スペシャルインタビュー
Academic Milestones - 学びを究める力

2019/06/28更新

Vol.055 東北大学スマート・エイジング学際重点研究
センター特任教授/村田アソシエイツ代表
村田裕之先生  前編

「人生100年時代」に向け、
自分の「好き」を見つけて
「自分軸」で生きていこう

村田 裕之 (むらた ひろゆき)
新潟県生まれ。1987年東北大学大学院工学研究科修了。民間企業勤務後、仏国立ポンゼショセ工科大学院国際経営学部修了。日本総合研究所等を経て、2002年3月より村田アソシエイツ代表。2006年2月には東北大学特任教授に着任。経済産業省や内閣府委員会など多くの公職も歴任。著書に『スマート・エイジング 人生100年時代を生き抜く10の秘訣』(徳間書店)、『シニアシフトの衝撃』『親が70歳を過ぎたら読む本』(以上ダイヤモンド社)など多数。

「年をとりたくない」。中高年になると多くの人がそう思うでしょう。ところが、高齢社会研究の第一人者、村田裕之先生が提唱する「スマート・エイジング」という概念を知ると、「年をとるのも悪くないかも」と、ポジティブに受け止められます。村田先生は、シンクタンク在職中や40歳で独立してからも、多くの民間企業の新事業開発・経営に参画し、常に時代の一歩先を読んだ事業に取り組んできました。海外と日本の事業の橋渡しを行うなど、グローバルにご活躍、KUMONの学習療法についても、アメリカへの普及に尽力されています。シニアビジネス分野のパイオニアとなられるまでには、どんなきっかけや経緯があったのでしょうか。「人生100年時代」にあたって、大切にすべき心構えについてもうかがいました。

子どもの頃から「新しいこと」「人がやらないこと」が好き

学習療法がアメリカで受け入れられると直感できたのは、私がそれまでアメリカ企業と多くのビジネスを実践していて、しょっちゅう渡米しており、アメリカでの人的ネットワークが豊富で、現地の状況も熟知していたからです。私のキャリアの多くは、簡単に言えば、日本と海外との懸け橋となり、新規事業を海外あるいは日本に定着させること、と言えます。その基盤は生い立ちが影響していると思います。

新潟県の豪雪地帯で生まれ育った私は、幼い頃から「こんな田舎にいたくない、早く外に出たい」と、ずっと思っていました。海外に目が向くようになったのは、中学生時代の修学旅行で京都に行ったときの経験が最初のきっかけです。英語は好きで成績も悪くありませんでしたが、オーストラリア人のグループに道を尋ねられてまったく答えられなかった時、先生が英語で説明するのを見て、「外国人と英語でコミュニケーションできるといいな」と漠然と思ったのです。

その後も受験英語は勉強したものの、大学院1年のときに、アメリカから来日した研究員の生活サポートを命じられたとき、まったく英語が通じませんでした。これはまずいなと思い、そこから本気で英語を勉強し始めました。

花井等(政治学者、筑波大学名誉教授)の『国際人新渡戸稲造』を読んだことも、外向き志向になったきっかけのひとつです。当時の日本の黎明期を作った人間との交流も多く登場していて、私は後藤新平(明治~昭和初期の政治家)とのやりとりの場面がすごく好きです。最初に読んだのは学生時代ですが、社会人になってからも何度も何度も読みました。大事なところを決める時にはこんな呼吸が必要なのだな、など参考にしています。

昔から人がやらないような新しいことに興味があり、小5の時にはアマチュア無線の免許をとりました。新潟の超田舎にいながら、北海道でも小笠原諸島でも交信できたのが楽しかったですね。アマチュア無線をしていると、つきあいがあるのが年上のおじさんばかりで、そのせいか、ませた少年でした。機械いじりも好きで、ジャンク屋で部品を買ってラジオなどをつくっていました。

結構好きなことができていたのも、両親が自由放任だったからでしょう。父は地方の銀行員で、朝早く出て夜遅く帰宅する生活です。一方で母は自営業。紡績工場の下請けをしていて、朝5時から夜11時まで働いていました。姉、兄、私の3人兄弟、次男坊ということもあったかもしれません。

当時はまだ将来の夢は具体的には思い描いていませんでしたが、オイルショックの時に、「日本は資源がなくて石油の問題で右往左往している。だから資源の問題を解決したいな」と、なんとなく考えていたことは覚えています。まだ小学5年生の頃です。

