OB・OGインタビュー
Catch the Dream - 夢をかなえる力

2019/06/07更新

Vol.062

国連広報センター所長
根本かおるさん  後編

「好奇心」は大切な原動力
What, Why, Howを自らに問いかけて
思考やものの見方を広げよう

根本 かおる (ねもと かおる)

兵庫県生まれ。東京大学法学部を卒業後、テレビ局のアナウンサー、報道記者勤務を経て、フルブライト奨学生として米国コロンビア大学国際関係論大学院で修士号を取得。1996年から2011年までUNHCR職員として、トルコ、ネパールなどで難民援助の最前線で支援活動に当たるとともに、ジュネーブ本部での政策立案なども手がける。WFP(国連世界食糧計画)の広報官、国連UNHCR協会事務局長も歴任。フリージャーナリストを経て2013年より現職。著書に『難民鎖国ニッポンのゆくえ』(ポプラ新書)、『ブータン――「幸福な国」の不都合な真実』(河出書房新社)』など。

アナウンサー、報道記者というマスコミの世界から、UNHCR(国連難民高等弁務官事務所)職員に転じ、フリージャーナリストを経て、現在、国連広報センターの所長を務める根本かおるさん。自ら進んでキャリアを開拓してきたそのフロンティア精神は、子どもの頃、ドイツでマイノリティ(少数派)の立場を経験したことから養われたといいます。マイノリティとしてのチャレンジをどう克服し、どのようにして希望をかなえてきたのでしょうか。言葉のわからないドイツで「助けられた」という公文式学習の思い出とともに、国連が推進するSDGs(=持続可能な開発目標)の日本への普及・浸透など、現在尽力されている活動についてもうかがいました。

インターンシップで難民支援の活動
自身のマイノリティの権利意識と重なる

根本かおるさん

アメリカの大学院に留学中、国連機関でインターンシップをする機会に恵まれました。そこで国連職員に求められる資質を内側から見ることができ、「もしかしたら自分にもできるかもしれない」と感じ、調べたら日本の外務省が若手を国連機関に派遣するJPO (Junior Professional Officer) という制度があることを知りました。年齢制限ギリギリだったので「これは今やらなきゃ!」と、在学中でしたがチャレンジしたところ合格。マスコミの世界には戻らずに、国連機関に移ることを決意し、当時、緒方貞子さんがトップのUNHCRに勤務することになりました。マイノリティであるがゆえに弾圧・迫害されて故郷に戻れなくなった難民を支援する組織は、自分のマイノリティの権利意識と重なっていると感じ、やりがいがありました。

その後2011年に組織を離れ、フリーランスのジャーナリストとして活動するようになった1つのきっかけは、東日本大震災でした。当時、日本にいた私は、日本自身が避難民を抱えている現状に、海外で培ってきた知見が役立つかもしれないと考えたのです。もう1つは、震災後に来日したブータン国王夫妻をきっかけとしたブータンブームです。ブータンは「幸せの国」として注目されましたが、私は国籍はく奪にあい、国を離れざるを得なかったブータンからの難民たちに寄り添った活動を長くしていたため、幸せだけの国ではないと知っていました。それなのにマスコミは一切そこには触れません。難民のことをここまで知っている自分が口をつぐむわけにはいかない。でも国連職員として書いてしまったら角が立ちます。そのため、2011年いっぱいで国連職員を辞めたのです。

この時期は一個人として何ができるかをすごく考えた時期であり、さまざまな勉強会に行く時間も持てて、「大きな組織を離れても、自分が信じていることに拠って立って生きていける」ことが皮膚感覚でわかりました。これまで完璧主義だった私は、「どうにかなる」と、いい意味でのおおらかさも身につきました。

その後、国連での経験とマスコミでの経験とを統合して役に立てる仕事だと感じ、国連広報センター所長の一般公募に応募して、現在に至っています。いろいろな転機がある中、私は「やってみたい」「楽しそう」と思う方に舵をきっていました。とくに女性は出産や育児、介護などライフステージにより、常に全力疾走するわけにはいきません。同時にいくつものことをこなす中、「何を最優先にすべきか」を考えて決めることが大事だと思います。

世界の共通語になりつつある SDGs とは?

