トップ > KUMON now! > スペシャルインタビュー > 村田裕之先生 東北大学 スマート・エイジング学際重点研究センター特任教授/ 村田アソシエイツ代表(前編)

スペシャルインタビュー
Academic Milestones - 学びを究める力

2019/06/28更新

Vol.055

東北大学スマート・エイジング学際重点研究
センター特任教授/村田アソシエイツ代表
村田裕之先生  前編

「人生100年時代」に向け、
自分の「好き」を見つけて
「自分軸」で生きていこう

村田 裕之 (むらた ひろゆき)

新潟県生まれ。1987年東北大学大学院工学研究科修了。民間企業勤務後、仏国立ポンゼショセ工科大学院国際経営学部修了。日本総合研究所等を経て、2002年3月より村田アソシエイツ代表。2006年2月には東北大学特任教授に着任。経済産業省や内閣府委員会など多くの公職も歴任。著書に『スマート・エイジング 人生100年時代を生き抜く10の秘訣』(徳間書店)、『シニアシフトの衝撃』『親が70歳を過ぎたら読む本』(以上ダイヤモンド社)など多数。

「年をとりたくない」。中高年になると多くの人がそう思うでしょう。ところが、高齢社会研究の第一人者、村田裕之先生が提唱する「スマート・エイジング」という概念を知ると、「年をとるのも悪くないかも」と、ポジティブに受け止められます。村田先生は、シンクタンク在職中や40歳で独立してからも、多くの民間企業の新事業開発・経営に参画し、常に時代の一歩先を読んだ事業に取り組んできました。海外と日本の事業の橋渡しを行うなど、グローバルにご活躍、KUMONの学習療法についても、アメリカへの普及に尽力されています。シニアビジネス分野のパイオニアとなられるまでには、どんなきっかけや経緯があったのでしょうか。「人生100年時代」にあたって、大切にすべき心構えについてもうかがいました。

「加齢」は人の発達プロセス
それに賢く対応する「スマート・エイジング」を提唱

村田裕之先生 東北大学 スマート・エイジング学際重点研究センター特任教授/ 村田アソシエイツ代表

現在、私は東北大学のスマート・エイジング学際重点研究センターに所属しています。このセンターは「加齢医学研究所」での研究活動を発展してできたところです。「学際」という言葉がついているように、医学だけではなく、工学、文学、宗教学、経済学、農学など、学部横断的に加齢を科学しています。

例えば認知症ケアに関する問題は、医学の領域だけでは解決できませんし、介護の現場だけでも解決できません。そうしたことを横断的に研究して解決していこうというのがセンターの役割です。そこで私は特任教授として、センターで研究者が生み出した知見を、企業の皆さんと共同研究あるいは共同事業の形にして、社会に根づかせていく任務を担っています。

「スマート・エイジング」とは、私が提唱した概念です。そもそもどんな概念なのかを説明しましょう。「エイジング」を日本語で表現すると「加齢」です。ただ、加齢は「老化」と同義と捉えられがちで、「格好悪くなって衰退する」という非常にネガティブなイメージがあります。しかし、これは誤解です。

加齢というのは、受精した瞬間からあの世に行くまで人間が発達するプロセスをいいます。つまり「生き続けること」です。人間は歳を重ねるに伴って、いつまでも成長できる。私はそういう気持ちを込めて「スマート・エイジング」という言葉を使っています。「スマート」とは「賢い」という意味ですが、私は「人間として成長する」と捉えています。

人も社会も、経年によるいろいろな変化があります。そうした変化に賢く対処し、個人としても社会としても知的に成熟していく。それが「スマート・エイジング」ということです。

もうひとつの肩書きにある村田アソシエイツというのは、私が40歳の時に独立起業した会社です。ここでは企業のシニアビジネスのコンサルティングを行っています。もともとは、シニアビジネスに限らず、さまざまな新しい事業の企画開発をし、社会に展開させてきました。海外のビジネスを日本に普及させたものもありますし、逆に日本発のビジネスを海外に展開させたものもあります。そのひとつが、KUMONの「学習療法」のアメリカへの展開です。

