スペシャルインタビュー
Academic Milestones - 学びを究める力

2019/06/28更新

Vol.055 東北大学スマート・エイジング学際重点研究
センター特任教授/村田アソシエイツ代表
村田裕之先生  前編

「人生100年時代」に向け、
自分の「好き」を見つけて
「自分軸」で生きていこう

村田 裕之 (むらた ひろゆき)
新潟県生まれ。1987年東北大学大学院工学研究科修了。民間企業勤務後、仏国立ポンゼショセ工科大学院国際経営学部修了。日本総合研究所等を経て、2002年3月より村田アソシエイツ代表。2006年2月には東北大学特任教授に着任。経済産業省や内閣府委員会など多くの公職も歴任。著書に『スマート・エイジング 人生100年時代を生き抜く10の秘訣』(徳間書店)、『シニアシフトの衝撃』『親が70歳を過ぎたら読む本』(以上ダイヤモンド社)など多数。

「年をとりたくない」。中高年になると多くの人がそう思うでしょう。ところが、高齢社会研究の第一人者、村田裕之先生が提唱する「スマート・エイジング」という概念を知ると、「年をとるのも悪くないかも」と、ポジティブに受け止められます。村田先生は、シンクタンク在職中や40歳で独立してからも、多くの民間企業の新事業開発・経営に参画し、常に時代の一歩先を読んだ事業に取り組んできました。海外と日本の事業の橋渡しを行うなど、グローバルにご活躍、KUMONの学習療法についても、アメリカへの普及に尽力されています。シニアビジネス分野のパイオニアとなられるまでには、どんなきっかけや経緯があったのでしょうか。「人生100年時代」にあたって、大切にすべき心構えについてもうかがいました。

グローバル企業と堅実な日本企業、2つの顔をもつKUMON

私が学習療法に関わるようになったのは、2009年に現在のセンターの前身であるスマート・エイジング国際共同研究センターを立ち上げ、川島隆太先生が取り組まれているこの研究を知ったことがきっかけでした。学習療法を知り、これはアメリカで絶対受け入れられる、と直感しました。

その理由は2つあります。ひとつは、アメリカでは認知症は不治の病として非常に恐れられていたことです。それを改善できるメソッドが日本にあるというのは、絶対にインパクトがあるはずだと思いました。もうひとつは、日本と違ってアメリカには公的介護保険がなかったことです。

日本では、認知症が改善すると要介護度が下がり、介護報酬が減り、介護事業者にとっては実入りが減ることにはなります。ところがアメリカはそれがないので、学習療法で改善すると介護が楽になり、コストも下がります。スタッフもやる気が出て、もちろん本人も家族も喜びます。アメリカのほうがわかりやすく、受け入れられやすいと思いました。

そこで、アメリカの高齢者施設で説明会を実施したところ、ものすごい反響がありました。「もしこれが本当なら、これは天からの光だ」とまで言ってくれるアメリカ人もいました。施設側も学習療法の凄さを評価し、やる気満々。とんとん拍子でアメリカ進出計画が決まりました。

ところが、当時のリーマン・ショックの影響で施設が突然倒産し、進出計画は頓挫してしまいます。私も関係者も大ショックでした。しかし、説明会で感じた施設入居者の皆さんの熱が忘れられず、もう少し受け入れ先の探索を続けようと、あらゆるところに説明に行きました。そうして学習療法が日本で誕生してから10年が経過した2011年5月、オハイオ州クリーブランドにてアメリカでの学習療法がついに始まりました。

学習療法がグローバル展開する以前から、KUMONは世界に進出していますよね。現在では50を超える国と地域で事業展開されていると聞きます。KUMONは、そんなグローバル企業の顔と、非常に堅実な日本企業の顔の両方を兼ね備えている、とても珍しい企業だと思います。世界でこれだけの展開をしているのにもかかわらず、実直で、流されない。

「世界の潮流に乗り遅れるな」という風潮もありますが、KUMONは不易な部分をとても大事にされている。それは時々事業推進上のネックになるかもしれませんが、大筋ではアドバンテージです。この企業は絶対安心できるという信頼感は、大きな財産だからです。