関連記事

2019/05/31更新

Vol.062 国連広報センター所長
根本かおるさん

「好奇心」は大切な原動力 What, Why, Howを自らに問いかけて 思考やものの見方を広げよう

2018/05/11更新

Vol.049 広島大学 教育開発国際協力研究センター長
吉田 和浩先生

日本は「教育」で世界に貢献できる 持続可能で平和な社会を築くことが 「教育の国際協力」のゴール

2017/03/17更新

Vol.042 フリーアナウンサー
山本ミッシェールのぞみさん

与えられたチャンスには 心を開いて応えることで 世界はもっと広がっていく

2017/09/15更新

Vol.047 女流棋士
カロリーナ・ステチェンスカさん

夢の実現は楽しく、そして根気強く つらくなったら初心を思い出し もう一度がんばろう

2018/07/20更新

Vol.056 朝日新聞社
編集記者 逸見那由子さん

人生に成功も失敗もない 周囲と競わず 自分のペースで進んでいこう

バックナンバー

2021/01/08更新

Vol.074 女子レスリング選手
登坂絵莉さん

「よくがんばったね!」は 子どもを成長させる魔法の言葉 前へ前へと進んでいける

2020/11/06更新

Vol.073 講談師
旭堂南湖さん

最初から100点満点を目指さなくていい 間違ってもいいから繰り返し、 続けていけば、芸も学びも磨かれる

2020/09/11更新

Vol.072 読売巨人軍 球団職員
矢貫俊之さん

行き詰まっても逃げないで あきらめずにぶつかって 答えは自分で見つけよう

2020/08/07更新

Vol.071 アート・トランスレーター
田村 かのこさん

今ある“型”にはまらなくていい 自分にできることを一つずつ進めていけば自ら“型”をつくることができる

2020/07/10更新

Vol.070 文化遺産コンサルタント
佐々木義孝さん

「今の環境でしか出来ないこと」から 「その環境で自分が夢中になれること」 を探して、実践していくと、道は開けてくる

記事アクセスランキング
おすすめ記事 Recommended Articles
KUMONトピックス
Feature Report 進化し続ける活動
カテゴリーを表示
NEW
Vol.392
~創始者公文公の言葉より~
    公文式の原点⑪            <高校でできるようにする>
Vol.391
公文式日本語最終教材修了生が語る自学自習の魅力とは?
自学自習でコツコツ学習することで、 「やればできる」経験を積み、 その先の挑戦へ!
Vol.390
タイム誌による初めての「Kid of the Year(キッド・オブ・ザ・イヤー)」に選出
ギタンジャリ・ラオ(Gitanjali Rao)さん 得意な科学と技術を使って 人を笑顔にしたい
Vol.389
家庭学習調査2020(1)
子どもの家庭での過ごし時間の変化
家庭学習調査から見える 「新学習指導要領」の認知と評価、 そしてオンライン学習の実態は?
スペシャルインタビュー
Academic Milestones 学びを究める力
NEW
Vol.065 後編
もり内科クリニック院長
布施医師会(東大阪市)理事
田仲みすず先生
「できること」「得意なこと」に目を向けよう できないことが増えても、まわりが上手に合いの手を入れる 「お餅つきサポート」で、地域の誰もが笑顔になる
Vol.065 前編
もり内科クリニック院長
布施医師会(東大阪市)理事
田仲みすず先生
「できること」「得意なこと」に目を向けよう できないことが増えても、まわりが上手に合いの手を入れる 「お餅つきサポート」で、地域の誰もが笑顔になる
Vol.064
神田外語大学 特任講師
上原雅子先生
言語は「伝える」ためにある 「伝えたい」という気持ちを込めて 自分の意見を発言してみよう
Vol.063
往来物研究家
小泉吉永先生
江戸の知恵には学びがあふれている “好き”をとことん掘り下げて 出会いを引き寄せよう
KUMON now! フェイスブックページ
KUMON now!に「いいね」して、子育てに役立つ情報を受け取ろう!