トップ > KUMON now! > スペシャルインタビュー > 跡見学園女子大学学長笠原清志先生(後編)|KUMON now!スペシャルインタビュー

スペシャルインタビュー
Academic Milestones - 学びを究める力

2018/12/07更新

Vol.051 跡見学園女子大学 学長
笠原 清志先生  後編

を開き、異質なものへの
素直な興味を持ち続けよう

笠原 清志 (かさはら きよし)
1948年埼玉県生まれ。慶應義塾大学社会学研究科博士課程単位取得修了(社会学博士)。1978年から1980年まで、ユーゴスラビアのベオグラード大学経済学部に留学、1986年4月から立教大学社会学部助教授に就任。その後同学部教授、経営学部教授、副総長を経て、跡見学園女子大学マネジメント学部教授。2018年より同大学長に就任。著書に『自主管理制度の変遷と社会的統合』(時潮社)、『社会主義と個人 ―ユーゴとポーランドから』(集英社新書)ほか多数。

跡見学園女子大学の学長を務める笠原清志先生は、社会学の研究者として、社会主義国の労働や生活などを、現地に滞在しながら研究されてきました。20年近く前からは、バングラデシュの女性自立支援やミャンマーの寺子屋支援などに関わられています。2013年にはバングラデシュ国内で活動する世界有数のNGOであるBRACと公文教育研究会との橋渡しを行い、貧困層の子どもたちへの教育支援をされています。公文との協働に至る経緯や、ソーシャルビジネスの意義、現地での教育にかける思いなどについて伺いました。

まず「型」から入ることで「習慣」となり、やがて自分のものになる

私が初めて給料をもらったのは、じつは38歳のときでした。海外留学や博士論文の作成のため、大学院終了後もオーバードクターの時期があったことが影響しています。同じく大学教授だった父は寛容で、「人生は急ぐ必要はない」というのが口癖でした。そのおかげで若いときに海外留学も含め知的放浪や悩みも含め、博士論文作成までの時間を十分に確保できたことに感謝しています。

実家は上野にありましたが、東京大空襲で焼け、埼玉に疎開しているときに私が生まれました。小学校で都内に戻りますが、学校の授業はちゃんと聞かず、どういうわけか「自分には自分のやり方がある」と勝手に思い込み、自己流を貫いているあまり可愛くない小学生であったと思います。これにはプラスとマイナスがありましたね。今となっては、しかるべきときにしかるべき勉強の仕方を受け入れてバランスを取れば、勉強はもっとスムーズに進んだと思います。今は理解できますが、当時はそうしなかったので、いろいろな意味でずいぶん遠回りしたと思います。

子ども時代も、この点には親からは厳しくは言われませんでしたので、ずるずると自己流のやり方で高校生ぐらいまでいってしまいました。ところが、今思うとすごく重要だなと思う出来事がありました。私が小学校2~3年の頃、父が俳句カルタを買ってきてくれました。松尾芭蕉や与謝野蕪村などの句と絵が書いてあるものです。当時は俳句の深い意味はわかりませんでしたが、カルタに勝つためにはと思い、全部覚えてしまいました。

すると、高学年の授業で芭蕉や蕪村の話が出てきたときに、単に学習としてだけではなく、わずか17文字の音とリズムだけで描き出す情景の美しさ、奥行きの深さに魅了されるようになしました。つまり、芭蕉や蕪村の見た、そして感じた世界を深いレベルで理解できるようになりました。同じように宮沢賢治、中原中也、そして有島武郎の作品の一部の暗唱や朗読でも同じような経験をしました。俳句や詩の形や型から入り、そこから見える世界が現実を相対化させ、自分を見るもう一つの自分を創っていけたのかもしれません。そのことがいくつかの経験を経て、自らの心を開き、それを通じていろんなものを受け入れる寛容性へとつながっていったように思います。そこで大切なことは、形や型から入りながらも、経験や現実と理念や内面的なものとの相互交流、そしてそれを可能にする人間関係や状況が重要であると思っています。

KUMONの学習の進め方も、ある意味、形や型から入っていますよね。型が習慣となり、それを繰り返しているうちに、深い意味が自分の中で内在化する。そのプロセスが重要だと思います。

学生と接して感じられる危機感とは?