日本の「学習療法」をアメリカに紹介

関連記事

2019/07/05更新

Vol.055 東北大学スマート・エイジング学際重点研究
センター特任教授/村田アソシエイツ代表
村田裕之先生

「人生100年時代」に向け、 自分の「好き」を見つけて 「自分軸」で生きていこう

KUMONグループの活動  2020/05/19更新

Vol.355 フコクしんらい生命との協働

認知症の方とご家族が安心して暮らせる社会づくりを目指して ~認知症予防セミナー~

2014/02/21更新

Vol.006 脳科学者 川島隆太先生

学びの本質は、 過去を知って未来につなぐこと 子どもたちに伝えたい “夢をかなえるための4つの約束“

2014/02/28更新

Vol.006 脳科学者 川島隆太先生

学びの本質は、 過去を知って未来につなぐこと 子どもたちに伝えたい “夢をかなえるための4つの約束“

KUMONグループの活動  2015/10/15更新

Vol.108 学習療法-映画『僕がジョンと呼ばれるまで』自主上映の広がり

高齢化社会の「希望の光」となる 学習療法ドキュメンタリー映画、 自主上映の広がり -2015年11月1日「第1回学習療法実践研究シンポジウムin幕張」で上映-

バックナンバー

2021/08/27更新

Vol.069 特別対談 未来を生きる子どもたちのために②

生涯にわたって必要なのは 自ら「自学自習」できる力

2021/05/28更新

Vol.068 特別対談 未来を生きる子どもたちのために①

これから求められるのは 自ら課題を発見して解決できる人材

2021/04/30更新

Vol.067 青山学院大学経営学部マーケティング学科 教授
小野譲司先生

「学問」とは「問いを学ぶ」こと 現場に行って自分の目で見て感じて 自ら問いを立ててみよう

2021/03/26更新

Vol.066 浜学園アドバイザー
佐藤亮子さん

学ぶおもしろさを実感できれば 子どもは必ず伸びていく 子育ては親子で一緒に楽しもう

2020/11/20更新

Vol.065 もり内科クリニック院長
布施医師会(東大阪市)理事
田仲みすず先生

「できること」「得意なこと」に目を向けよう できないことが増えても、まわりが上手に合いの手を入れる 「お餅つきサポート」で、地域の誰もが笑顔になる

記事アクセスランキング
おすすめ記事 Recommended Articles
KUMONトピックス
Feature Report 進化し続ける活動
カテゴリーを表示
NEW
Vol.417
アブダビの小学校において公文式による学力向上貢献事業を実施しています
ADNOC、JODCO、KUMONの3社による アブダビ事業が 令和3年度「日本型教育の海外展開(EDU-Portニッポン)応援プロジェクト」に採択されました
Vol.416
学習療法在宅コースとは?
研修会で学びご家族へのサポートに生かす ~学習療法在宅コースでの実践~
Vol.415
公文式を導入している障害児・障害者支援施設での学習効果アンケート
障害児・障害者支援施設で感じられている 公文式学習の効果とは?
Vol.414
KUMONレポート-子ども文化史料編
江戸時代の史料から子ども文化を研究 ~KUMONの子ども文化史料~
OB・OGインタビュー
Catch the Dream 夢をかなえる力
NEW
Vol.081 後編
オアシススタイルウェア代表取締役
中村有沙さん
学びによって自分も世の中も変えていける 「妄想」が「現実」に変化していくことを楽しもう
Vol.081 前編
オアシススタイルウェア代表取締役
中村有沙さん
学びによって自分も世の中も変えていける 「妄想」が「現実」に変化していくことを楽しもう
Vol.080
ライター/翻訳者
堀越英美さん
「正しい母」でなくてもいい 自分も子どもも縛らずに 「おもしろい」と感じたことを掘っていこう
Vol.079
常葉大学造形学部
講師 村井貴さん
本当の学びは“外”にある 教科書やネットから飛び出して 外の景色を見に行こう
KUMON now! フェイスブックページ
KUMON now!に「いいね」して、子育てに役立つ情報を受け取ろう!