大学では機械工学科に在籍しました。2ヵ月間岩手の八幡平という山にこもって、地下を掘り、高温の岩に水を注入し熱水を取り出して発電させようという実験をしていました。日本は地熱が豊富な国だから、これが実現すれば資源の問題が解決する、と考えたのです。結局実現はしませんでしたが、その時の看板が採掘場所に今でも残っていて、それを発見したときはうれしかったですね。山の中で熊に間違われて撃たれそうになったこともあります。そんな経験をずっとしてきたので、たいていのことは、何があっても動じません。

 

関連リンク
東北大学 スマート・エイジング学際重点研究センター
村田裕之の学べるブログ
学習療法センター


 

 

後編のインタビューから

-外国企業への就職を模索しフランスへ
-人生100年時代を生きるカギ
-村田先生から保護者の方々へのメッセージ

td>

 

関連記事

2019/07/05更新

Vol.055 東北大学スマート・エイジング学際重点研究
センター特任教授/村田アソシエイツ代表
村田裕之先生

「人生100年時代」に向け、 自分の「好き」を見つけて 「自分軸」で生きていこう

KUMONグループの活動  2020/05/19更新

Vol.355 フコクしんらい生命との協働

認知症の方とご家族が安心して暮らせる社会づくりを目指して ~認知症予防セミナー~

2014/02/21更新

Vol.006 脳科学者 川島隆太先生

学びの本質は、 過去を知って未来につなぐこと 子どもたちに伝えたい “夢をかなえるための4つの約束“

2014/02/28更新

Vol.006 脳科学者 川島隆太先生

学びの本質は、 過去を知って未来につなぐこと 子どもたちに伝えたい “夢をかなえるための4つの約束“

KUMONグループの活動  2015/10/15更新

Vol.108 学習療法-映画『僕がジョンと呼ばれるまで』自主上映の広がり

高齢化社会の「希望の光」となる 学習療法ドキュメンタリー映画、 自主上映の広がり -2015年11月1日「第1回学習療法実践研究シンポジウムin幕張」で上映-

バックナンバー

2020/08/28更新

Vol.063 往来物研究家
小泉吉永先生

江戸の知恵には学びがあふれている “好き”をとことん掘り下げて 出会いを引き寄せよう

2020/05/08更新

Vol.062 筑波大学国際発達ケア:エンパワメント科学研究室教授・保健学博士
安梅勅江先生

「エンパワメント」の力が 「みんなが夢を持てる世界」を実現する

2020/04/03更新

Vol.061 臨床心理士、国際TA協会公認交流分析家
末松渉先生

「心の危機」は成長の機会でもある 「学ぶ喜び」を知って 「生きる力」にしていこう

2020/02/21更新

Vol.060 合同会社MAZDA Incredible Lab CEO
松田孝さん

プログラミングをきっかけに 未来社会に向けて 「新しい学び」を獲得していこう

2020/01/10更新

Vol.059 慶應義塾大学医学部
精神・神経科学教室専任講師・医学博士
佐渡充洋先生

「ネガティブな自分」を 理解することは「ポジティブな学び」 楽しいことも苦しいことも一生懸命体験しよう

記事アクセスランキング

おすすめ記事 Recommended Articles
KUMONトピックス
Feature Report 進化し続ける活動
カテゴリーを表示
NEW
Vol.370
浮世絵から見える江戸時代の人々「重陽の節句」
大輪の菊に健康と長寿を願う ~人々の暮らしと「重陽の節句」の関係~
Vol.369
特別企画 子育てのヒント‐「自立」のためにできること(2)
子どもの自立に「甘え」は欠かせない 「甘えさせる」と「甘やかす」の見極めが大事 お話:子育てカウンセラー・心療内科医 明橋大二先生
Vol.368
~創始者公文公の言葉より~
    公文式の原点⑤            <学年を越えて進む>
Vol.367
あきびんごさん×くもん出版 絵本制作編
絵本制作に込められた 絵本作家あきびんごさんと 編集者の想い
OB・OGインタビュー
Catch the Dream 夢をかなえる力
NEW
Vol.072 後編
読売巨人軍 球団職員
矢貫俊之さん
行き詰まっても逃げないで あきらめずにぶつかって 答えは自分で見つけよう
Vol.072 前編
読売巨人軍 球団職員
矢貫俊之さん
行き詰まっても逃げないで あきらめずにぶつかって 答えは自分で見つけよう
Vol.071
アート・トランスレーター
田村 かのこさん
今ある“型”にはまらなくていい 自分にできることを一つずつ進めていけば自ら“型”をつくることができる
Vol.070
文化遺産コンサルタント
佐々木義孝さん
「今の環境でしか出来ないこと」から 「その環境で自分が夢中になれること」 を探して、実践していくと、道は開けてくる
KUMON now! フェイスブックページ
KUMON now!に「いいね」して、子育てに役立つ情報を受け取ろう!