関連記事

2018/11/30更新

Vol.051 跡見学園女子大学 学長
笠原 清志先生

心を開き、異質なものへの 素直な興味を持ち続けよう

KUMONグループの活動  2019/12/24更新

Vol.337 特別対談 ブレイディみかこさん×KUMON

2019年話題のノンフィクション本と KUMONに共通する思いは 「自分の力で人生を切り拓いていける人に」

KUMONグループの活動  2016/08/23更新

Vol.169 フィリピンでのKUMON

よりよい世界に向かって 未来を信じ、 可能性を広げていく子どもたち

KUMONグループの活動  2016/10/27更新

Vol.092 くもん出版‐外国語版ドリル「Kumon Workbook」

くもんのドリル 「Kumon Workbook」が 海外でも大好評! 累計売上1500万部のヒットの秘密 9つの言語に翻訳され世界57か国・地域で販売

子育て・家庭学習  2018/04/10更新

Vol.178 「くもんの英語図書リスト(Kumon English Reading List)」の活用

活用が広がる 「くもんの英語図書リスト」 ~英語の本を楽しもう~

バックナンバー

2020/01/10更新

Vol.059 慶應義塾大学医学部
精神・神経科学教室専任講師・医学博士
佐渡充洋先生

「ネガティブな自分」を 理解することは「ポジティブな学び」 楽しいことも苦しいことも一生懸命体験しよう

2019/11/01更新

Vol.058 早稲田大学 教育・総合科学学術院 教授
澤木泰代先生

言語を学べば、 知らなかったことを知ることができる 一歩一歩、「知るよろこび」「進むよろこび」を味わおう

2019/10/11更新

Vol.057 中部大学 副学長 国際センター長
辻本雅史先生

くり返しによる「学びの身体化」で その学びは本物になる 学び続けて生涯自分を成長させよう

2019/07/12更新

Vol.056 声楽家
安田祥子さん

歌いかけは親子をつなぐ大切な時間 童謡が持つ日本語の豊かさを大切に

2019/06/28更新

Vol.055 東北大学スマート・エイジング学際重点研究
センター特任教授/村田アソシエイツ代表
村田裕之先生

「人生100年時代」に向け、 自分の「好き」を見つけて 「自分軸」で生きていこう

記事アクセスランキング

おすすめ記事 Recommended Articles
KUMONトピックス
Feature Report 進化し続ける活動
カテゴリーを表示
NEW
Vol.339
南アフリカの公文式教室
一人でも多くの南アフリカの子どもたちに 学ぶ機会を
Vol.338
浮世絵から見える江戸時代の人々
『福づくし』でおめでたい1年に
Vol.337
特別対談 ブレイディみかこさん×KUMON
2019年話題のノンフィクション本と KUMONに共通する思いは 「自分の力で人生を切り拓いていける人に」
Vol.336
ブルガリアに公文式教室開設
夢に近づくお手伝いを
OB・OGインタビュー
Catch the Dream 夢をかなえる力
NEW
Vol.066 後編
ジュエリーアーティスト
Lily/福嶋真由子さん
楽しいこともつらいことも すべてのことには意味があり 「学び」や「チャンス」につながる 経験となる
Vol.066 前編
ジュエリーアーティスト
Lily/福嶋真由子さん
楽しいこともつらいことも すべてのことには意味があり 「学び」や「チャンス」につながる 経験となる
Vol.065
弁護士・薬剤師・弁理士
中村智広さん
一つひとつ積み重ねた結果、今がある 枠にとらわれず好奇心をもち、 学び続けて前進しよう
Vol.064
小説家
伊与原新さん
自分の手をたくさん動かし続けて 小さな成功体験を積み重ねれば 見える世界は広がっていく
KUMON now! フェイスブックページ
KUMON now!に「いいね」して、子育てに役立つ情報を受け取ろう!