今につながる「新しいことが好き」な子ども時代

関連記事

2019/07/05更新

Vol.055 東北大学スマート・エイジング学際重点研究
センター特任教授/村田アソシエイツ代表
村田裕之先生

「人生100年時代」に向け、 自分の「好き」を見つけて 「自分軸」で生きていこう

KUMONグループの活動  2020/05/19更新

Vol.355 フコクしんらい生命との協働

認知症の方とご家族が安心して暮らせる社会づくりを目指して ~認知症予防セミナー~

2014/02/21更新

Vol.006 脳科学者 川島隆太先生

学びの本質は、 過去を知って未来につなぐこと 子どもたちに伝えたい “夢をかなえるための4つの約束“

2014/02/28更新

Vol.006 脳科学者 川島隆太先生

学びの本質は、 過去を知って未来につなぐこと 子どもたちに伝えたい “夢をかなえるための4つの約束“

KUMONグループの活動  2015/10/15更新

Vol.108 学習療法-映画『僕がジョンと呼ばれるまで』自主上映の広がり

高齢化社会の「希望の光」となる 学習療法ドキュメンタリー映画、 自主上映の広がり -2015年11月1日「第1回学習療法実践研究シンポジウムin幕張」で上映-

バックナンバー

2020/08/28更新

Vol.063 往来物研究家
小泉吉永先生

江戸の知恵には学びがあふれている “好き”をとことん掘り下げて 出会いを引き寄せよう

2020/05/08更新

Vol.062 筑波大学国際発達ケア:エンパワメント科学研究室教授・保健学博士
安梅勅江先生

「エンパワメント」の力が 「みんなが夢を持てる世界」を実現する

2020/04/03更新

Vol.061 臨床心理士、国際TA協会公認交流分析家
末松渉先生

「心の危機」は成長の機会でもある 「学ぶ喜び」を知って 「生きる力」にしていこう

2020/02/21更新

Vol.060 合同会社MAZDA Incredible Lab CEO
松田孝さん

プログラミングをきっかけに 未来社会に向けて 「新しい学び」を獲得していこう

2020/01/10更新

Vol.059 慶應義塾大学医学部
精神・神経科学教室専任講師・医学博士
佐渡充洋先生

「ネガティブな自分」を 理解することは「ポジティブな学び」 楽しいことも苦しいことも一生懸命体験しよう

記事アクセスランキング

おすすめ記事 Recommended Articles
KUMONトピックス
Feature Report 進化し続ける活動
カテゴリーを表示
NEW
Vol.370
浮世絵から見える江戸時代の人々「重陽の節句」
大輪の菊に健康と長寿を願う ~人々の暮らしと「重陽の節句」の関係~
Vol.369
特別企画 子育てのヒント‐「自立」のためにできること(2)
子どもの自立に「甘え」は欠かせない 「甘えさせる」と「甘やかす」の見極めが大事 お話:子育てカウンセラー・心療内科医 明橋大二先生
Vol.368
~創始者公文公の言葉より~
    公文式の原点⑤            <学年を越えて進む>
Vol.367
あきびんごさん×くもん出版 絵本制作編
絵本制作に込められた 絵本作家あきびんごさんと 編集者の想い
OB・OGインタビュー
Catch the Dream 夢をかなえる力
NEW
Vol.072 後編
読売巨人軍 球団職員
矢貫俊之さん
行き詰まっても逃げないで あきらめずにぶつかって 答えは自分で見つけよう
Vol.072 前編
読売巨人軍 球団職員
矢貫俊之さん
行き詰まっても逃げないで あきらめずにぶつかって 答えは自分で見つけよう
Vol.071
アート・トランスレーター
田村 かのこさん
今ある“型”にはまらなくていい 自分にできることを一つずつ進めていけば自ら“型”をつくることができる
Vol.070
文化遺産コンサルタント
佐々木義孝さん
「今の環境でしか出来ないこと」から 「その環境で自分が夢中になれること」 を探して、実践していくと、道は開けてくる
KUMON now! フェイスブックページ
KUMON now!に「いいね」して、子育てに役立つ情報を受け取ろう!