スペシャルインタビュー
Academic Milestones - 学びを究める力

2018/12/07更新

Vol.051

跡見学園女子大学 学長
笠原 清志先生  後編

を開き、異質なものへの
素直な興味を持ち続けよう

笠原 清志 (かさはら きよし)

1948年埼玉県生まれ。慶應義塾大学社会学研究科博士課程単位取得修了(社会学博士)。1978年から1980年まで、ユーゴスラビアのベオグラード大学経済学部に留学、1986年4月から立教大学社会学部助教授に就任。その後同学部教授、経営学部教授、副総長を経て、跡見学園女子大学マネジメント学部教授。2018年より同大学長に就任。著書に『自主管理制度の変遷と社会的統合』(時潮社)、『社会主義と個人 ―ユーゴとポーランドから』(集英社新書)ほか多数。

跡見学園女子大学の学長を務める笠原清志先生は、社会学の研究者として、社会主義国の労働や生活などを、現地に滞在しながら研究されてきました。20年近く前からは、バングラデシュの女性自立支援やミャンマーの寺子屋支援などに関わられています。2013年にはバングラデシュ国内で活動する世界有数のNGOであるBRACと公文教育研究会との橋渡しを行い、貧困層の子どもたちへの教育支援をされています。公文との協働に至る経緯や、ソーシャルビジネスの意義、現地での教育にかける思いなどについて伺いました。

「点」の情報しか知らず、「線」や「面」に結びついていない状態に危機感

跡見学園女子大学学長笠原清志先生

今、大学の学長として若者と接する中で、いくつかの危機感を持っています。たとえば、今の学生はインターネット経由でいろんな情報にアクセスできますが、情報を知識にして、その知識を内面化して自分の考えにする機会が極端に欠けています。情報は本当によく知っていても、「点」であって「線」や「面」に結びついていない、つまり知識になっていないのです。だから伝えたいことがあっても、相手に体系的な形式知として伝える能力が弱く、また自分の生き方や考え方について内面化できないのです。その意味で、読書の習慣や友人との議論、そして分野の違った人たちとの交流や異文化体験といったものが重要なのです。

現在、ネットで読めるからと本を買わない傾向にあります。本は書き込んだり折ったりしてまた見られますが、スマホだとメモできませんし情報が断片的になります。また、気の合う仲間のみと群れる、ネットやラインによって居心地の良いネットワークは形成するが、バーチャルな世界での意見交換なので責任は負わない、このような状況はいたるところに蔓延してきているのではないでしょうか。そう考えると、情報化にはプラスの面もありますが、私たちの思考や知の形成、そして人間関係のあり方において、大きな問題点が表面化するような気がします。

その解決策として多くの大学が取り組んでいるのが、プロジェクトベースドラーニング(PBL)、つまり課題解決型の学び方です。これは、企業の課題について、学生がグループになって専門家にインタビューしたり、企業訪問をしたりして考察し、3~4ヵ月後にその成果、つまり課題解決のビジネスモデルの提案を、企業の人たちに向けて発表するというようなプログラムです。

大教室で教員が一方的に話すのを聞く講義形式とは異なった学び方で、教育成果があると思います。しかし教員が深く関わりアドバイスを頻繁にしないとうまくいきません。またPBLは少人数ならやりやすいですが、大人数でいかにやるかが課題で、本校でもそれを探っているところです。手間はかかりますが、こうした教え方をしないと、今の学生の主体的な学ぶ姿勢を引き出せないと感じています。

笠原先生から保護者へのメッセージ

関連記事

2018/11/30更新

Vol.051 跡見学園女子大学 学長
笠原 清志先生

心を開き、異質なものへの 素直な興味を持ち続けよう

KUMONグループの活動  2019/12/24更新

Vol.337 特別対談 ブレイディみかこさん×KUMON

2019年話題のノンフィクション本と KUMONに共通する思いは 「自分の力で人生を切り拓いていける人に」

KUMONグループの活動  2020/11/04更新

Vol.377 特別対談 たかまつななさん×KUMON

お笑い芸人と学ぶSDGs 「目標だけではなく行動の持続可能性が大事」

KUMONグループの活動  2016/08/23更新

Vol.169 フィリピンでのKUMON

よりよい世界に向かって 未来を信じ、 可能性を広げていく子どもたち

2015/06/26更新

Vol.022 国際基督教大学教育研究所顧問
千葉杲弘先生

チャンスは夢があるところに舞い降りてくる異文化に接することで「自分」を理解して夢の実現のために学び続けよう

バックナンバー

2021/08/27更新

Vol.069 特別対談 未来を生きる子どもたちのために②

生涯にわたって必要なのは 自ら「自学自習」できる力

2021/05/28更新

Vol.068 特別対談 未来を生きる子どもたちのために①

これから求められるのは 自ら課題を発見して解決できる人材

2021/04/30更新

Vol.067 青山学院大学経営学部マーケティング学科 教授
小野譲司先生

「学問」とは「問いを学ぶ」こと 現場に行って自分の目で見て感じて 自ら問いを立ててみよう

2021/03/26更新

Vol.066 浜学園アドバイザー
佐藤亮子さん

学ぶおもしろさを実感できれば 子どもは必ず伸びていく 子育ては親子で一緒に楽しもう

2020/11/20更新

Vol.065 もり内科クリニック院長
布施医師会(東大阪市)理事
田仲みすず先生

「できること」「得意なこと」に目を向けよう できないことが増えても、まわりが上手に合いの手を入れる 「お餅つきサポート」で、地域の誰もが笑顔になる

記事アクセスランキング
おすすめ記事 Recommended Articles
KUMONトピックス
Feature Report 進化し続ける活動
カテゴリーを表示
NEW
Vol.419
TOEFL Primary® TOEFL Junior®のテスト対策に新サービス
ファミマプリントで TOEFL Primary® TOEFL Junior® の練習問題が24時間365日入手可能に!
Vol.418
SNSを通じて楽しく学ぶコンテンツを配信しています!
読書の秋! 大人の学び応援キャンペーン
Vol.417
アブダビの小学校において公文式による学力向上貢献事業を実施しています
ADNOC、JODCO、KUMONの3社による アブダビ事業が 令和3年度「日本型教育の海外展開(EDU-Portニッポン)応援プロジェクト」に採択されました
Vol.416
学習療法在宅コースとは?
研修会で学びご家族へのサポートに生かす ~学習療法在宅コースでの実践~
OB・OGインタビュー
Catch the Dream 夢をかなえる力
NEW
Vol.082 前編
タイガーモブCFO
上原丈弥さん
人生の可能性は無限大 「自分ではないもの」に身をゆだね 知らなかった「自分」に出会ってみよう
Vol.081
オアシススタイルウェア代表取締役
中村有沙さん
学びによって自分も世の中も変えていける 「妄想」が「現実」に変化していくことを楽しもう
Vol.080
ライター/翻訳者
堀越英美さん
「正しい母」でなくてもいい 自分も子どもも縛らずに 「おもしろい」と感じたことを掘っていこう
Vol.079
常葉大学造形学部
講師 村井貴さん
本当の学びは“外”にある 教科書やネットから飛び出して 外の景色を見に行こう
KUMON now! フェイスブックページ
KUMON now!に「いいね」して、子育てに役立つ情報を受け取ろう!