スペシャルインタビュー
Academic Milestones - 学びを究める力

2020/01/10更新

Vol.059

慶應義塾大学医学部
精神・神経科学教室専任講師・医学博士
佐渡充洋先生  前編

「ネガティブな自分」
理解することは「ポジティブな学び」
楽しいことも苦しいことも一生懸命体験しよう

佐渡 充洋 (さど みつひろ)

岡山大学医学部卒、同大学病院麻酔蘇生科で2年間初期研修ののち、1999年より慶應義塾大学医学部精神・神経科学教室に入局。2005年、ロンドン大学大学院留学を経て2008年より現職。マサチューセッツ大学医学部認定マインドフルネスストレス低減法qualified teacher、オックスフォード大学マインドフルネス認知療法認定コースステップ1終了。監訳書籍に『自分でできるマインドフルネス』『幸せになりたい女性のためのマインドフルネス』(いずれも創元社)ほか。

欧米ではうつ病の再発予防など医学的効果が報告されている「マインドフルネス」。日本ではまだデータが不十分なこの分野で、調査研究に精力的に取り組まれているのが、慶應義塾大学の精神科医、佐渡充洋先生です。マインドフルネスは「瞑想してストレスをなくすこと」と捉えられがちですが、それだけでなく、根本にあるのは「今自分の中で起きていることに気づき続けること」だそうです。それはどういうことなのか、マインドフルネスの考え方、研究や成果のほか、佐渡先生が精神科医になるまでの道のり、マインドフルネスとの出合いなどについてうかがいました。

「学習療法」とは
「できた」「認められた」ことで自己肯定感が高まる

慶應義塾大学医学部 精神・神経科学教室専任講師・医学博士 佐渡充洋先生

私は2014年に認知症の社会的コストの研究をしていたことがあり、2015年、公文教育研究会 学習療法センターの「SIB実証調査事業」に、第三者評価機関の立場として協力することになりました。これは、経済産業省の委託事業で、認知症高齢者向けの非薬物療法「学習療法」と、認知症予防プログラム「脳の健康教室」の社会的・費用対便益の効果を調査するものです。私は「学習療法」によって介護度がどのように良くなり、公的コスト削減につなげられるかを評価しました。

施設入所の認知症の方57人のうち、30人には学習療法を1日30分週5日、1年間続けてもらいました。その結果、学習療法をしなかった27人に比べ、要介護度で1くらいの差がつきました。学習療法をしていた方たちは介護度が維持され、していなかった方たちは介護度が悪化したのです。そして、介護度が1違うと年間で一人平均20万円近い介護費用の差がでることもわかりました。

経産省の話が来た時、私は公文教育研究会が認知症の方を対象にした事業をされていることは知りませんでしたが、じつは最初はお断りするつもりでいました。というのは、これまでも民間企業から検証協力のお誘いをいただいていたのですが、「やるからにはきちんと研究したい。将来的には臨床研究につなげたい」と希望すると、「そこまでは必要ありません」という企業ばかりだったからです。ところが、公文の担当社員にそれを伝えると「ぜひやりましょう」と乗り気の返事をいただき、驚きました。

「学習療法」については、人を勇気づけるもの、人生に意味を与えるものだと捉えています。認知症の場合はとくに、できたことができなくなるという喪失体験が続いたり、自分のせいで周りに困っている人がいるとわかったりするので、自分の存在自体を否定してしまいがちです。しかし、「力や機能が落ちていくこと」と、「自己肯定感が低くなること」は必ずしもパラレルではありません。できることが減っても自己肯定感を維持できる人もいます。「学習療法」はそれを支えるひとつの方法だと言えるでしょう。プリント学習をして「できた!」という事実も大きいですが、それを「認めてもらう」という社会的な関係性が、自己肯定感につながるのだと思います。

医学部に入学、アメフト部で学んだ人間として重要な価値観

関連記事

2020/01/17更新

Vol.059 慶應義塾大学医学部
精神・神経科学教室専任講師・医学博士
佐渡充洋先生

「ネガティブな自分」を 理解することは「ポジティブな学び」 楽しいことも苦しいことも一生懸命体験しよう

2018/09/28更新

Vol.050 大阪市立大学大学院 経営学研究科 教授
山田 仁一郎先生

「学問」は先人から受け取った 人類の「知恵の蓄積」 未来につなぐため、学び続けよう

KUMONグループの活動  2016/11/22更新

Vol.183 新たに見出された「学習療法の効果」とは?

高齢化社会を支える「学習療法」 -第2回 学習療法 実践研究シンポジウム in大阪より-

調査・研究・アンケート  2016/05/24更新

Vol.152 「認知症に関する意識や実態調査」結果

家族には迷惑をかけたくない ~認知症と介護への不安と 治療・予防法への期待~  

2020/11/20更新

Vol.065 もり内科クリニック院長
布施医師会(東大阪市)理事
田仲みすず先生

「できること」「得意なこと」に目を向けよう できないことが増えても、まわりが上手に合いの手を入れる「お餅つきサポート」で、地域の誰もが笑顔になる

バックナンバー

2022/11/18更新

Vol.072 名古屋大学博物館 機能形態学者
藤原 慎一先生

さまざまな知識が ひも付いたときが研究の醍醐味 そのために学びをどんどん拡げよう

2022/01/21更新

Vol.071 メディアと広報研究所 主宰
尾関 謙一郎さん

多角的な見方を磨き、 自分だけの価値を見つけよう

2021/10/29更新

Vol.070 特別対談 未来を生きる子どもたちのために③

学び合いが創り出す KUMONならではのホスピタリティ

2021/08/27更新

Vol.069 特別対談 未来を生きる子どもたちのために②

生涯にわたって必要なのは 自ら「自学自習」できる力

2021/05/28更新

Vol.068 特別対談 未来を生きる子どもたちのために①

これから求められるのは 自ら課題を発見して解決できる人材

記事アクセスランキング
おすすめ記事 Recommended Articles
KUMONトピックス
Feature Report 進化し続ける活動
カテゴリーを表示
NEW
Vol.469
地域医療従事者を目指す公文国際学園卒業生
KUMONで学んだことは 長時間机に向かえる力と 自分で計画を立てて取り組む力
Vol.468
公文書写―「書く」と「描く」
「好き」と思うこと、 自分のペースで楽しむ ~居心地のよい空間~
Vol.467
Baby Kumon 10年の歩み
~これまで語られることのなかった Baby Kumon担当者たちの想い~
Vol.466
KUMONの各事業トピックス2022
公文の理念に向かって ~各事業が目指すこと &2022年トピックス~
OB・OGインタビュー
Catch the Dream 夢をかなえる力
NEW
Vol.092 後編
丸紅インドネシア代表
笠井 信司さん
経験に無駄は何ひとつとしてなく 将来に必ず生きる “Discipline”を身につけよう
Vol.092 前編
丸紅インドネシア代表
笠井 信司さん
経験に無駄は何ひとつとしてなく 将来に必ず生きる “Discipline”を身につけよう
Vol.091
千房株式会社 代表取締役社長
中井貫ニさん
「全人格格闘技」 目の前のことに全力を尽くして 「ありがとう」の感謝の心で生きていこう
Vol.090
スキージャンパー
渡邉陽さん
「やり抜く力」を身につけて 楽しみながらあきらめずに続けよう
KUMON now! フェイスブックページ
KUMON now!に「いいね」して、子育てに役立つ情報を受け取ろう!