻酔蘇生科で2年間初期研修ののち、1999年より慶應義塾大学医学部精神・神経科学教室に入局。2005年、ロンドン大学大学院留学を経て2008年より現職。マサチューセッツ大学医学部認定マインドフルネスストレス低減法qualified teacher、オックスフォード大学マインドフルネス認知療法認定コースステップ1終了。監訳書籍に『自分でできるマインドフルネス』『幸せになりたい女性のためのマインドフルネス』(いずれも創元社)ほか。

欧米ではうつ病の再発予防など医学的効果が報告されている「マインドフルネス」。日本ではまだデータが不十分なこの分野で、調査研究に精力的に取り組まれているのが、慶應義塾大学の精神科医、佐渡充洋先生です。マインドフルネスは「瞑想してストレスをなくすこと」と捉えられがちですが、それだけでなく、根本にあるのは「今自分の中で起きていることに気づき続けること」だそうです。それはどういうことなのか、マインドフルネスの考え方、研究や成果のほか、佐渡先生が精神科医になるまでの道のり、マインドフルネスとの出合いなどについてうかがいました。

「自分の存在が肯定できる」感覚を多くの人に持ってもらいたい

私は、学びとは「気づき」であると考えています。それは、知的理解だけで完結するものではなくて、知的理解と身体、感情との統合作業だと思っています。心理学に「アハ体験」という言葉がありますが、これはドイツ語圏で何かを理解した時に発する言葉「a-ha(アハ)」に由来します。「ああ、そうか!」「ああ、これだったのか!」という気づきやひらめきです。本当の意味で学びがある瞬間には必ず感情や身体感覚が伴っています。

公文式でもそうですよね。「あ!こうすれば解ける!」と閃いたとき、喜びという感情が動いています。悲しみや苦しみといったネガティブな体験についても同じことが言えます。物事がうまく進まないとき、その理由がわからなければもっと苦しくなります。しかしふとした瞬間に「ああ、コントロールできないことを無理にコントロールしようとしているから苦しくなっていたんだな」といったように、自分が苦しんでいた理由にハッと気づくことで、スッと楽になるということだってあるわけです。ネガティブな体験が起きている理由を理解することが、実はポジティブな学びにもなるのです。

マインドフルネスは、海外では、うつ病の再発予防、不安障害など様々な症状に対して効果があることが確認されていますが、日本ではまだ十分なデータがありません。そこで我々は、不安障害の方々や健康な方々にも参加してもらうプログラムを実施し、マインドフルネスの医学的効果の検証を進めています。

近年は、well-being(幸福感や人生の充実感を意味する)を高める効果が期待されています。「well-beingが高い」というのは、「いつも楽しい」「いつもポジティブ」ということではありません。悲しさやつらさ、「落ち込んでいる自分」など、ネガティブな感情もきちんと受け入れ、抱えていられることが大事で、それが自己肯定感につながるのだと思います。

well-beingについては公文教育研究会とも調査を進めています。介護者自身のwell-beingが高いことがケアを受けている方のwell-beingの向上にもつながり、自立機能もあがるのではないかと考えていて、今後、それを検証していきたいと思います。

現代には「自分には存在価値がないのでは」という感覚をもつ人がたくさんいます。そう思うのはもったいない。「生きる意味や意義を見出す」というと仰々しく聞こえますが、それなりに「まあ楽しいよ」「生きていたいな」と思っていられることは大事なことだと思います。そうなる手段のひとつがマインドフルネスなので、その効果を検証しつつ、「自分の存在を肯定できる」感覚を多くの人に持ってもらうには、どうしたらよいのかを考え続けていきたいと思っています。

「コントロールしようとしない」ことを意識し、そのままを受け入れる

関連記事

2020/01/10更新

Vol.059 慶應義塾大学医学部
精神・神経科学教室専任講師・医学博士
佐渡充洋先生

「ネガティブな自分」を 理解することは「ポジティブな学び」 楽しいことも苦しいことも一生懸命体験しよう

KUMONグループの活動  2020/06/23更新

Vol.360 ~創始者公文公の言葉より~

    公文式の原点③            <可能性の追求>

KUMONグループの活動  2016/11/22更新

Vol.183 新たに見出された「学習療法の効果」とは?

高齢化社会を支える「学習療法」 -第2回 学習療法 実践研究シンポジウム in大阪より-

2016/11/25更新

Vol.038 経済学者 松繁寿和 先生

教育による人の成長は人的資本としての価値を高める「自分がどう生きたいか」を考えよう

2018/06/29更新

Vol.055 小児外科医 吉岡 秀人さん

「いまの自分」を信じ、 「心の声」を聞いて生きていこう

バックナンバー

2020/08/28更新

Vol.063 往来物研究家
小泉吉永先生

江戸の知恵には学びがあふれている “好き”をとことん掘り下げて 出会いを引き寄せよう

2020/05/08更新

Vol.062 筑波大学国際発達ケア:エンパワメント科学研究室教授・保健学博士
安梅勅江先生

「エンパワメント」の力が 「みんなが夢を持てる世界」を実現する

2020/04/03更新

Vol.061 臨床心理士、国際TA協会公認交流分析家
末松渉先生

「心の危機」は成長の機会でもある 「学ぶ喜び」を知って 「生きる力」にしていこう

2020/02/21更新

Vol.060 合同会社MAZDA Incredible Lab CEO
松田孝さん

プログラミングをきっかけに 未来社会に向けて 「新しい学び」を獲得していこう

2020/01/10更新

Vol.059 慶應義塾大学医学部
精神・神経科学教室専任講師・医学博士
佐渡充洋先生

「ネガティブな自分」を 理解することは「ポジティブな学び」 楽しいことも苦しいことも一生懸命体験しよう

記事アクセスランキング

おすすめ記事 Recommended Articles
KUMONトピックス
Feature Report 進化し続ける活動
カテゴリーを表示
NEW
Vol.370
浮世絵から見える江戸時代の人々「重陽の節句」
大輪の菊に健康と長寿を願う ~人々の暮らしと「重陽の節句」の関係~
Vol.369
特別企画 子育てのヒント‐「自立」のためにできること(2)
子どもの自立に「甘え」は欠かせない 「甘えさせる」と「甘やかす」の見極めが大事 お話:子育てカウンセラー・心療内科医 明橋大二先生
Vol.368
~創始者公文公の言葉より~
    公文式の原点⑤            <学年を越えて進む>
Vol.367
あきびんごさん×くもん出版 絵本制作編
絵本制作に込められた 絵本作家あきびんごさんと 編集者の想い
OB・OGインタビュー
Catch the Dream 夢をかなえる力
NEW
Vol.072 後編
読売巨人軍 球団職員
矢貫俊之さん
行き詰まっても逃げないで あきらめずにぶつかって 答えは自分で見つけよう
Vol.072 前編
読売巨人軍 球団職員
矢貫俊之さん
行き詰まっても逃げないで あきらめずにぶつかって 答えは自分で見つけよう
Vol.071
アート・トランスレーター
田村 かのこさん
今ある“型”にはまらなくていい 自分にできることを一つずつ進めていけば自ら“型”をつくることができる
Vol.070
文化遺産コンサルタント
佐々木義孝さん
「今の環境でしか出来ないこと」から 「その環境で自分が夢中になれること」 を探して、実践していくと、道は開けてくる
KUMON now! フェイスブックページ
KUMON now!に「いいね」して、子育てに役立つ情報を受け取ろう!