スペシャルインタビュー
Academic Milestones - 学びを究める力

2020/01/10更新

Vol.059 慶應義塾大学医学部
精神・神経科学教室専任講師・医学博士
佐渡充洋先生  前編

「ネガティブな自分」
理解することは「ポジティブな学び」
楽しいことも苦しいことも一生懸命体験しよう

佐渡 充洋 (さど みつひろ)
岡山大学医学部卒、同大学病院麻酔蘇生科で2年間初期研修ののち、1999年より慶應義塾大学医学部精神・神経科学教室に入局。2005年、ロンドン大学大学院留学を経て2008年より現職。マサチューセッツ大学医学部認定マインドフルネスストレス低減法qualified teacher、オックスフォード大学マインドフルネス認知療法認定コースステップ1終了。監訳書籍に『自分でできるマインドフルネス』『幸せになりたい女性のためのマインドフルネス』(いずれも創元社)ほか。

欧米ではうつ病の再発予防など医学的効果が報告されている「マインドフルネス」。日本ではまだデータが不十分なこの分野で、調査研究に精力的に取り組まれているのが、慶應義塾大学の精神科医、佐渡充洋先生です。マインドフルネスは「瞑想してストレスをなくすこと」と捉えられがちですが、それだけでなく、根本にあるのは「今自分の中で起きていることに気づき続けること」だそうです。それはどういうことなのか、マインドフルネスの考え方、研究や成果のほか、佐渡先生が精神科医になるまでの道のり、マインドフルネスとの出合いなどについてうかがいました。

スポーツ大好き少年だったが
将来の進路に迷い、目標のないまま医学部へ

私は岡山県倉敷市で生まれ育ち、スポーツが大好きな子どもでした。幼稚園の頃から野球を始め、将来の夢はプロ野球選手。広島カープに入りたいと思い、野球に明け暮れる小学生でした。けれども「電車通学が楽しそう」という動機で受験・進学した岡山大学教育学部附属中学には野球部がなく、仕方なくバレーボール部に入部しました。

その後進学した高校にも野球部はなく、男子ソフトボール部に所属。高校三年生の時には国体選手に選ばれたのですが、受験が控えていることを理由に、監督が勝手に断ってしまい結局行けずじまいでした。

私の父はエンジニアでしたが「努力」と「根性」がモットーで、温かくも厳しい人でした。少年野球をしていたときも「プロ野球選手になりたいなら人の3倍努力しなさい」と言われ、チームの練習が終わったあとも、近くの山まで走らされていたほどです。一方母は、そんな父をフォローする感じでしたが、おっちょこちょいで好奇心旺盛。いろんなものごとに興味を持っていて、その部分は私も受け継いでいるかもしれません。

自分の将来については、中学生くらいから「社会の動きや人のモチベーションに関わることに携わりたい」と、漠然と思うようになりました。でも、具体的な仕事としては何も思い浮かびませんでした。大学進学時は悩みました。理系が得意な一方、経済学や社会学にも関心があり、それを先生や親に伝えると、「大学卒業後何するの?」と聞かれます。でも、答えられない。大学を卒業したら何をやればよいのか、さっぱりわかりませんでした。
唯一誰からも何も指摘されなかったのが医学部です。その後に何をするかといえば医者しかありませんから。そんな理由で医学部に入学したものだから、入ってからがとても大変でした。細胞学や体の仕組みにも関心がもてず、苦痛で苦痛で(苦笑)。

部活は医学部の部活ではなく、全学のアメフト部に入っていました。とてもハードな部活でしたが、自分の気持ちに負けてしまったときの挫折感、コミットした先にある大きな達成感など、人間として重要な価値観の多くはこのアメフト部での体験から学ばせてもらいました。

 

関連リンク
慶應義塾大学ストレス研究センター
学習療法センター


 

 

後編のインタビューから

-スポーツでの学びから精神科医へ、マインドフルネスに出合う
-「学び」とは感情や身体感覚が伴う「気づき」
-「コントロールしようとしない」ことを意識し、そのままを受け入れる

 

関連記事

2020/01/17更新

Vol.059 慶應義塾大学医学部
精神・神経科学教室専任講師・医学博士
佐渡充洋先生

「ネガティブな自分」を 理解することは「ポジティブな学び」 楽しいことも苦しいことも一生懸命体験しよう

2018/09/28更新

Vol.050 大阪市立大学大学院 経営学研究科 教授
山田 仁一郎先生

「学問」は先人から受け取った 人類の「知恵の蓄積」 未来につなぐため、学び続けよう

調査・研究・アンケート  2016/05/24更新

Vol.152 「認知症に関する意識や実態調査」結果

家族には迷惑をかけたくない ~認知症と介護への不安と 治療・予防法への期待~  

バックナンバー

2020/02/21更新

Vol.060 合同会社MAZDA Incredible Lab CEO
松田孝さん

プログラミングをきっかけに 未来社会に向けて 「新しい学び」を獲得していこう

2020/01/10更新

Vol.059 慶應義塾大学医学部
精神・神経科学教室専任講師・医学博士
佐渡充洋先生

「ネガティブな自分」を 理解することは「ポジティブな学び」 楽しいことも苦しいことも一生懸命体験しよう

2019/11/01更新

Vol.058 早稲田大学 教育・総合科学学術院 教授
澤木泰代先生

言語を学べば、 知らなかったことを知ることができる 一歩一歩、「知るよろこび」「進むよろこび」を味わおう

2019/10/11更新

Vol.057 中部大学 副学長 国際センター長
辻本雅史先生

くり返しによる「学びの身体化」で その学びは本物になる 学び続けて生涯自分を成長させよう

2019/07/12更新

Vol.056 声楽家
安田祥子さん

歌いかけは親子をつなぐ大切な時間 童謡が持つ日本語の豊かさを大切に

記事アクセスランキング

おすすめ記事 Recommended Articles
KUMONトピックス
Feature Report 進化し続ける活動
カテゴリーを表示
NEW
Vol.342
日本語学習者の現在(いま)・夢・目標
―動画レポート
日本語を学んで 日本を好きになってもらいたい そして夢をかなえてほしい
Vol.341
KUMONロゴに込められた想い
キーワードは「Thinking」! THINKING FACEが笑顔ではない理由とは?
Vol.340
くもんの教具「磁石すうじ盤」の魅力とは?
乳幼児の数の理解を深め、    高齢者の脳の活性化にも!
Vol.339
南アフリカの公文式教室
一人でも多くの南アフリカの子どもたちに 学ぶ機会を
OB・OGインタビュー
Catch the Dream 夢をかなえる力
NEW
Vol.067 後編
AKB48
武藤十夢さん
「可能性の追求」を続けて 新しい扉を自分で開こう
Vol.067 前編
AKB48
武藤十夢さん
「可能性の追求」を続けて 新しい扉を自分で開こう
Vol.066
ジュエリーアーティスト
Lily/福嶋真由子さん
楽しいこともつらいことも すべてのことには意味があり 「学び」や「チャンス」につながる 経験となる
Vol.065
弁護士・薬剤師・弁理士
中村智広さん
一つひとつ積み重ねた結果、今がある 枠にとらわれず好奇心をもち、 学び続けて前進しよう
KUMON now! フェイスブックページ
KUMON now!に「いいね」して、子育てに役立つ情報を受け取ろう!