スペシャルインタビュー
Academic Milestones - 学びを究める力

2016/05/27更新

Vol.032 認知科学者 明和政子先生  後編

やりたいと思ったことは
迷わず進んで「やってみる」
ぶれずに貫く自分をみている人がいる

明和 政子 (みょうわ まさこ)
富山県生まれ。京都大学教育学部卒業。同大学大学院教育学研究科博士後期課程修了。博士(教育学)。京都大学霊長類研究所研究員、滋賀県立大学人間文化学部専任講師などを経て、現在は京都大学大学院教育学研究科教授。専門は「比較認知発達科学」。主な著書に『霊長類から人類を読み解く なぜ「まね」をするのか』(河出書房新社)、『心が芽ばえるとき コミュニケーションの誕生と進化』(NTT出版)、『まねが育むヒトの心』(岩波書店)など多数。

ヒトの心だけでなく、チンパンジーの心も研究対象とすることで、「比較認知発達科学」という新分野を開拓された明和政子先生。研究結果から、ヒトの育児スタイルは本来、「共同養育」と提唱し、多くの母親たちの共感を呼んでいます。自らの妊娠・出産・育児体験を踏まえ、ヒトらしい心の発達に必要な条件を科学的に解明しようと研究を続ける明和先生に、ご自身のお子さんとの関わり方も含め、学びの原動力についてうかがいました。

育児に専念した2年間
「自由になりたい」と空を見上げていた

認知科学者 明和政子

教育学部に所属しながら、週5日を京都大学霊長類研究所(以下、霊長研)で過ごす生活を続けました。研究は楽しかったのですが、親に申し訳ないという気持ちもあって就職活動をし、内定も得ることができました。ところが卒論に取り組み始めたら、やっぱり研究がおもしろくなって……。秋になり、「大学院に進学してもいいかな」と母にきくと、「いいよ、なんとかなるよ」と。本当に、母には頭が上がりません。

大学院に進学し、本格的にチンパンジーの研究に着手しました。当時、チンパンジーの心にまつわる研究の多くは、「チンパンジーは(ヒトと同様に/ヒトよりも優れて)こんなことができる」という発見が主流でした。しかし、もともとヒトの心の独自性に関心の強かった私は、「ヒトには簡単にできて、チンパンジーには難しいこと」のほうに面白さを感じ、「真似(身体模倣)」をテーマに選びました。意外に思われるかもしれませんが、チンパンジーは真似が苦手なのです。ニホンザルは真似をしません。「サル真似」ということばはじつは間違っているのです。サル真似が得意なのは、ヒトだけです。

チンパンジーに意味のない行為、たとえば、飲むときに使うコップを頭の上にのせるといった行為をみせても、真似することはありません。でも、ヒトの赤ちゃんはそっくりそのまま真似してしまう。ヒトは、ことばを獲得する前から他者の行為を真似し始めます。そこには、他者の行為から効率よく学習したり、行為の背後にある心を読み取ったりするという、発達における重要な意味があると考えられています。

研究は、うまくいかないのが当たり前。想定どおりの成果が得られなくても、ストレスはさほど感じません。しかし、出産と育児で研究をセーブしなくてはならなかったときには、これまでにない大きなストレスを感じました。研究を始めてから10年くらい経ち、独立した研究者として軌道に乗り始めたころ、子どもを授かりました。うれしかった。でも、同僚は海外留学など新たな世界に挑みはじめる時期でもありました。焦りを感じたのも事実です。私もそうした夢を描いていましたから。女性のキャリア形成は、プライベートとのバランスが難しいですね。

妊娠中も研究は続けていましたが、子どもをちゃんと育てなくては、という思いが強く、産後はいったん研究から離れることを決意しました。2年間、専業主婦として育児に専念しましたが、正直つらかった。毎日、買い物に行って、オムツを換えて、お風呂に入れて……。研究が、とても遠い世界となってしまいました。ベビーカーを押して散歩しながら、子どもの頃のように空を見上げて、「自由になりたい」と思っていました。これ、多くの母親の本音だと思います。

明和先生が研究で明らかにしたこととは?

関連記事

2016/05/20更新

Vol.032 認知科学者 明和政子先生

やりたいと思ったことは 迷わず進んで「やってみる」 ぶれずに貫く自分をみている人がいる

2014/04/25更新

Vol.008 教育心理学者 秋田喜代美先生

学びの楽しさは新しい世界が開けること夢中になれると人は伸びる

2014/03/28更新

Vol.007 発達心理学者 田島信元先生

もって生まれた学習能力は衰えることはない人は生涯にわたって発達し続ける

2013/12/27更新

Vol.004 心療内科医 明橋大二先生

人としての「幸せ」に必要なものは何か学びやしつけの土台となる自己肯定感を育もう

2016/04/28更新

Vol.031 声楽家 佐藤しのぶさん

歌も学びも、 人間の成長とともに 成熟する だからこそ、人生をかけて探求したい

バックナンバー

2020/11/20更新

Vol.065 もり内科クリニック院長
布施医師会(東大阪市)理事
田仲みすず先生

「できること」「得意なこと」に目を向けよう できないことが増えても、まわりが上手に合いの手を入れる 「お餅つきサポート」で、地域の誰もが笑顔になる

2020/10/23更新

Vol.064 神田外語大学 特任講師
上原雅子先生

言語は「伝える」ためにある 「伝えたい」という気持ちを込めて 自分の意見を発言してみよう

2020/08/28更新

Vol.063 往来物研究家
小泉吉永先生

江戸の知恵には学びがあふれている “好き”をとことん掘り下げて 出会いを引き寄せよう

2020/05/08更新

Vol.062 筑波大学国際発達ケア:エンパワメント科学研究室教授・保健学博士
安梅勅江先生

「エンパワメント」の力が 「みんなが夢を持てる世界」を実現する

2020/04/03更新

Vol.061 臨床心理士、国際TA協会公認交流分析家
末松渉先生

「心の危機」は成長の機会でもある 「学ぶ喜び」を知って 「生きる力」にしていこう

記事アクセスランキング

おすすめ記事 Recommended Articles
KUMONトピックス
Feature Report 進化し続ける活動
カテゴリーを表示
NEW
Vol.386
公文書写-家族で学習
どんな時代でも 家族で楽しく、学び続ける ~公文エルアイエル~
Vol.385
浮世絵から見える江戸時代の人々「書初め」
新しい一年の目標や抱負を胸に ~江戸時代の人々のお正月~
Vol.384
~創始者公文公の言葉より~
    公文式の原点⑨            <100点主義>
Vol.383
浮世絵に見る江戸時代の年の瀬と子どもたち
寒さに負けず元気に遊ぶ子どもたち ~江戸時代の人々の暮らし~
OB・OGインタビュー
Catch the Dream 夢をかなえる力
NEW
Vol.074 後編
女子レスリング選手
登坂絵莉さん
「よくがんばったね!」は 子どもを成長させる魔法の言葉 前へ前へと進んでいける
Vol.074 前編
女子レスリング選手
登坂絵莉さん
「よくがんばったね!」は 子どもを成長させる魔法の言葉 前へ前へと進んでいける
Vol.073
講談師
旭堂南湖さん
最初から100点満点を目指さなくていい 間違ってもいいから繰り返し、 続けていけば、芸も学びも磨かれる
Vol.072
読売巨人軍 球団職員
矢貫俊之さん
行き詰まっても逃げないで あきらめずにぶつかって 答えは自分で見つけよう
KUMON now! フェイスブックページ
KUMON now!に「いいね」して、子育てに役立つ情報を受け取ろう!