トップ > KUMON now! > スペシャルインタビュー > 慶應義塾大学医学部 精神・神経科学教室専任講師・医学博士 佐渡充洋先生(前編)

スペシャルインタビュー
Academic Milestones - 学びを究める力

2020/01/10更新

Vol.059 慶應義塾大学医学部
精神・神経科学教室専任講師・医学博士
佐渡充洋先生  前編

「ネガティブな自分」
理解することは「ポジティブな学び」
楽しいことも苦しいことも一生懸命体験しよう

佐渡 充洋 (さど みつひろ)
岡山大学医学部卒、同大学病院麻酔蘇生科で2年間初期研修ののち、1999年より慶應義塾大学医学部精神・神経科学教室に入局。2005年、ロンドン大学大学院留学を経て2008年より現職。マサチューセッツ大学医学部認定マインドフルネスストレス低減法qualified teacher、オックスフォード大学マインドフルネス認知療法認定コースステップ1終了。監訳書籍に『自分でできるマインドフルネス』『幸せになりたい女性のためのマインドフルネス』(いずれも創元社)ほか。

欧米ではうつ病の再発予防など医学的効果が報告されている「マインドフルネス」。日本ではまだデータが不十分なこの分野で、調査研究に精力的に取り組まれているのが、慶應義塾大学の精神科医、佐渡充洋先生です。マインドフルネスは「瞑想してストレスをなくすこと」と捉えられがちですが、それだけでなく、根本にあるのは「今自分の中で起きていることに気づき続けること」だそうです。それはどういうことなのか、マインドフルネスの考え方、研究や成果のほか、佐渡先生が精神科医になるまでの道のり、マインドフルネスとの出合いなどについてうかがいました。

「不快」を忌み嫌わずにそのまま受け入れる
「マインドフルネス」の医学的効果を研究

現在の私の研究活動は、おもに2つあります。ひとつはマインドフルネスなどを活用した心理社会的な介入の効果研究です。もうひとつは、そうした心理社会的な介入の費用対効果に関する研究、つまり医療経済的な観点からの研究です。

マインドフルネスとは、ごくシンプルに説明すると、「今、この瞬間の体験に気づいて、それをありのままに受け入れる態度および方法」です。精神医療にも役立つのではないかと考え、研究を進めています。

もう少し詳しくマインドフルネスの根底にある考え方を説明しましょう。マインドフルネスでは、人間が苦しみを抱えるのは、不快な経験を忌み嫌うからだと考えます。ですから、「不快な経験や不快な感覚があっても大丈夫」という態度を身につけることで、苦しみから解放される、と考えるのです。

うつ病や不安障害などの患者さんは、落ち込みや不安、慢性的な痛みなど、不快な体験をしたときに、「一刻も早くなくなってほしい」と思います。それは当然のことですが、慢性的な症状はすぐにはなくなりません。すると、「いつまで続くのか」と不安になったり「なぜ私ばかり」と怒りが湧いてきたりして、かえって辛くなってしまうのです。

これをマインドフルネスの原理に当てはめると、不快な感覚を嫌悪するのではなく、むしろ「やさしい好奇心」を向け、これをありのまま受け入れるというスタンスをとることになります。不安や落ち込み、ストレスといった不快な感覚を好きになる必要はありません。ただ「好きではないが、それがあっても大丈夫」という「嫌悪しない関わり方」を身につけることで、結果として不快な体験を抱えるキャパシティが広がり、症状が楽になるのです。

私自身、ほぼ毎日マインドフルネスを実践しています。寝る前や朝、寝たまま呼吸に集中するのです。電車の中でもやりますよ。数分のこともあれば15分くらいのときもあります。「呼吸に意識を向ける」というのは、文字通り「息を吐いた」「吸った」という自分の感覚に集中するということです。

「学習療法」は自己肯定感を支える一つの方法

関連記事

2020/01/17更新

Vol.059 慶應義塾大学医学部
精神・神経科学教室専任講師・医学博士
佐渡充洋先生

「ネガティブな自分」を 理解することは「ポジティブな学び」 楽しいことも苦しいことも一生懸命体験しよう

2018/09/28更新

Vol.050 大阪市立大学大学院 経営学研究科 教授
山田 仁一郎先生

「学問」は先人から受け取った 人類の「知恵の蓄積」 未来につなぐため、学び続けよう

調査・研究・アンケート  2016/05/24更新

Vol.152 「認知症に関する意識や実態調査」結果

家族には迷惑をかけたくない ~認知症と介護への不安と 治療・予防法への期待~  

KUMONグループの活動  2016/11/22更新

Vol.183 新たに見出された「学習療法の効果」とは?

高齢化社会を支える「学習療法」 -第2回 学習療法 実践研究シンポジウム in大阪より-

バックナンバー

2020/02/21更新

Vol.060 合同会社MAZDA Incredible Lab CEO
松田孝さん

プログラミングをきっかけに 未来社会に向けて 「新しい学び」を獲得していこう

2020/01/10更新

Vol.059 慶應義塾大学医学部
精神・神経科学教室専任講師・医学博士
佐渡充洋先生

「ネガティブな自分」を 理解することは「ポジティブな学び」 楽しいことも苦しいことも一生懸命体験しよう

2019/11/01更新

Vol.058 早稲田大学 教育・総合科学学術院 教授
澤木泰代先生

言語を学べば、 知らなかったことを知ることができる 一歩一歩、「知るよろこび」「進むよろこび」を味わおう

2019/10/11更新

Vol.057 中部大学 副学長 国際センター長
辻本雅史先生

くり返しによる「学びの身体化」で その学びは本物になる 学び続けて生涯自分を成長させよう

2019/07/12更新

Vol.056 声楽家
安田祥子さん

歌いかけは親子をつなぐ大切な時間 童謡が持つ日本語の豊かさを大切に

記事アクセスランキング

おすすめ記事 Recommended Articles
KUMONトピックス
Feature Report 進化し続ける活動
カテゴリーを表示
NEW
Vol.348
特別対談 BRAC創設者アベド氏を偲んで
教育を通じた社会貢献を 目に見える形で実現できた BRAC×KUMONプロジェクトの未来
Vol.347
家庭学習調査2019(1) 子どもの家庭での過ごし方
ゲーム、テレビ、外、学習・・・ 子どもは家で何をして過ごしているのか
Vol.346
くもんの「漢字カード」誕生の背景
文字への興味からことばの世界を広げ、 そして読書へ
Vol.345
寺子屋で学んだ子どもたち
江戸時代に求められた寺子屋での学び
OB・OGインタビュー
Catch the Dream 夢をかなえる力
NEW
Vol.068 後編
バレエダンサー
ニコライ・ヴィユウジャーニンさん
「石の上にも三年」の気持ちで 一歩一歩進んでいけば 山も登れる
Vol.068 前編
バレエダンサー
ニコライ・ヴィユウジャーニンさん
「石の上にも三年」の気持ちで 一歩一歩進んでいけば 山も登れる
Vol.067
AKB48
武藤十夢さん
「可能性の追求」を続けて 新しい扉を自分で開こう
Vol.066
ジュエリーアーティスト
Lily/福嶋真由子さん
楽しいこともつらいことも すべてのことには意味があり 「学び」や「チャンス」につながる 経験となる
KUMON now! フェイスブックページ
KUMON now!に「いいね」して、子育てに役立つ情報を受け取ろう!