トップ > KUMON now! > スペシャルインタビュー > 跡見学園女子大学学長笠原清志先生(前編)|KUMON now!スペシャルインタビュー

スペシャルインタビュー
Academic Milestones - 学びを究める力

2018/11/30更新

Vol.051

跡見学園女子大学 学長
笠原 清志先生  前編

を開き、異質なものへの
素直な興味を持ち続けよう

笠原 清志 (かさはら きよし)

1948年埼玉県生まれ。慶應義塾大学社会学研究科博士課程単位取得修了(社会学博士)。1978年から1980年まで、ユーゴスラビアのベオグラード大学経済学部に留学、1986年4月から立教大学社会学部助教授に就任。その後同学部教授、経営学部教授、副総長を経て、跡見学園女子大学マネジメント学部教授。2018年より同大学長に就任。著書に『自主管理制度の変遷と社会的統合』(時潮社)、『社会主義と個人 ―ユーゴとポーランドから』(集英社新書)ほか多数。

跡見学園女子大学の学長を務める笠原清志先生は、社会学の研究者として、社会主義国の労働や生活などを、現地に滞在しながら研究されてきました。20年近く前からは、バングラデシュの女性自立支援やミャンマーの寺子屋支援などに関わられています。2013年にはバングラデシュ国内で活動する世界有数のNGOであるBRACと公文教育研究会との橋渡しを行い、貧困層の子どもたちへの教育支援をされています。公文との協働に至る経緯や、ソーシャルビジネスの意義、現地での教育にかける思いなどについて伺いました。

「貧困の再生産」のメカニズムを打破したい

跡見学園女子大学学長笠原清志先生

私は現在、跡見学園女子大学の学長を務めていますが、もともとの専門は組織論です。研究のスタートは東ヨーロッパ諸国の工場制度や生活研究で、大学院生の時にユーゴスラビアの大学に留学しました。当時は社会主義国の制度上の問題が表面化しつつありましたが、その制度の中で人々はどういう生活をし、工場の中ではどうなっているのか、意思決定はどうなされるのかといったことに興味があったのです。その国の言葉を勉強して、その国に住んでヒアリングするという調査スタイルを大切にしていました。

その後、今から17~8年前にバングラデシュのグラミン銀行の創設者であるモハマド・ユヌス博士や、同国のNGOであるBRACのアベド総裁と知り合えたことから、貧しい女性の自立支援のプロジェクトに関わるようになりました。そしてここ10数年来は、ミャンマーやバングラデシュで、学校に行けない子どもたちの教育支援活動をしています。

ミャンマーに関わるようになったのは、立教大学の教員時代、大学院の教え子がミャンマーの寺子屋制度を修士論文のテーマにするということで、彼女に同行してミャンマーに行ったことがきっかけでした。現地で寺子屋制度を見て興味を持ち、支援するようになりました。そのプロセスで、ノーベル経済学賞を受賞したアマルティア・セン教授が指摘している「教育の欠如と貧困の再生産」の問題がとても重要だということがよくわかってきました。

つまり、親が貧しいと子どもは初等教育が受けられず、読み、書き、計算ができないまま大人になってしまう。その後、就職先を探そうにも社会の最底辺の仕事しか見つからない。結婚して子どもができても貧しいから学校に行かせられない ――そうして貧困が親から子に引き継がれ、再生産されるわけです。

私たちの貧困支援は、貧困の現状に対してお金、物を投入して事態を改善しようとすることが中心でした。つまり、貧困が再生産されるメカニズムについては十分な配慮がなされてこなかったように思います。したがって、寺子屋支援など学校にいけない子どもたちを支援すれば、貧困の再生産のメカニズムが少しでも解決できるのではと思い、募金を集め企業の協力を得て、校舎を建てるなどの活動をしてきました。

笠原先生が注目した公文の2つの考え方とは?

関連記事

2018/12/07更新

Vol.051 跡見学園女子大学 学長
笠原 清志先生

心を開き、異質なものへの 素直な興味を持ち続けよう

KUMONグループの活動  2019/12/24更新

Vol.337 特別対談 ブレイディみかこさん×KUMON

2019年話題のノンフィクション本と KUMONに共通する思いは 「自分の力で人生を切り拓いていける人に」

KUMONグループの活動  2020/11/04更新

Vol.377 特別対談 たかまつななさん×KUMON

お笑い芸人と学ぶSDGs 「目標だけではなく行動の持続可能性が大事」

KUMONグループの活動  2016/08/23更新

Vol.169 フィリピンでのKUMON

よりよい世界に向かって 未来を信じ、 可能性を広げていく子どもたち

KUMONグループの活動  2016/10/27更新

Vol.092 くもん出版‐外国語版ドリル「Kumon Workbook」

くもんのドリル 「Kumon Workbook」が 海外でも大好評! 累計売上1500万部のヒットの秘密 9つの言語に翻訳され世界57か国・地域で販売

バックナンバー

2020/11/20更新

Vol.065 もり内科クリニック院長
布施医師会(東大阪市)理事
田仲みすず先生

「できること」「得意なこと」に目を向けよう できないことが増えても、まわりが上手に合いの手を入れる 「お餅つきサポート」で、地域の誰もが笑顔になる

2020/10/23更新

Vol.064 神田外語大学 特任講師
上原雅子先生

言語は「伝える」ためにある 「伝えたい」という気持ちを込めて 自分の意見を発言してみよう

2020/08/28更新

Vol.063 往来物研究家
小泉吉永先生

江戸の知恵には学びがあふれている “好き”をとことん掘り下げて 出会いを引き寄せよう

2020/05/08更新

Vol.062 筑波大学国際発達ケア:エンパワメント科学研究室教授・保健学博士
安梅勅江先生

「エンパワメント」の力が 「みんなが夢を持てる世界」を実現する

2020/04/03更新

Vol.061 臨床心理士、国際TA協会公認交流分析家
末松渉先生

「心の危機」は成長の機会でもある 「学ぶ喜び」を知って 「生きる力」にしていこう

記事アクセスランキング
おすすめ記事 Recommended Articles
KUMONトピックス
Feature Report 進化し続ける活動
カテゴリーを表示
NEW
Vol.393
家庭学習調査2020(2)学習指導要領改訂後の認知と評価
家庭学習調査から見える 「新学習指導要領」の認知と評価は?
Vol.392
~創始者公文公の言葉より~
    公文式の原点⑪            <高校でできるようにする>
Vol.391
公文式日本語最終教材修了生が語る自学自習の魅力とは?
自学自習でコツコツ学習することで、 「やればできる」経験を積み、 その先の挑戦へ!
Vol.390
タイム誌による初めての「Kid of the Year(キッド・オブ・ザ・イヤー)」に選出
ギタンジャリ・ラオ(Gitanjali Rao)さん 得意な科学と技術を使って 人を笑顔にしたい
OB・OGインタビュー
Catch the Dream 夢をかなえる力
NEW
Vol.074 後編
女子レスリング選手
登坂絵莉さん
「よくがんばったね!」は 子どもを成長させる魔法の言葉 前へ前へと進んでいける
Vol.074 前編
女子レスリング選手
登坂絵莉さん
「よくがんばったね!」は 子どもを成長させる魔法の言葉 前へ前へと進んでいける
Vol.073
講談師
旭堂南湖さん
最初から100点満点を目指さなくていい 間違ってもいいから繰り返し、 続けていけば、芸も学びも磨かれる
Vol.072
読売巨人軍 球団職員
矢貫俊之さん
行き詰まっても逃げないで あきらめずにぶつかって 答えは自分で見つけよう
KUMON now! フェイスブックページ
KUMON now!に「いいね」して、子育てに役立つ情報を受け取ろう!